プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

房総館山の隠れ家レストランへ(東京エンデューロまで後4日)

 
2011/11/29(Tue) Category : 日記
とある週末、夫婦水入らずで房総館山へ行って来ました。

先日にもブログで報告しましたが、うちの家内がとある資格の試験に合格しました。
合格祝いはその日に夫婦で既に済ませたので、今日はそのためのお祝い外食ではありません。

彼女は数年後の独り立ちのために実務修習と勉強をと直ぐさま次のステップへと行動に移しております。

そんな忙しい中、なんと彼女はあの国内で最も過酷とされている「ハセツネ」に2年後に出場するという強い決意をし、毎日7キロのランニングをも始めるようになりました。

今日はその更なる熱いチャレンジ精神と目標到達の健闘を祝うため、ここ館山の隠れ家リゾート・ホテル&レストラン。

   「森羅」
 へやって来たというわけです。

森羅看板


ここは夫婦二人で初めて来る場所だ。


不安と期待を抱き小高い丘を登る。

森羅へ登る


大人しくシンプルな入口を潜るとシックな感じの店内。

何となくバリのリーゾートホテルを彷彿させる造りだ。
(行ったことはないが・・・笑)

森羅店内

おっと、店内の様子はここまで。

後はご自分の目でお確かめあれ。


コースはお一人10000円のコースだがボリューム、味と双方とも期待を充分上回った。


基本は房総ならではの海の幸で、どれも地元の海で獲れた物だ。

この伊勢海老の活き作りなのどはプリっプリして美味しかった~。

森羅伊勢海老

この他にも黒アワビの酒蒸しの踊り。

房総の黒毛和牛。

と都内だったら16000円はする素材とメニューだ。


たらふく食べた後はスタッフの案内もあり店内を有難く見学。

ここは30代~40代の独身カップル達がメイン・ターゲッティングになっているようだ。

室内エステも充実しており是非お勧めだ。
(因みに子供同伴はNGです)


最後は来た道を降りて行く時の房総の景色を眺める。

森羅展望

39になる家内の後ろ姿を見ながら

(お前、お世辞にも美人とは言えんが、
   生き方は格好良いと思うぜ!)

と、刺激を受ける僕であった。

---------------------
<PS>

ローラーのやり過ぎなのか、それともハセツネ後すぐにランの練習を再開したせいなのか、左足首のクルブシが痛い。

少々、無理をし過ぎたかな。




スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

息子の初マラソン (東京エンデューロまで後7日)

 
2011/11/26(Sat) Category : マラソン
今日は家族で皇居マラソン。

てなわけで日比谷公園へやって参りました。




主催者柄か開催地柄か外人やジョガー達が満載!

会場

これが本当に皆さんベッピンで、ついつい目が行ってしまう(笑)


実は今日はただのファミリー・マラソンではない。

一つは5歳になる息子のマラソン・デビューと

二つ目はオンマ(ママ)と娘の一騎打ちの競争だ。



コースは皇居1周の5キロの部。

因みに娘のデビューも同じく、ここ皇居の5キロマラソン。
その時のブログ⇒娘のデビュー

しかし、娘の初マラソンは小学校1年生の時。

息子はそれよりも2年早い初マラソンとなり、本人はこれから待ち構えている苦しさなど全く理解してはおらず、超ハイテンション。

えいおー

準備運動を済ませ娘の初マラソン時と同様、アッパ(パパ)からの恒例の約束ごと

「苦しくても絶対に歩かない、いいな!」

と激を飛ばしスタートラインへ。

大人の群れを掻き分けスタートラインに立つところを見ると、娘の気合いが伝わってくる。

スタート・ライン

しかし、相変わらず何も分からずアリんこと遊ぶ息子・・・。




そして、いよいよの


    スタート!

