プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

優良店視察

 
2013/03/25(Mon) Category : パチンコ・業界
優良店見学と言えば、度々お世話になっている北海道は札幌エリア。

ですが、今日は会社の仲間達を連れての見学ツアーだ。

もう桜が満開の千葉は成田空港を出て札幌につくや、未だに残る雪にビビりながらの見学ツアー、早速開始。

スタート


先ずはハッピー千歳店さんの開店待ち(笑)

ハッピー

日曜日とは言え、この並び様は最近は見ないよね。




お次は恵庭の恵み野さん。

遊び工房

こちらの店舗さんは僕も初めて覗きましたが、こんな田舎に朝っぱらかの高稼働集客にはビックリだったよ。


そこから札幌に移動中の昼飯はここ「純連」

じゅんれん

ラーメン好きを自負する仲間に僕からのチョッとしたプレゼントだ。

ラーメン

ん~、美味い!

実は僕が一番食べたかったのかも(笑)


そして美しが丘、清田エリア。

ベガス

と、この他にも札幌エリアの優良店視察は続き、気づくと16店舗をコンプリートしていた。


さて、日も暮れて良い時間になったので1時間の休憩を取りお楽しみのディナーだ。

ディナー場所は「だるま本店」

だるま

美味かったなー。

仲間と僕の三人で肉を9皿食べたよ。

だるま肉

さーて、それじゃ地元に帰えったら、良い店作ろうぜ!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

同窓会

 
2013/03/23(Sat) Category : 日記
今日は久しぶりとなる、中学校の同窓会。

みんな元気だった。

同窓会

あ、そうそう。
皆さん42歳だけど、これから更に輝こうぜ!

後、健康でいてくれよ。


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

引っ越しです

 
2013/03/16(Sat) Category : 日記
引っ越しです。

そのせいでバタバタしております。
(僕の家内ですが・・・笑)

お気に入りの住まいでした。

写真

でもね、新しい環境で待っている未知のドラマはもっと楽しみです。

 それでは

  さよなら

   幕張よ!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

いざ、名古屋ウィメンズへ!

 
2013/03/10(Sun) Category : マラソン
いざ、名古屋ウィメンズの会場である名古屋へ!

この日は、たかがマラソンされどマラソンのため、家族での新幹線代(約6万円)を浮かせるため、車で出発。
約4時間の高速ドライブ。

しかし、実はこの時点で家内の体調がどうにも悪い。
なんと朝から悪寒を発症したのだ。
そして、受付会場である名古屋ドームに到着。

写真 1

会場に着いた頃には嫁の容態は更に悪化。
「よりによって、こんなタイミングに・・・」


嫁には申し訳ないが、何故か関係の無い僕がボルテージMAX!

写真 2



フィニッシュ・ゲートもドーム内に設けられており、何だか僕も女装して本気で出たい気分になる。

写真 3

どうにか嫁をこのゲートに潜らせてあげたい。
お願いだから明日には体調が戻ってくれ!



そして、競技当日。

僕が起床すると嫁は既にウェアに着替えていた。
が、ベットの上で項垂れている。
聞くと体調は悪化し、完全な風邪へと移行をしてしまったようだ。
しかし、最後の最後まで出場をしようと諦めない妻。
僕も少し様子を伺ったが、冷静に考えても風邪での出場は無謀だ。
嫁の一度やると決めたら最後までやり通す性格もあり出場は危険と判断。
苦渋の選択だが欠場を下すことしした。

フルマラソンは逃げやしない。

悔しいだろうが、来月の高水山トレイルランの30キロで爆発しようぜ。




時間も余ったので嫁に精を付けろと三ヶ日インターで下車し浜名湖一のうなぎ屋「ちぐさ」へ。

写真 5


うな重食べたら嫁に笑顔が戻った(笑)

写真 4

よし、フル・デビューは持ち越しに終わったが、その代わりにサブフォーでデビューを飾ろうぜ!



