プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

充実した週末

 
2013/06/30(Sun) Category : 日記
さて、週末の昨日はこんな日でした。

先ずは午前中に自宅の市川から会社のある稲毛海岸までの20Kラン。
この日はお休みの日だが会社の直ぐ隣には僕の通うスポーツ・ジムがあり、会社の駐車場には僕の車と着替えがある。
そして、ジムでシャワーを流し電車でまた自宅に帰る何時ものパターンだ。

それでは早速。

昼練

丁度良いタイミングで日差しも出てきた。
しかし、暑すぎる。
暑い、暑い、ダメだ・・・死にそう。
暑さ慣れしていないのだろう、可なり暑さに応え、なんと5回も歩いてしまった始末。

どうにか1時間50分掛けて目的地のスポーツ・ジムに到着。
して、着替えを取りに車に行くと、ここでショッキングな出来事が!

なんと車のキーを忘れて来てしまったのだ!

しょうがない、取る手は一つ、汗臭いこのままの格好でバスと電車で帰るしかない。
臭い、臭い、暑さの次は臭さとの戦いだ。

車中を共にした市民の皆さん、本当にすみませんでした。



漸く自宅に着くと直ぐに汗を流し、今度は家族でアキバへGO!
そう、新居に未だ設置していないクーラーを購入しにだ。

しかし、この日は購入せずのブラり散歩だけ。

アキバ

結論から言うとアキバなのに価格が高いからだ。
今は価格ドットコムで直ぐに相場が出るから便利だよね。
でもiPhone世代でない年配層は餌食にされるんだろうな・・・。




この散歩で僕も家族ももうクタクタ。
だから今晩の締めは先週に引き続き

「鉄板パーティー」だ。

実はこの時にために子供達は朝飯と昼飯を少なめにし、僕と嫁に限っては朝と昼を摂っていないのだった。

だから、食う、食う、食いまくりの約1時間。

鉄板


皆、苦しくなるほど食べので、食後は何故かマット運動の授業が開始。

娘の苦手とする“側転”を少々の指導で修正させて見事クリアー。
ついでなので息子にも指導し、これまたクリアー。

娘側転

調子に乗って「じゃ次に苦手なのは?」とアッパ(僕)も楽しんでいたらオンマ(家内)に
「下の部屋にドンドンと迷惑かけるでしょう!」
と怒られた(笑)

ならばと、下に響かない“腕立て伏せ”に何故か移行する。

腕立て

気がついたら僕も子供達も汗ダク。

ゲラゲラと笑いが止まらない、そんな充実した一日でした。



スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2013/06/26(Wed) Category : 読書
今月の読書は

著者:(株)OJTソリューションズ


 トヨタの片づけ
katazuke.jpg

今更ながらですが、これがこれからも非常に大事な「5S」ついての本。

トヨタが大事にしている企業風土を分かり易く解説された内容となっております。


「5S」に興味のお有りの方は是非どうぞ。

特に経営者、現場のリーダーが読むべきですね。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

家族でお台場「ジョイポリス」へ

 
2013/06/24(Mon) Category : 日記
週末は家族でお台場へ遊びに来ました。

あ台場は「ジョイポリス」です。

サイバー1

実は娘の最近の行いへのご褒美で連れて来ました。

娘にとっては「ジョイポリ」は今日で2度目で息子にとっては初めての存在をしる場所。


入場するや否や娘と息子は各アトラクションに夢中だ。

サイバー子供ら2

しかも、ここは屋内遊園地なので迷子の心配もない。

サイバー子供ら6

幾つかのルールを最初に守らせれば親が目を離してもOKと言う訳だ。

なので僕達大人達は大人同士で行動をすることに。




実はここ「ジョイポリ」は僕ら夫婦にとっても縁の場所。

実は結婚をする前に行った初めてのデート場所なのだ。

てな訳で今日は特別に“チャー・スンウォン”と“イー・ダヘ”になったつもりでキメてみる。

サイバー親ら3

タマにゃ良いよね(笑)



テラスに出るとお台場から見える景色が最高でコーヒー味を更に美味しくさせてくれる。

見てみて!

