プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

2012横浜トライアスロン(当日!)

 
2012/09/30(Sun) Category : トライアスロン
さー、いよいよこの日がやってまいりました。

本日はトライアスロン“オリンピック・ディスタンス”の憧れのレース2012横浜トライアスロン参戦の日です。

スタート直前

場所が場所だけに物凄くお洒落で、沿道でのギャラリーも沢山い、人気の大会の理由が分かる気がした。

台風が今日、関東に上陸するようですが午前中は晴天に恵まれた。

僕は早速、トランジションエリアへと行き、バイクとランのセッティングを済ませ、既にスタートを切っている戦友の応援に駆けつける。

この大会の一番最初にスタートするウェーブは「※パラ・トライアスロン」の選手たちで、そこに僕の戦友“西のアイアンマン”ことTさんは伴泳・伴転・伴走で出場している。
※身体にハンディを待たれている選手達で行われるトライアスロン

スイム・コースに行くと、ちょうどTさんが盲人の選手を伴泳し、目の前を泳いでいた所だった。

西のアイアンマンsim


「凄いよな~、目が見えない状態で泳ぐとなると相当怖いだろうが・・・泳げちゃうんだな~」

そして、そのTさんと選手が無事スイムを終了しバイク・セクションへと移る。

西のアイアンマン

「頑張れ!」

そんな彼らの勇士を見て更なる刺激とパワーを貰う。

それでは今度は僕の番だ。

今日は悪いが爆発するぜ。

いざ

やる気スイッチを入れウェット・スーツに袖を通しスタートゲートへと進む。

因みに今日の作戦はスイムは無理をせずに従来通りのタイムで終え、次のバイクでは無理はしない程度に軽く負荷を掛け、ほんの少々タイムを縮めて最後のランで42分台で走りゴールする、徐々にペース・アップする作戦だ。


おっと時間が来たので行ってきます。

それでは


     スタート!


今日はスイムは予想外に順調だ。
何が順調かと言うと、本来ぼくの一番苦手とするスイムの序盤は体に必要以上に力が入ることにより、心拍が急激に上がりツー・ストロークで息継ぎをするのだが、この日は心拍が落ち着いていたせいでフォーストロークを半分半分織り交ぜながら泳ぎ切ることが出来た。
方向も大きくズレることなくスイムを終える事が出来た。

スイムコース

恐らくタイムは34分ではないかと思う。
ま、それでも遅い方なのだが僕にとっては上出来だ。

スイム・タイム:38分51秒 スイム順位707位


-------------------
次はバイク。

今大会のバイク・コースは直線が余りない、コーナーの多いコースとなっていて、僕のようなハムストリングの決して強くないタイプからしてみると「加速から減速、そしてまた加速」といった場面が多くなり、大変不利な状況となる。

だが、今日は違った。

尿酸値改善で体重を減らしたせいなのか、序盤からぐんぐんとペダルが回る。

これまた予想外の1時間10分台でバイクを終了。

バイク・タイム:1時間20分30秒 バイク順位275位

-------------------
そして最後のラン。

最後のランは宣言どおりの42分台を狙いにワイド・ストライドで駆ける。

日頃から時速15.5キロ練をしていた御陰で最初の5キロは疲れずクリアー。
後半の5キロは勿論息は上がったものの足は動いた。


残り2キロの所でスパートを掛ける。

心拍はMAXだが腕と足は全然動く。

そして

       ゴール!


総合タイムはリザルトが出るまでは何とも言えないが※(実はスイム・スタート時にストップウォッチを押し忘れていたのだ)最後のランのタイムは宣言どおりとは行かなかったが42分台フラットで走りきった。

ラン・タイム:42分42秒 ラン順位136位

恐らく今日は自己ベストを出せたような気がする。

総合タイム: 2時間42分05秒

       順位:276位/完走者833人中

タイム的には自己新ではなく自己2位でした。



そんなこんなの

横浜トライアスロンでした。

ゴール後


さー、来週は個人的な練習の総決算である

「ハセツネCUP」だ。

この調子でハセツネも記録更新しちゃうよ!




スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

自転車カスタム&恐竜博(横浜トライアスロンまで後7日)

 
2012/09/23(Sun) Category : 日記
今日は予報通り朝から雨が降る。

これじゃ外でのトレーニングは出来ない。
「あ?」と思い出したかのようにフェルトのバイク・フレームをラックから下ろす。
「こんな時は来週の横浜トライアスロンに出場するマシンを完成させてしまおう」
と早速作業に取り掛かる。
先ずはDHバーを取り付け、今回初登場のDHバーに装着するボトルもカスタムする。

こんな感じだ。

DHバー&ボトル

ここに装着することによりエアロ効果が発揮されるだけではなく、バイク・フォームを崩さずに水分補給が出来るようになる優れ物なのだ。


お次はTT用のサドルと交換する。

トライアスロンのフォームは基本的に前に体重を移動させる前屈姿勢をとる。
それをノーマルのサドルで行うと股間、厳密には尿道の辺りが痛くて痛くてとてもじゃないが、その姿勢を維持することは出来ない。
よって先端が長く、また先端部分もスポンジが入っていてノーマル・のジオメトリーでもTTポジションを可能にしたのがこのサドルだ。

サドル

さて、これで終了。

後は先日に海外サイトで注文したHEDの90mmディープリム・ホールが今週中に間に合えがそれをカスタムだ。



-----〈午後〉------------

午後は子供達を連れて幕張メッセへ。

幕張メッセと言えば・・・
そう、「恐竜博」だ。

てな訳で早速会場入り。

恐竜博



最終日ということもあり予想通りの空きスキぶりだ。

恐竜の前で


今年は恐竜の歴史を覆す新たな発見がありましたね。
そう、ティラノサウル類には鳥のような羽毛が生えてたことです。

それがこれ。

ティラノ

映画、ジュラシック・パークもグラフィックを駆使して新たに作り直さなければなりませんな~(笑)



そして、最後は今回の恐竜博の売りの化石の採掘体験。

化石探し

今回、この恐竜博を親子で訪れるのは2年ぶり2度目だが、何だか拍子抜けした。

昨今の景気のせいなのか、それとも利益率を単に上げようとしたのか前回訪れた時より規模は丁度半分、そしてリアルな巨大フィギアの数が可なり少なく骨の模型が殆どだった。
前は原寸大の動くリアル・フィギアが多く今より幼かった娘は本物だと思い大泣きをしたのを覚えているが・・・。
その頃と丁度同じぐらいの息子に感想を聞いてみるとイマイチの反応だった。

もう、来年以降から「恐竜博」に来ることはないな。



そんなこんなの雨の日の週末でした。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

デュアスロン練習(横浜トライアスロンまで後11日)

 
2012/09/18(Tue) Category : トライアスロン
さて、横浜トライアスロン本番までとうとう2週間を切った。

正直、今現在の自身のスペックはと言うと
ランに関しては(4分/1キロ)でイーブンで走れる力は備わっているが、スイムはと言うとこの1年間は今までで一番スイムの練習を怠った年だと自覚している。
なので今からスイムに関してジタバタしても、タイムを大きく縮めることは出来ないので、残りの期間はバイクの練習時間をシェアすることに。

よって、当分はローラーを1時間回した直後の10キロ走を本番まで4回はやる予定。

では早速。

今年の残暑は例年にない程の暑さだ。
10分も回せば直ぐに汗が吹き出でくる。

129183.jpg

でも、体脂肪率1桁マニアからしてみれば好条件なのだが(笑)

先週の檜原ヒルクライム大会参戦の効果もあり40分の時点でも然程の苦痛を感じない。

残りの20分は少し不可を掛けて行く。

すると、それに比例して汗も更に出る。

129182.jpg

僕の練習場である物置部屋は一気に酸欠状態。

1時間が経過しバイクから下り台所で水を一気に飲み干し予め用意して置いたTシャツと短パンに着替え外ラン開始。

12918

本来は自転車後のランは序盤(約10分)は股に力が入らずにペースが上がらないのだが、ここ最近のインターバル練習の甲斐あって、出だしから爆発できる。

ランから帰って来ら最後はトドメの自宅マンションの階段上り一段抜かしバージョンで駆け上がる。
この練習は更に先に控えている「ハセツネ」を意識してだ。

そしてフィニッシュ!

もう心拍が揺れまくって耳元でバクバク鳴り響いている。

最後は自宅で美味しいプロテインを呑んで

終~了!

でも、明日はスイムもやらな・・・。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新台吟味

 
2012/09/13(Thu) Category : パチンコ・業界
今週の新台吟味は話題沸騰中のCRAKB48。

全国に導入され約一週間が導入され未だ高稼働を誇る京楽のメイン機。


しかし、どのホールも大量に納機をしたため今週に入り空き台は発生し始め容易に座れる。

それでは早速。


座って直ぐに擬似連4発に、なんとゼブラ柄登場!




久々だ。
仕事人のゼブラ柄忍者以来のお目見えだ。

これはラッキーと後はハンドルから手を離し、大当たりを待つ。


でもハズレた・・・。




気を取り直し再度遊技。

何とか大当たりを引っ張り、幸いにも確変での大当たりだ。




この後、75%の確変継続率だが2パンで終了。

この台。
スペックは1/199の確変突入率が50%。
初回の大当たりが4Rか8Rで確変大当たりは4Rとなり内13%で出玉無し。
しかも確変中は2000発が50%の残りは8、4Rの振り分け。
で、確変継続率が75%。
要は初当たりが早く連チャンもする代わりに出玉が少なくし相殺をしている、ここ最近の人気スペックだ。

とは言ってもどの店も大量導入のそれに付き合わざるをえない零細企業。
新台導入初日から利益を抜く営業かつお客様の飽きも重なり空き台は直ぐに増える。

今後、AKB新シングルがセール開始となる時にホール側もどう仕掛けるかが集客の鍵となるだろう。

従来通りの機械頼りの何も仕掛けない営業とでは明らかなる差が出るに違いないだろう。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第2回檜原ヒルクライム&トレイルラン

 
2012/09/09(Sun) Category : ロードバイク
今日は「第2回東京ヒルクライムHINOHARAステージ」に参戦しに来ました。

昨日はチーム・トルジーズの先輩であるH先輩の焼肉屋で2時まで呑んでいたが、そんな事など問題なく、朝からテンション上げて行きますよ~。


それじゃ、早速
イザ、出陣!

いざ出陣


スタート場所は駐車場である檜原中学校運動場から少し離れていて、丁度良いアップになるので、ノリノリでスタート場所へと向かう。




20分程だろうか、やっとスタート場所へ着くと既にご覧のとおりのサイクリストでごった返す。

スタート会場


静かにスタート時間を待つまでに今日のコースの説明を少しするとしよう。
コースは檜原村の麓をスタートし、標高差750Mのゴールまで全長15.5キロで登ってゆく。
特に「激坂」と呼ぶような急坂はないが、東京では数少ない15キロ・ディスタンスのヒルクライムだ。

スタート時間が来たようなので位置に付きます。


それでは


     スタート!


先ずはいきなり坂登ではなく、緩やかなアップダウンの中を走る。

ヒル1


このコースの15.5キロ中、緩やかな登りと時たま下りが存在し、延々と登るよりは、下りや平地で偶にスピードも出せて楽しく気持ちよく走れる。


前にいる選手は女性の方だ。

ヒル2

最近は自転車をやる女性も増えて、前方の選手のような一般アスリートがドンドン増えて来ている。
しかも、速い!


残り5キロの看板を通過する。

このコースはラスト5キロが本格ヒルクライム。

ヒル3




気づけば、あっという間のラスト1キロ看板。

そして

     ゴール!