スタート

スタートと同時に娘が猛ダッシュ、その後をオンマが猛追し二人の姿は直ぐに視界から消えてしまった。



息子はと言うと“自分も続け”とアッパの制止も聞かず駆けっこでスピードを出したりスキップをしたりと、未だマラソンをお遊びだと思っているようだ。

あっぷ


2キロを過ぎた辺りから息子の顔が引き攣り始める。

疲れた事をアピールする表情でアッパに

「ね~、疲れた~」

すると僕がすかさず

「歩いたらダメよ~、さっきそう約束しただろう~」

とバッサリ。

すると、この時から
息子に笑顔が無くなった(笑)





しかし、笑えることもある。

キロ表示を持っている綺麗なお姉さんが近付くと、突然凛々しい顔付になり腕を振り軽快に走りだす。

血は争えんな・・・。





今日は本当に天気が良く皇居のロケーションが最高だ。

大会参加者以外の皇居ランナーも沢山いて可なり賑やか。

ここが年中流行りのスポットの理由がわかる。


と何とか44分掛けてゴールのある桜田門へ到着。





まぁ、半分くらいはアッパが手を繋いで引っ張って上げたが、5キロを歩かずに走り切ったから褒めてやるよ。

そして、大勢の大人の声援を受けて無事に


    ゴール!





今日の家族のリザルトは
1位 オンマ 32分

2位 娘   40分

3位 息子  45分


【オンマvs娘】はオンマが圧勝!


さて、心配だったマラソン終了後の息子の反応はと言うと。

「また やる~」

と。

ホッとした。



そんなこんなの皇居マラソンでした。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

他店舗視察

 
2011/11/21(Mon) Category : パチンコ・業界
先日、「成田、富里」エリアへ行って来ました。

先ずは成田と言えばプレゴさん、MGMさんエリアへ。

ここ成田も数年の間にイオンを筆頭に沢山のショッピングモールが誕生して、数年前とは見違えるほどのお洒落な田舎になった。

先ずはプレゴさん。

成田プレゴ

時間帯が午前中だったこともあるが、稼働には少々苦戦をしている様子。

ここのオープン当初はそのスケールのデカさに本当に衝撃を受けたが、もうそれも見慣れたせいか新鮮さにかけている印象を受けた。

次にここから交差点を挟んだ迎えに位置するMGMさん。

成田MGM

ここも稼働が苦しいか?と覗くと・・・。

ここにお客様達がいた!

まだ12時ごろだと言うのに6割り稼働はしていただろう。

置きゃ様への遊技動機付け上手な店内販促をしていてクリンネスも行き届いている。

機種の選定と各台数もバランスが取れていて、上手な店内販促も含めてみると、ここの営業担当者は腕が良いと見受けられる。


お次は車で高速に乗り一つ目の出口である富里へ。

ここはトモエさん、イーグルさんと鎬を削る激戦区。

先ずは夢屋さん。

富里夢や

この夢屋さんは写真では分り難いがイーグルさんの直ぐ隣に位置しており以前見に来た時は大変苦戦していた記憶がある。

と、その記憶を思い浮かべながら恐る恐る店内へ入ると・・・。

なんと13時頃で4割り稼働の頭数ではまずまずだ。

実は夢屋さん、0.5円パチンコ、一円パチンコ、2円パチンコ、5円スロット、20円スロットと低玉専門店になっていた。

あえてイーグルさんとは同じ客層の取り合いを避け低玉層のターゲッティングに変更したのだろう。

これはこれで良い判断だと思う。



そして、最後はイーグルさん。

富里イーグル

さすがイーグルさん、やはり高稼働は維持しているようだ。

しかし、なんかこの日は違和感を感じた。

少し遊戯機に腰を掛けその違和感を辿る・・・そして、分った。

あのイーグルさんが・・・

あのイーグルさんなのに・・・

クリンネスがなってないのだ!

勿論、富里支店だけを見てグループを判断出来ないし、北海道ではそうでないと思うがイーグルらしからぬ落ち度だ。

まだまだ突っ込み所はあったが、今日はここまでにしておこう。


所で今回の成田、富里エリアを視察して感じたことは、広告規制が布いてあるにも関わらず、結構すき放題やっているような・・・。

ま、これは所轄の温度差なのであろう。

それと、少し前までは

「ハードじゃないよ、ハートだよ」

なんて言葉が流行った時期もあったが、最近はどのホールも接客サービスのレベルが高く“ハード”も無視は出来なくたっている気がする。

現にDステーションさんのような全台がアクリルの板で仕切られている作りは、今後かなりのニーズがあるはずだ。

よって接客が出来ていてもクリンネスがなってないのは論外だ。

これかの時代はクリンネス、ハードを含めて接客サービスなんだろうな・・・。

よって

「ハートは常にハードにね!」

こうかな・・・。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

「エアーギター」ならぬ「エアー散歩」

 
2011/11/19(Sat) Category : 日記
我が子供達ながら、あまりに傑作かつ哀れなネタなので書き込みます。

本題に入る前に前置きになるが、以前から娘が不可思議にな事を僕に話していた。

「上の階に住んでいる綺麗なお姉さんが今度ワンちゃんのお散歩に連れて行ってくれるって」と自慢げに話しているのだ。

普段、娘は自分から大人に話し掛けることなど出来ない小心者だし、かといって大人から知らない子供達に散歩に連れてくなど言う訳もないと不思議と思っていた数日後のこと。

週末、少しの用事を済まし家に変えると子供達がいない。

家内に子供の所在を聞くと外で遊んでいるとのこと。

もう外出して3時間以上経つらしく何をして遊んでいるのかと聞くと、最近子供ら二人のマイブームの遊びがあるらしい。

「なんだ?それ・・・」と思い首を傾げている時、子供達が帰って来た。

一体、何して遊んでいるだ?と子供達に近寄ると何やらビニール状の物に糸を繋げて引っ張っている。

犬の散歩


それが何かと良~く見てみると、僕は絶句と同時に上の階に住む綺麗なお姉さんのワンちゃんの散歩の誘いの謎が解けた!


これが何だかお分り頂けるだろうか。

お手製ワンちゃん

スーパーのレジ袋に空気を入れ、そこにお世辞にも上手とは言えないワンちゃんの顔の絵を貼り付けただけの何ともお粗末な手作りワンちゃん・・・。

これをワンちゃんに見立てて散歩をしているらしい。

しかもご丁寧に話まで掛けて・・・。

娘に関して言うなら既に空気が抜けていて引きずっている状態。

確かに、もし他人の子だったら間違いなく僕も哀れみの目で見るに違いない。

綺麗なお姉さんも、きっとそういう思いで散歩に誘ったのだろう。

正にエアー・ギターならぬ「エアー・散歩」。

お前達、頼むからこの遊びは止めてくれないか・・・。


<PS>

今年も後わずかですが既に来年の5月までの大会エントリーを済ませました。

12月10日鋸山トレイルラン

 2月18日三浦半島横断トレイルラン44K

 3月4日房総丘陵トレイルラン21K

 4月1日高水トレイルラン30K

 5月19-20UTMF(ハーフ)

さー、
来年も振り向かずに走りまくるよー!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

2011龍勢ヒルクライム(当日)

 
2011/11/13(Sun) Category : ロードバイク
今日は3年ぶりとなる龍勢ヒルクライムの日。

チーム・メイトはAMEGROのアニキとエイちゃんと本日が初ヒルクライムの新しいメンバーのIさん

僕を含めて計4人の参戦。

合流
(みさん準備に忙しかったので集合写真ではなく自転車を撮りました)

みなさん、何かと忙しい経営者や幹部達なので、この日もギリギリの合流。

アップなしで準備を済ませ

いざ、スタート会場へ。

参戦を前にボーラのカーボン・ホイールを新たに購入、装着したアップグレード・マシンのAMEGROアニキと奮闘前の一枚。

アニキと

今日はアニキも気合いが入っているようだ。


年内最後のヒルクライムと言う事もあり、見てのとおりのサイクリストの数。

スタート前

僕達はD組4番目のスタートだ。

天候は写真を見てのとおりの秋晴れ。

今日は良いタイムを狙えそうだ。

城峯山の麓から山頂までの標高差700メートル、全長16.4キロの坂をひたすら駆け登るこの龍勢。

参加するのは3年ぶりで、その当時の年齢は38でタイムは1時間02分だった。

その時のブログ⇒2008龍勢H・C

確か3年前は僕がバイクに乗りたてで、おまけに当日は雨だった。

よって天気の良いバイク歴3年の今日は55分のタイムを是非とも出したい。


それでは今シーズン最後のヒルクライムの

    スタート!

麓1

先ずは麓の平坦なコースを2キロほど走る。

しかし、今日から装着のDi2コンポの性能は本当に走りに集中できる。

一つ不安なのは今日からディスクがコンパクトではなくノーマルを使用していること。

実はDi2を購入しコンポ一式を付け替える際に店長から

「いつまでもコンパクトでやってたら強くなれませんよ!」

と言われ半ば強引にノーマルのディスクを装着された。

ですので本日はノーマルです。

そして最初の坂道。

麓2

斜度はキツくはないが腿筋がキツい!

龍勢序盤

今まで、どれだけコンパクトの恩恵を受けていたかを実感できる。

序盤からこんな調子で大丈夫か?


そして斜度はドンドンどんどん角度がついてくる。

正面に見える山のあの道を登るのだ。

3

間違いなくノーマル・ディスクのせいでレース中盤からダンシングをやるはめに。

やりたくはないのだが立ち漕ぎしないと登れない。

よって勿論のごとく心拍数もあがりまくりだ。

だが、すこぶる太股の筋肉が使われていて、これを続けていれば次のステージへステップ・アップできる理由が分る。

標高は一気に上がり途中に木々の間から見える麓の景色が暫し疲れを忘れさせる。

途中の風景


残り2キロの距離カードの隣を通過する。

ラップ・タイムを確認すると55分手前。

この時点で55分の目標はダメ、瞬時に1時間を切るという目標に切り替える。


後1キロ。

タイムは56分。

それと見覚えのあるゴール間近の風景。

ヒル

ゴールは近い!

ダンシングで急ぐ。
龍勢終盤

残り300m

  200m

  100m

そして

    ゴール!

ゴール


タイムはなんと!?

3年前の1時間02分を凌ぐ。

1時間00分28秒

え!?

2分しか縮んでないの?

あれから3年もやった結果が、たったの2分かよー!

何だかガッカリだ。


ま、気持ち良かったから良いか!

そんなこんなの

龍勢ヒルクライムでした。

やっぱ、ヒルクライム最高!



-----------------------------------
<PS>

今日、FBで知り合いになった朝高の先輩達とも初顔合わせをしました。

お二方とも引き締まった体でした。

朝高先輩達

4~5人のメンバーで本格的に自転車の練習や競技をやられているビジネスマン・サイクリストです。

先輩達の活動ブログ

実はFBで知り合うまでは在日で酷使系スポーツをやっているのは自分だけかと思っていたので、先輩達の存在を知った時は驚きでした。

しかも、皆さん僕よりも速い!

また新たなアスリートの輪が広がりました。








 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

高尾山へ (龍勢HC前日)

 
2011/11/12(Sat) Category : 日記
今日は家族で高尾山へ。

takao.jpg

13時頃だが御覧のとおりの賑やかぶり。


ケーブル・カーは利用せずに徒歩で上へと目指す。

距離にして約700メートルとユルユルだが子供達にとっては程良いストレスになる。

登山

天候は曇りだが風はなく気温も低くなく清々しいコンディションだ。

中腹からの八王子の景色。

八王子景色

そして、上にあるケーブル・カーの駅まで到着。

あとは平坦なコースとなる。

神社の鳥居の手前の茶屋はこんなにも人だかりが。

高尾山神社前


今日は高尾山頂上まで目指さずにここまでに。

後は殆ど平坦なコースだからの判断だ。

子供達と家内は何だか完全に不完全燃焼ぎみ。


と、時間も余ったので高尾山口駅前の

「トリック・アート」へ行くことに。

ここは今まで何度も車で前を通っていたのだが、間違いなくツマらないと思っていた。

だが、結論から言うと期待を大きく上回った。

ときっくあーと1


参考までにですが、ここに遊びに行ったら、このように間違いなく写真を撮ります。

その際の注意点は二つ。

一つは写真を撮る人のセンス。

上の写真のように床に照明が映っていると、下に穴が続いている感が全く出ない。

二つ目は撮られるモデルの名演技につきる。


結構、大人もこんな風にハマります。

とりっく2


高尾山へ行った際は是非お立ち寄りあれ・・・。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

敬老パチンコの集い (龍勢HCまで後3日)

 
2011/11/10(Thu) Category : パチンコ・業界
今日は本店にて毎年恒例の施設のお年寄りの方達をお招きしての「敬老パチンコの集い」が行われました。

集い

毎度の事ですがお年寄りの方達の笑顔に僕達は笑顔を頂く。


本当に各担当に当たっているスタッフ達はやり甲斐に満ち溢れた笑顔をしていた。


バックヤードでもせっせと準備をするスタッフ達。

バックヤード

お年寄りの方達にお渡しする物の準備のようだ。

気になり手に取ると・・・。

これ何だか分ります?

お越し頂いたお年寄りの方一人ひとりのお名前がプリント加工されたパーケージの貼られたミネラル・ウォーターです。

ペットボトル


しかも、細かい所(聞かれなきゃ分らないような場所)にも特殊加工がされていて、これ全部スタッフのハンドメイドと言うから驚きだ。


最後まで楽しまれたお年寄りの方達をお見送りして集いは無事終了。

お弁当を囲んでの感想発表会。

感想会

「大変、勉強になりました・・・」の類の言葉を聴くと本当に嬉しくなる。


そして、彼が本店を取り仕切るマネージャーのTさん。

MG.jpg

実は彼、数日前に祖母が亡くなられ故郷である与論島からトンボ返りで帰って来たばかりだ。

そんな心中も辺りに見せず笑顔を振りまく彼、今日はきっと特別な想いでお年寄りの方達と接し指揮を執っていたに違いない。

Tマネージャー、今日の君の笑顔は本当に素敵だったよ!







 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン (龍勢HCまで後4日)

 
2011/11/09(Wed) Category : マラソン
月、火とトレーニングをサボってしまった。

龍勢まで後4日だというのに。

実質的には追い込むことが出来るのは今日までだ。

とりあえずローラーを1時間回す。

99.jpg

冬でも密室のローラーは本当に汗が出る。

回した後はランだ。

今日からラン時はまたコイツを当分履いてフォームを直すことに。





今日はせっかくだから近所を紹介しましょう。

あれはアパホテル。




元プリンスだ。

あそこは今はスパの設備が充実していて宿泊費も高くない。

それと、これは知らなきゃ損をする情報だが、もしもニュー・オータニで鉄板を食すならアパの地下にある鉄板に行くべきだ。

何故なら料金はオータニの半分以下、個室有り、手品有りで出てくる料理が一緒なのだ。



次にここは駅の反対側のルーム・デコの建物内にあるイタリアン・バー。

何とここは3時までやっていて僕が一人飲みを封じるまでは隠れ家的な店として利用していた。




だから誰か使っていいよ。


そしてここが僕の大好きな場所。

マリン・スタジアム近くの普通の歩道橋だが、なんか良いでしょ?





とまぁ、こんな感じでトレーニングを終えたが、久々にファイ・フィンを履いてみて左足の着地のフォームが乱暴になっていた。

スー・ベタン!
スー・ベタン!

と、こんな感じで。

後、これまた久々に足裏も痛い!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

雨の中を・・・ (龍勢ヒルクライムまで後7日)

 
2011/11/06(Sun) Category : ロードバイク
昨日からチャンモ(義理の母)が我が家に遊びにこられている。

ここぞとばかりに家内は自分一人の外出準備を。

そんな日曜の今日、僕の仕事が午後からなのを知っている家内が出掛ける間際に

「子供はオモニが見てくれるから雨も降っていることだし映画でも見に行ってくれば?」
と。

外を見ると確かに雨が降る。

確か、昨日から僕の教祖である“ジャッキー・チェン”主演監督の「1911」がやっているのを思い出す。

「雨か~、ならばお言葉に甘えて映画でも見てこようかな」

とジーパンを引っ張りだす・・・?

いえいえ、そんな訳ありません。

ロード・ウェアを引っ張り出し、バイクをローラー台から外し、いざツーリングへ!


雨の日は流石にどのサイクリストとも出会わなかった。

「小雨なのにな、もったいない」

今日は家の近所の湾岸道路を行った来たりのツーリング。

途中のコンビニであることに気付く。

休憩


前回に出場したゼッケンをメットに貼っ付けたままだ!

近所


これはお恥ずかしいと言うかお間抜けだ。



トレーニングも終盤の札幌ビール園。

千葉札幌ビール園

え?千葉なのに札幌ビール?

詳しい話はまた後ほど。

本日のトレーニングは丁度50キロを

平均時速29キロで走り終了。


そして、マシンはこのまま馴染みの自転車屋へ。

そう、僕が予てから予約注文をしていた

アルテグラの電子制御システム・コンポ「Di2」の取り付けのための預けです。

さぁ、俺のマシンもどんどんモンスター・マシンになっていけ。

自転車屋



------------------------------
<PS>
この後、自宅に戻り・・・。

家内が外の用事を済ませ帰ってきた。

映画を見ずに雨の中を自転車を走っていたことに対し。

「え、この雨の中を自転車やってたの!」

その反応に僕は

「おい、俺を誰だと思ってんだ?
 アイアンマンだぞ!これぐらい屁でもねえ!」

すると家内

「だったら先週から頼んでる夏物の布団、
  サッサと上の棚に締まってよ
   アイアンマンなんでしょ!」

そして僕は返す言葉を失った・・・。


 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

サイクル・モード2011

 
2011/11/05(Sat) Category : ロードバイク
今日はサイクル・モード会場、幕張メッセへやってきました。

と言っても徒歩7分の距離。

地元ファッションでGO!


会場はご覧のとおりの盛況ぶり。

会場


どのメーカーも洗練されたフォルムのマシンを発表。

ぴな


特にマークしていないメーカーのニューモデルも格好良く気合いが入っていて、目移りしてどれも欲しくなる。

ふじ

ふじ2


来年の話題マシンの知識はなくとも人集りを探せば大凡それが注目マシンだ。

ましん2




サーベロのこの最強マシンに人集りが。

サーべ

格好良いんだが100万するよ・・・。



来年度のラインナップを見ているとボディー・カラーは黒の表面の感触がザラ目の物が流行るのか、どのメーカーもメイン・グレードにそれを採用している。


気付いたらもう2時間も歩いていた。

メッセ会場には名物ご当地の屋台もあり早速のエネルギー補給。

ご当地

腹も見たし頃、今日この会場で会う約束をしているIさんから電話が入る。

そして今日は新たなチーム・メンバーであるIさんと初対面合流。




Iさんは早速シーポの試乗の予約を取り付けていた。


このお方も同じパチンコ業界で働く部長さん。

50を過ぎているのにも拘わらず僕よりも速いトライアスリートだ。

運動を生活習慣に取り入れている人は本当に若くて驚かされる。



折り畳み式自転車でこんなバイクも!?

折りたたみ

これ40万円もしますよ。

何だかこれも欲しくなるよ。


会場ではマシンの展示以外にも有名選手のプレゼンや実践講座等も多く開かれていた。

レクチャー


ここまで来ると、もうスポーツを拒絶、無視できなくなる世の流れになって来てますね。

皆さん、走れ!鍛えろ!若返ろ!そして長生きしよう!


あ~、楽しかった!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。