あ、そうそう。

肝心なウナギのお味ですが、僕的にはやっぱり成田山のウナギが美味しいよ。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2013/03/07(Thu) Category : 読書
今月の読書は

著者:河野 英太郎

「99%の人がしていない
   たった1%の
    仕事のコツ
ホン

主に新入社員が読む本ですね。
只、最近の新入社員用の読む本の内容が気になり書店で手に取りました。

内容はと言うと
“どうすれば上司に気に入られるか”“どうすれば稟議を通せるか”“どうすればプレゼンで上司を納得させれるか”等の本書の序盤は「対上司」との世渡り上手になるための指南だった。

「これが現実か・・・」

しかし、終盤は時間管理の指南。
僕の若かれし頃は時間管理の話はなかったが、これも時代の流れなんだな~。
だから、この部分では新卒の若者には是非強化をして欲しい部分だ。

新入社員、後輩社員にプレゼントするには良い本ですよ。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2013/03/06(Wed) Category : 読書
今月の読書は

著者:河原 慎也(船井総研)
「これだけ!
     PDCA」
  

今までのPDCA関連の本はと言うと、プランまでがあるのに何故かその後の“Do⇒チェック⇒アクション”まで繋がらず、またチェック⇒アクションまで行ったとしても、それがサイクルとして持続しない理由についての内容が多かったが、この書では“Do⇒チェック⇒アクション”までに行かないのは一番最初である“プラン(戦略)”自体がそもそも実行不可能な物だからと説いている。

この角度からの視点も中々興味深くかつ基本的で大変面白く読めた本でした。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ホルモン吟味

 
2013/03/05(Tue) Category : 韓国料理/グルメ
本日のホルモンは市原は牛久にある「ホルモン玉屋」にやって来ました。
とは言っても、実は先日の房総トレランの帰りの道程が牛久を通るので、以前から何時かはコンプリートをしようと思っていた店だったので開店に合わせ寄ったのだった。

玉屋は各局のテレビ取材御用達でゴルフ帰りの芸能人も多数利用する名店だ。


外観は噂どおりのオンボロたたずまいだ。

玉屋
店内も期待どおりのオンボロで何処か味のある雰囲気だ。



先ずは前菜代わりにセンマイ刺しと豚足を。

豚足、千枚

ん~・・・、美味しいのだが、半冷凍でヨウカンの様な仕上げになっていて個人的にはチョット・・・。

センマイ刺しに関しては、センマイ好きの僕からから言わしてみればセンマイはあの鼠色したビラビラが好きなんだよな~。


お次は小袋。

小袋は牛だ。

小袋、ミノ

ん~、小袋に関しても、こうではなく長風船みたいに出され、焼いて、膨らんだタイミングでコリコリ食すのが良いんだけどな~。



さて、最後はこの店メインのホルモン。

ホルモンだけは何故かジンギス鍋で。

理由を聞くと牛ホルを油を洗わず焼くと火事になるからだって。
(は?只それだけ?)

ホルモン

しかし、これは美味かった。

二人でこのホルモンを4人前食べたよ。

ただね~、この店自慢のタレが塩っぱかったな~。

食べ終えた後のホルモン7段の僕と4段の家内の総括。

肉は良いのを使っているがタレが塩っぱい。

ん~、行く前の店に対する期待が大きすぎたのかな~、もう二度目に行くことはないだろう。

(注)あくまでも僕個人的な所感ですので誤解の無いように(笑)




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第5回 房総丘陵トレイルラン&ハイク(当日)

 
2013/03/03(Sun) Category : トレイルラン
さー、待ちに待ったトレイルラン日がやって来ましたよ~。

本日は僕のトレラン5選の内の一つである「房総丘陵トレイルラン」での戦いです。

横断幕

会場である名物「清澄寺」はもう皆様お馴染みですね。

清澄寺


天候は曇りではあるものの、トレランには持ってこいのコンディション。
只、花粉が例年よりも早めに舞っているのですが、そんな事はなんのその、ご覧の通りの盛況ブリ。
本日の参加者は何と1000人を超えている模様だと。

スタート前会場


本日、共に戦う戦友達は火の玉ボーイ“ヨンジュン”と成長著しい沈黙のハンター“スニル”だ。

メンバーと


何とこの日はサプライズで僕の自転車の師匠である“Tさん”も参戦。

Tさんと

52歳にも関わらずトレイルランは今日が初チャレンジの進化する50代です。



早速、いつものスタート・ゲート前に陣を構えスタートの合図を待つ。

スタート



そでれは久々のトレイルラン、元気に

      スタート!