ゴール


タイムは57分30秒

これが、どのレベルなのかはリザルト見てみないと分からない。


直ぐに大会授賞式会場へ行き食料を頂く。

会場では主催者サイドが用意したご馳走が沢山。
おでん、カレー、コロッケ、豚汁とこんなに太っ腹な提供品は初めてだ。
とにかく先ずはカレーだ。

美味い

腹ごしらえをした後は直ぐに下山をし昨日、焼肉屋でお世話になったH先輩と麓で待ち合わせ。


------〈午後の部〉---------


そう
ヒルクライム大会後は第2部と称して合同トレイルラン練習。

今度はトレラン

僕は来月のハセツネの練習と先輩は鈍った体に喝を入れるための合同練習。


コースは簡易的に決めたのだが檜原の麓から富士見台(標高1000M)までの片道約5キロを往復する計10キロ・ランだ。


それでは早速のスタート。

スタートして直ぐにトレイルへと様変わり。

先輩も久々のトレーニングのせいか、直ぐに心拍が上がる。

登り1

とは言え、僕もヒルクライム直後のトレランなのでハムが直ぐに悲鳴を上げる。

しかも、このコース。
可なりの急勾配だよ。

登り2

先輩を心配していた僕も、後を追うように心拍が一気に上昇する。



1時間15分掛けて目的地の富士見台に到着。

もう、ヘロヘロ。

富士見台

頂上には他のトレイル・ランナーや素敵なジョガーが満載。

近頃のトレラン・ブームが身にしみて感じられる。

今日は素敵な女性サイクリストも見れてジョガーまで見れて最高だ!

富士見台2


それでは今度はヘロヘロ・オヤジ二人の下山開始。

下り1


ハムも股も可なりフニャフニャなので下りだけど飛ばせない。



先輩、結構キツそうだ(笑)

下り2


帰りは約40分であっという間の麓へ到着。


先輩もヘロヘロ。

僕なんかは超ヘロヘロ。

でも最後は二人して

「気持ちよかった~!」

笑い顔でトレランを振り返り

「また、やろうよ!」

と固く約束をし街へと帰った。



そんな、こんなの

ヒルクライム&トレイルランニングでした。

帰り際の滝

しかし、ここ。

中々の良い練習場所だよ・・・。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

こ~な休日でした

 
2012/09/03(Mon) Category : マラソン
先日、娘も息子も家内も全員用事で外出しており自宅には僕一人だけ。

そ~な日はパチンコでもするか?

いやいや、やっぱり休日の空きスケジュールに困った時はとりあえずローラーでしょ。

そんな訳で先日「アスロニア」で購入した汗落ちガードを取り付けてのローラーを。

汗ガード


こんな家に子供達がいない日は「子供達を何処かに連れていってあげなくては!」という責任感も無く、気兼ねなくペダル回しに集中できる。



するとローラーを終えたと同時に娘が塾から帰ってきた。

「お!?丁度いい」

とばかりに娘に

「一緒に10キロ走るぞ!」

と誘うと

「ヨッしゃー!」

と娘も声を荒げ、直さま準備をし外へ。



娘は自転車、オヤジはラン。

10キロ

二人共やる気マンマンだ。




折り返し地点のコンビニで水分補給&休憩。

娘は最近マイ・ブームの「ガリガリ君なし味」を。

折り返し

娘と走ると何かと重宝する。

行きは話し相手がいて暇をしないし、帰りは娘にイイ格好したさにスパートに気合が入る。

そして、いい感じに汗と心拍を上げての10キロ走終了。



終了後は娘と風呂に入り今度は家内と息子を待つ。

家内と息子が自宅に着くと直さま今度は家族全員で「札幌ビール園」に。

ビール園

実はこの時のジンギスカンと酒を美味しく頂くためのトレーニングでもあったのだ。

娘もそうすることによりご馳走が美味しく頂けることを既に知っているのだ。



久々のジンギスカン。

肉



大人一人2700円の食べ放題コースを二人。

小学生も食べ放題だが料金は1350円。

年長さんも同じコースで725円。

だから、この日は食って、食って、食いまくった。



そんなこんなの休日でした。

皆で肉


-------------------
〈PS〉
最近、写真を撮る時に娘がバカ面をするので

「やめろ!」

と注意をした。


すると娘は

「アッパの真似をしてるんだよ」

・・・だって。









 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。