そんな僕らに雀達が寄ってくる。

雀5

こんなに接近してくるとは、僕の日頃の行いが良い証拠だね(笑)

サイバー雀4



「ジョイポリ」を出てお次は波までトドメの遊びを。

子供達は海辺で遊び、僕らは暫し景色を楽しむ。

サイバー海岸7

海岸ではカップル達が恋の花を咲かせています。

daiba.jpg


一方、こども達には水の中に足を入れるなと再三忠告したのだが・・・。

サイバー8

コイツらは入った・・・でビチョビチョに濡れた・・・。




遊びで子供も大人も久々に完全燃焼した。

だから、こんな日の夕飯は勿論ホルモン。

ホルモン9^

(ホルモンの食べ方を指南する)



こんな見事な“豚足”も我が家では娘も好物で、大口開けてカブリつく。

サイバー豚足10


そんなこんなの

何とも充実した週末でした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

こんな週末でした

 
2013/06/17(Mon) Category : 日記
UTMBまで残り3ヶ月を切り、そろそろ週末休みにもトレーニングを組み込まなければ。

と、そんな今日の僕のスケジュールは子供を遊びに連れて行くことと、散髪屋に連れて行くことだ。

だが、UTMBまでの間は週末もトレーニングをさせて欲しい事を嫁には事前に伝えてあるため、3時間早くに行動開始し、自宅の市川から稲毛海岸の僕の通うジムまで走ることに。
と言うか、当分週末はこのトレーニング・メニューだ。

今日は少し体にムチを打つのと、やはりフォームの改善のためファイブ・フィンガーで走る事に。

ファイブ


先週土曜は晴れのち曇りの蒸し暑い日和で、終始スチーム・サウナの中にいるようだ。

今日はこんな日のために新調したJiNS製の度入りサングラスも着用。

新グラサン

我ながら本当にサングラスが似合わない(笑)


こんな暑さの中、しかも久々のファイブ・フィンガーでの走行は可なり応えた。
500mlのボトルを3本空かし、24キロを約2時間45分掛けてのLSD。
これが中々くたびれたよ。
この日には何と去年の11月の「本気のマラソン」以来の体重が70キロを切って「69キロ」に。
これは嬉しい!

行きつけのジムでシャワーを浴び、今度は電車に乗り再び自宅のある市川へ。


お次は子供らの相手だ。
未だよく分からない、越した先の市川駅周辺を散歩がてら散策する。
歩けば歩くほど見えてくる市川の特徴だが、江戸川よりも千葉寄りはやはり田舎だ。

散髪の時間になったので子供達を散髪へ。
ここで1000円クイック・バーバーを初めて利用してみる。

1000円バーバー

二人で掛かった時間は10分以内、しかも2000円。

これは世の主婦の味方だ。

これからも利用させて頂く事としよう。



さて、今日は久々の家族揃っての自宅ディナー。

僕のリクエストでホルモンに決定!

実は今日、夕飯をより楽しむために僕も嫁も子供達もあえて昼飯は抜きでこの夜を迎えた。

ホルモンディナー

食って食って食いまくったよ。

あの写真に写っているボールを全部ね。

でもね、後日体重計に乗ったら前日の69キロからたったの2キロしか増えていなかったよ。

ムフフフ(笑)




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

西丹沢アドベンチャーラン(ゴール編)

 
2013/06/09(Sun) Category : トレイルラン
最後のピークも越え、後は下るだけ。

しかし、ここまでで33キロを走り残り9キロもある。

トレラン経験者なら誰もがお分かりだでしょうが、下る脚力がもう無いに等しい。

25後は下るだけだ


何とか隣で勇気づけるも、本人は意識もうろう状態。

そんな中、要約麓に到着。

もうゴールは目前だ。


26最後200m

すると、さっきまでのもうろう状態がまるで嘘だったかのように家内が加速する。



ゴール・ゲートが見えた時には恐らく時速12キロは出ていただろうスピードで更に加速する。

27ゴールゲート

そして苦しくて長い42キロを

無事


ゴール!



タイムは8時間55分と、制限時間ギリギリのゴールだったが、初めての42キロのタイムとしては上出来だ!


そんなこんなの

夫婦トレイルでした。

28ゴール

よし、つぎは「北丹沢」だぞ!


ではまた。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第1回 西丹沢アドベンチャーラン(当日)

 
2013/06/08(Sat) Category : トレイルラン
さて、今日は第1回 西丹沢アドベンチャーランの日。

見て下さい、このランナーの数!

1スタート待機

正にトレランが一般的で身近な種目になりつつある光景ですな。


今日は42キロとトレイルランではミドル・レンジで、決して短くはない距離を何と嫁も参戦。
実は今までの嫁のトレイルランニング最長距離は23キロで、今回の大会でいきなり倍の距離への挑戦となる。
ですので本人も相当に気合が入る。

とは言っても、嫁にもしもの事があっては今後の生活に困るので、僕が並走する事に。
ま、どうせなら是非ともゴールさせてあげたいしね。

そんな訳ですので僕は自身のフォームの確認とLSDのつもりで走る事に。

それでは早速スタートゲートへ。

2スタート前



本来ならこのゲート前でスタートの合図を聞くまでが何とも言えない緊張感に包まれるのだが、今日の僕はレースをしないので、軽い気持ちでここに立つ。

とは言え、最初の20キロだけは思い切り走らせてくれと嫁に頼んだ。

3スタート前

それではスターターの合図と共に


     スタート!

4スタート


序盤の約20キロは舗装路がメインだが最初にリバーランが織り込まれている。



そのリバーランへ突入。

5リバーラン

リバーランの基本だが、シューズが水に濡れるのを躊躇していると、ドンドン後続選手に抜かされてしまう。
だから、豪快に「ジャブジャブ」と走り抜けるのが常識だ。




沢ではその他にも、ガレがゴロゴロとしており、集中力を高めないと足首をヒネってしまう。
だが、ここでもノロノロしていたら順位が下がってしまう。

6沢ラン




未だまだリバーランは続く。

7リバーラン




漸く川岸にあがり緩やかな登り坂を走る。

8序盤




折り返し地点を折り返し、来た道を下る。

9序盤

来た道を下るので当然おり返し地点に向かう選手たちとすれ違う。




今日は最高の天候に恵まれたが、少々曇り掛かっているので、何だか蒸し暑くなりそうだ。

10折り返し




一旦、先ほどのスタートゲート付近まで戻る。

11、15キロ地点




ここでスーツで走る選手を発見!

12スーツ男

こりゃ凄い。
あのスーツは果たしてストレッチが利いてるのかな?
もし、そうでなけりゃ登りは死んどいぞ(笑)




さて、ここから西丹沢に入り、本格トレイルランが始まる。

13ここから山中

ここまでで約15キロ。
ここで嫁を待つことに。

14いよいよ山中へ



そして、待つこと40分。
嫁と合流。
今から愛のスパルタ特訓が始まる。

山中でもしっかりと走る嫁。

16走る嫁

こういう時は僕のような引っ張ってくれる人が居るのと居ないのとでは全然違う。
要はコーチがいることにより強くなれるのだ。




気持ちの良いナイス・トレイルですね~。

17誰もいない

僕にとっては軽いペースなので山の風景を楽しめますが、嫁にとっては必至だ。

18上る嫁



先ずは最初の山である大野山山頂へ到着する。

大野山山頂



ここで水分と食料を充分に体に入れる。

貴重なエイド

それでは、再度山中へ。


40キロクラスになると、中盤にも差しかかれば、前も後ろも誰もいなくなる。

19誰もいない

この誰も居ないシチュエーションは慣れれば問題ないのだが、慣れるまでは不安感に襲われる。




中盤に入ると流石に嫁に異変が。
フラフラとフラつき始める。

20ふらつく嫁

無理もない、今日は予想通りの気温も上がり、蒸し暑い状況だからな。

暑い

只でさえ蒸し暑い上に、今の走行距離も30キロを越える嫁にとっては未知の距離だ。



一旦、嫁を休ませ充分に水分を補給させ、僕の携帯食料も譲り食べさせ、落ち着いたのを確認し。

「よ~し、未だまだこれからだ~!
腕を振って足を動かすぞ~!」
と、再度ランの開始。

21、30キロ地点



最後のエイドへ到着。
同時に最後の山が見える。

最後の山

あの山を越えればゴールが待っている。



よし、一気に行くぞ~!

22、32キロ地点


この激坂を越えればピークは終わる。
最後の踏ん張り所だ。

23激坂



そして、ピークを越える。

24ピーク越え

やったぞ~、後は下るだけだ。
さー、また走るぞ~!
と行きたい所だが、さすがにヘロヘロ状態の嫁。

25後は下るだけだ

ここで初めて平地で歩くことを許す。
しかも、この日は頑張る嫁のために、大サービスで暫し僕のバカ話を聞かせて上げた。

全然、笑ってなかった・・・。


そして、漸く麓に到着。
(終章へ続く)

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

「始まり」の始まり

 
2013/06/07(Fri) Category : 会社
さて、弊社支店のリニューアル工事は何とかオープンに間に合いました。

下の写真は前日に撮影した物ですが、今までの赤基調のイメージを見事に払拭してのオシャレなお店に仕上がりました。

写真 1


しかし、お店よりも大事なスタッフの変化はどうか?

いつになく張り詰めた緊張感の中、F課長が思いを語る。

写真 2


そして当店自慢の戦力、YアシスタントMGの登場で一気に笑顔が溢れ。

   写真 4


最後は皆で円陣を組み、天高々と舞い上がる。

写真 3


この日は幾つかの課題も残しましたが、最高のスタートを切れたと思います。

大事なのはこれからだ。

僕達の「始まり」が始まった。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。