1林道


「今日は攻めるよ~!」

この房総丘陵トレイルランのコースは累積標高が少ないため終始走り易く、僕のような上り坂が苦手な選手でも走り抜けるコースとなっているのだ。

今日の作戦はこうだ。
30キロの部と18キロの部とでは途中の11キロまでは同じコースを走る。
よって勢いのある18キロの部の選手に分岐まで喰らい付く作戦だ。

2トレイル

この時期ならではのトレイル上に敷き詰められた落ち葉の上をジェットコースターのように掛け走る。


こんな人工のトンネルも無数にあるのが千葉の山の特徴だ。

4トンネル


心拍数も落ち着き、足の調子も調子が良いので、ここは更にペースを上げる。

3トレイル



これね~、楽し苦しい「楽死んでいる」表情なんですよ(笑)

キツイ


18キロの部のコースとの分岐を過ぎると、途端ランナーの数が減る。

当分は前におられる二人のランナーに勝手ながらペースメーカーをして頂くことに。

5丘陵



本日2度目のエイドステーションに到着。

6、20キロエイド

ここでバナナとドラ焼きを口にブチ込む。

この地点で約20キロ地点。

前半に飛ばしたのが、ここに来て足に少しずつ響いてくる。

しかし今日のレースでは、それでも存在する激坂を歩かずに走ることに拘る。

仮にそれが歩くペースと何ら変わらぬスピードだとしてもだ。
(理由は割愛)

7終盤


すると後方から物凄いペースで迫ってくる足音が・・・。

と後ろを振り返ると、何と本日ゲスト・ランナーで参加している国内トップ・トレイルランナーの奥宮選手が真後ろに!

奥宮選手と

プロの走りを見るのも初めてですが、せっかくなので食らい付いて見ることに。

3秒しか着いて行けなかった。

だって激坂をカモシカのようにヒョイヒョイ走って行くんだからね(凄!)




もうこの大会は5度目の参加となるのでコースはインプットされている。

そう、あのカーブを曲がればゴールの境内だ。

8ラストの下り坂


やっと着いたよ清澄寺。

9ラスト境内



そして


       ゴール!

10ゴール



ゴールには18キロの部で先にゴールを終えていた家内が僕の帰りを待っていた。

嫁と

実は家内は前回の鋸山トレイルランのエイジ(40歳の部)の部で2位に続く、今大会では何とエイジ(40歳の部)の部で7位。

マグレじゃなかったんだな~、凄い!


僕の戦績はと言うと。

11戦績

3時間46分22秒 総合順位126位/823人中


が、しか~し。
去年のタイムが3時間40分だったので、何と6分の後退(笑)

なんじゃと~!

わしゃ~ここで立ち止まっている場合ではないのじゃ~!



そんなこんなの楽しい楽しい

トレイル・ランニングでした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

他店舗調査

 
2013/03/01(Fri) Category : パチンコ・業界
先ず西八王子駅前の「スマイル」さん。

如何にも低玉主義な雰囲気の、良くありふれた外観ですね。

スマイル

しかし、朝一から入場しましたが平日にも関わらず中々の稼動です。

因みにここ、とあるフェイス・ブック仲間のSさんからの紹介で見に来たのですが、何が凄いのとかと言うと・・・それは言えません。
但し、Sさんの言うとおりで大変参考になりました(笑)



お次はそこから北上し埼玉は北本エリアへ。
そう、北本エリアと言えば「ヤマフジ」さんに「アリーナ」さんですよね。

とその前に、最近新規でオープンした「メガ・ボックス」さんへ来ました。

メガ・ボックス

こんな田舎に総台数パチンコ400台、スロット320台のメガ出店。

店内は意外とシンプルながら何故か元気が伝わる、また元気発信を売りにしているので店内が明るい雰囲気のお店であった。
元気の源泉は「新台」と店内ポップで売ったている程、新台は積極導入している。
よってお客様層は比較的に若年層が多いように見えるがスロットのジャグラーにはシッカリと年配層も付けている所がニクい。



最後は「ヤマフジ」さん。

もう見慣れた風景、光景にも関わらず何時見ても強いインパクトを感じ打ち出しだ。

ヤマフジ

店内を覗いて見ると勿論の高稼働。

接客サービス等はスタッフの自発的な笑顔をで一段とレベルが上げているのを肌で感じとれる。

店内の打ち出しも流石だ。

ヤマフジ内観

ね、凄いでしょ?

これって中々出来るもんじゃないよ。

本当にこのお店は勉強になるし、襟元を正される気持ちにさせてくれるよ。


そんなこんなの西東京、埼玉エリア視察でした。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード