プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

他店舗視察 (銚子トライアスロンまで後3日)

 
2011/09/29(Thu) Category : パチンコ・業界
今日は埼玉は岩槻にやって参りました。

今日の視察店舗は「アリーナ岩槻本店」

僕のブログのリンクに貼ってある「チョー社長の・・・」が経営するお店です。




まだ早い時間のせいなのか駐車台数の少ない駐車場を抜け店内に入ると明らかに駐車台数以上の頭数に驚く。

お客様層も年輩層を中心とした明らかな地元層だという事が見て取れる。

パチンコは1パチを前面に押し出しているようだが決して4パチと海は力を抜いておらずお店側の力入れのアピールが上手く浸透されている。

スロットはジャグラーの大量台数とレイアウトにビックリする。

その他にもこのお店ではスタッフからお客様への様々なアプローチをされていることが随所に現れている。

地域に根付く戦略を取っているのが数時間で感じれた。


今度は先輩である社長直々にお話を聞かせて頂こう。


あ、そうそう 

このすぐ近くに同じくアリーナさんの低玉貸し専門店があるのだが、そちらは後日。







スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新台吟味 (銚子トライアスロンまで後5日)

 
2011/09/27(Tue) Category : パチンコ・業界
さて、本日は今話題の「花の慶次ー焔ー」を打つ。
10Kを投資し漸く当たり。

5連チャンはしただろうか。




前作と比べてガラリと演出は変わったと言うが?

確かに、登場人物やカットに変化はあるものの役物やカットインのタイミング、ゲームフロー等の挙動は前回までの慶次シリーズと殆ど変わらない。

長短所でいうなら演出の種類が増えたことだが、その反面ガセのSPリーチが増え、これが可なり腹が立つ。

僕の予想に反し3週目に入っても稼働は良いようだ。

ま、広告規制のため人気機種のイベント告知が出来ず新台のみのチラシが横行しての現在の稼働だと僕は読む。

いずれにせよ、これからも市場稼働はチェックはして行かなければ。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

鎌倉へ (銚子トライアスロンまで後8日)

 
2011/09/24(Sat) Category : 日記
今日の休みはいつもより早い時間に起きる。

家族で鎌倉へ行くためだ。

が、一昨日に始まった悪寒が今日明日がピークの風邪になってしまったようだ。

家内に鎮痛剤を貰い、ここは気合いのファミリー・サービス。

来週からはまたエンデュランス競技が続くからね。


程々に渋滞と戦い目的地へ到着。

薬も効いてモルヒネ効果があるうちに鎌倉を巡る。

先ずは小町通りを抜け「鶴岡八幡宮」へ。




実は僕も家内も観光で鎌倉を巡るのは初めて。

何故か関東の人間は京都と鎌倉は何時でも行ける距離だからなのか大人になって行ったことがない人が多い。


次は鎌倉駅から江ノ電に乗る。




大仏と銭洗いに行くため長谷駅へ。



ハイ!大仏です。

初めて見る鎌倉の大仏は思いの外に小さい。




千葉は鋸山の東洋一デカい大仏を見慣れているせいか?


さて、次は僕のお目当ての神社へ。

大仏から約2キロを歩いた場所にある「銭洗弁財天」だ。




実はこの辺りから鎮痛剤も切れ頭と喉に痛みが走る。

が、それをこらえて嫌がる家内の財布から有り金を回収し参拝の列に。




この神社の伝説はここでお金を洗い清めて世に流通させると、そのお金がまた自分に返ってくるという言い伝えがあるのだ。

本来は小銭を洗い清めるのだが、いつしかお札を洗うようになった。

過去には3千万の現金を風呂敷に包んで来たお婆ちゃんがいたという。

そして、いよいよ僕の銭洗いの番。

風邪で頭も喉も痛いはずなのに、この時ばかしは何だか表情は悪代官・・・。(不思議だね)





さて、これで鎌倉巡りは終了、日も暮れ始めたので帰路へ着く。

今日はせっかくなので久里浜経由で千葉へ。

そう、東京湾フェリーで帰るのためだ。


現場に着くと丁度に便があり、これにマイカーと一緒に乗船。




この東京湾フェリーは海ホタルが開通する前には人々の交通手段として栄えたが今はご覧のとおりの貸し切り状態。




なんだかマンギョンボン号を彷彿させる。


最後は甲板で湾の中から横浜、東京、川鉄の夜景を見ながら鎌倉ツアーの最後の余韻に浸る。




俺は風邪でどうにかなりそうだ・・・。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ん!?悪寒が・・・

 
2011/09/22(Thu) Category : スイミング
実は只今うちの家族は僕以外の全員風邪でまいっている。

一応、家内からはもしもの為と風邪のひき始めの薬を持たされた。

「俺はスーパー免疫だから」

と高を括っていたが夕方から何だか嫌な喉のイガらみが。

19時を過ぎた辺りから悪寒が・・・。

不味い感染したか!?

急いで今朝持たされた薬を飲んでジムに駆け込む。




具合が更に悪くなる前に1キロ泳いどかないと。

泳いでいる最中も間接の節々が軋むような?

結局、1.5キロ泳いでプールサイドで筋トレ。

後はこの風邪が軽く過ぎ去って行くことを祈るだけだ。

しかし家内の奴、鋭いよみだな!?



〈PS〉
明日からの3連休のため子供達のDVDを借りにTSUTAYAへ。

最近はせっかく借りてきても子供達から

「アッパこれ前に見たやつだよ~」

と重複借りをしてしまう。




今回も訳も分からず無作為に借りてみた。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン

 
2011/09/19(Mon) Category : マラソン
深夜のトレーニング開始。

先ずはローラー。




付加を重めで30分。


すかさずランに。

ようやく足も完治に近づき8キロを走ることに。
今日は僕の業界スポーツ仲間が東京シティーサイクル、ツール・ド・能登、横浜トライアスロンと各地で最後の夏をエンジョイしている姿をFBで眺め羨ましく感じた。

僕は2週間後の銚子トライアスロンまで我慢して練習に励もう。




今日はペースが普段より遅かったせいか蚊に刺された。



まったく!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

過酷な綱引き

 
2011/09/17(Sat) Category : 日記
今日は息子の保育園の運動会。

実は昨日、久々に遅くまで飲んで、只今かなりの二日酔い。




息子は超ハイテンション!




そして綱引きの種目が…。







ダメだ、綱を見ただけで嘔吐しそうだ。






あと3時間、踏ん張らなくては・・・。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

いつの世にも・・・

 
2011/09/14(Wed) Category : マラソン
今日、何意気無く手に取った雑誌を開くと、ある陸上選手の記事に目がとまった。

韓国テグで行われた世界陸上400mトラックに出場した南アフリカのピストリウス選手だ。

彼は生まれた時からの先天性で足に障害を持ち幼い頃に両足を切断。

その後に陸上選手となりパラリンピックでは短距離競技のタイトルを総嘗め、そして晴れてオリンピックに義足のランナーとして出場をする。

雑誌

結果は準決勝4位と大健闘をしたものの義足の彼を褒め称える賞賛がある一方で

「あの義足がバネのようにピョンピョン跳ねて返って有利だろう・・・」といったヤッカミがあると言うのだ。

誠に残念なことだと思う。

いつの時代にも褒め称えたり賞賛する人と、そうではなく妬んだりやっかむ人との二通りがある。

商人の間でもこの二とおりのタイプがいる。

成功者を見ては誉めて尊敬し学ぼうとするタイプと、そうではなく

「アイツさー、もともと親がカネ持ってたんだろう・・・」と、さも自分の実家も金さえあれば成功してたような言い回しをするタイプだ。

実は後者の思考のタイプが可なり多いのだ。

この業界特に・・・。


ならば偉そうに言っている僕はどうなんだ?

常に謙虚な姿勢と思考を意識して実践する日々です。

そして偶に生意気言って、後になって後悔もします。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新台吟味

 
2011/09/13(Tue) Category : パチンコ・業界
今回、吟味する機種はSANYOの

CR聖闘士星矢

未だ新台ゆえにやっと空いた席に腰を下ろす。

データランプを見ると700回転まで回っていて大当り数は0回。

しかし0回とはあるものの小当たりでの大当りは何回か掛かり追いかけた結果の700回転だったのであろう。

このMTMのスペックは1/390で75%の確変継続率。

出玉数は15R×8CとMAXの出玉数は1550発(実際の差玉1400?)。

だが実際は(650発or780発or1210発or1280発or1410発or1490発or1550発)とその時の大当りで異なる。

従って平均すると1200発で所だろう。

でも、よーく考えると(1/390の確率で継続率75%で平均出玉が1200発)だとユーザー側が明らかに不利だろう!

なんか発表値以外での連荘契機でもあるのか?

と、そんなことを考えている間に僕が100回転以上回して800回転に突入。

そこで「小当たりor潜伏確変」を引く。




「小当たりor潜伏確変」を引くも確率変動確率が1/39なのでヘソ・スタートだけだと直ぐに投資は嵩む。

100回転近くになり潜確の信頼性を欠きはじめた頃に。

スーパー・リーチ!




可なりしつこい演出で大当り!





大当り後はブロンズ・クロスの闘士とゴールド・クロス闘士とのバトル・モード。

ブロンズ・闘士の先制で確変継続。

相手攻撃で通常大当りのピンチとなり負ければドボンのお約束のパターンだ。

しかし、これ見事勝っても相手を倒せなければ出玉は約1000発1200発と少なめ。




しかもチョクチョクと中途半端な出玉での大当りが来る。

結局、この遊戯で6連チャンさせたものの箱数は4.8箱と5箱に届かず。

やっぱり、どう考えても打手が不利なスペックだよ。

ん、せめて確率1/340が妥当だろう。

それと演出面で言うならサンセイR&D同様で、期待大のリーチ演出とその後の動向とが全く比例していない。

例えば3回も擬似連してスーパーリーチに発展しない・・・緑の炎で変動し次に赤の炎で変動する「先読み」でスパーリーチに発展しない・・・ゴールド・クロス郡カットインしておきながら何も起こらない等々。

ま、海以外の過激系機種演出のノウハウの無い三洋だからしょうがないか・・・。

ただ、これはダメダメな機械だな。


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

日光へ

 
2011/09/10(Sat) Category : 日記
さて、今週末は家族で日光へ。

子供達には夏休みの期間中、己のアイアンマンの練習のため殆ど夏休みらしい思いをさせてやれなかった。

そこで遅ればせながらの家族サービスだ。

行き先は鬼怒川は日光、日光と言えば東照宮。

小学校の修学旅行以来の東照宮は何とも懐かしい。

五重の塔





本堂。





見ざる言わざる聞かざる。





眠り猫。





境内では結婚式も行われていた。





約30年ぶりの東照宮だったが記憶していたよりも規模が小さかったことに拍子抜けした。

これなら規模のデカさも建造物の芸術性も入場料が無料という面でも千葉の成田山新勝寺が全然見る価値ありと地元愛抜きに思った。

東照宮外の通りも何だか最近の家が所々に建ち陳腐な感じがして歴史が感じられない。

やはり境内外の通りも成田山の方が情緒溢れて良い感じだ。

この評価は確かなので千葉は成田に来た際は是非にも新勝寺に寄って見てください。






明日は日光江戸村だ!


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新たな目標を掲げる

 
2011/09/08(Thu) Category : 日記
過酷な2011佐渡島トライアスロン(アイアンマン・ディスタンス)を終え4日が経ちました。
競技完走者のみ与えられるファニッシャーズ・メダルとポロシャツを眺めながら・・・





一応はこのブログのテーマである「アイアンマンへの道」のミッションは達成しましたので、これからどうしたものか考えております・・・。


なんてね(笑)

僕の本筋であるポリシーはあくまで“チャレンジ精神はいつまでも抱く”・・・だ。

従って、佐渡島トライアスロンもその精神を養うための手段であり通過点でしかない。

可なり大きな手段ではあったが・・・。


更に大きな目標は既に決まっている。

それは世界一過酷なレース、ツール・ド・モンブランだ。

ハセツネやアイアンマンへの出場とそのための練習は全てこれに出場するためのプロセスにすぎない。


この大会、フランスはモンブランの周りの山々を上り下りしグルリと一周するレースで、標高と気温の高低差、距離166キロ、制限時間48時間と世界一過酷な条件で行われる世界最強レースだ。
ツール・ド・モンブラン全行程

この大会を3年後には出場しクリアーを果たしたい。


因みに僕は59歳まではこのエンデュランス系のスポーツは行おうと予定している。

実は10年前の僕も例外になく、この業界人そのものの生活を送っていたのだった。

だが、ある時を境にこの業界お約束のゴルフの一切を止め、それと同時に運動を始める。

それだけではなくタバコも止め、毎日浴びるように飲んでいた酒も殆ど控えるようになった。

この類の趣味や、手を伸ばせば直ぐに得られる快楽等は60過ぎから始めても全く遅くはないと判断したからだ。

よってそれまでの間は精神と肉体を鍛え、自身の弱さや甘えた部分を叩き直そうと思っている。

勿論、勉強もしなくてはならない。



さて、そんな僕の今後の競技予定だが、ツール・ド・モンブランまでのプロセスの中で、どうしてもやり残した競技がある。

一つはロード・バイク乗りたての頃に出場し第2関門でことごとく足切り(時間切れ失格)となった「ツール・ド・沖縄140」とハセツネCUP、北丹沢に続く国内トレイルランニングのグランドスラムの一つ「富士登山競走」の二競技でこれは絶対にコンプリートする予定だ。


だから、これからも熱いギリギリおっさんアスリートの日々を面白可笑しく書いて行きますので乞うご期待を。


それでは明日からは

「・・・中年男のUTMBツール・ド・モンブランへの道」

とブログのサブ・テーマを変更してやって行きますので、これからもヨロシク!







 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

2011佐渡島トライアスロン(当日)

 
2011/09/05(Mon) Category : トライアスロン
まちに待ったこの日がとうとうやって参りました。

思い起こせば5年前、軽い運動から始まり(当時は6キロ走るのが精一杯だった)2008年にアイアンマン・レースに出場する決意をし本格的に練習を始める。

このブログもどうせならと自身のライフ・プランニングの記録と同年代に元気を与えられればと「中年男のアイアンマンへの道」と言うサブテーマで立ち上げた。

正に今日そのエピローグを迎えようとしている。



前置きはさておき早速レースに入ろう。

前日の天気予報が見事に外れ台風は新潟を避けるように北上、奇跡の開催となった。

しかしながら台風の周りの部分は新潟に被っているため風が可なり強くその影響で僕の出場するアイアンマン・ディスタンスのスイム3.8キロが2キロに変更となった。


おっと、気づけばスタート時間が来ましたので、行って参ります。





スタート10秒前。

「みんなー! 鉄人になりたいかー!」

の司会アナウンスが入り、みな一斉に

「うおーー!」

の雄叫びと共に

満を持して


  スタート!

Sスタート

スイム最初の壮絶なバトルが始まる。

人数もさることながら既に鉄人の方と鉄人予備軍達のバトルは女性も年輩も容赦なく襲いかかって来る。

オマケにやはり風の影響により沖に出ると波が大きくうねる。

潮の流れもあり途中何度もコースを外れる。

実は一種目めから足もツった。

Sアップ


そんな状況の中、なんとかスイムを終了。

スイム・ラップ
 49分53秒




お次はバイク。

距離は190キロ。

佐渡島はグルリと一周するコースとなる。

トランジッション・エリアで10分ほどの次競技の準備をする。


そではバイク開始!




この190キロの予想タイムは8時間を見ている。

先は長いため序盤からペースを抑えて行く作戦だ。

と思った次の瞬間、目の前に佐渡名物「Z坂」が。




この坂で嫌でも心拍数を上げる羽目に。

Z坂



この佐渡外周コースはとにかく平地が少なくチョトした山岳コースだ。

丁度、島の反対側100キロ地点で法律軍団の東野コージさんをパス。


さて、作戦通りここから残りの90キロをアクセル上げて行く。

残り30キロの辺りで体はもうボロボロだ。

B.jpg

そしてバイクも終了。

バイク・ラップ
 7時間49分



トランジッション・エリアでの準備を済ませ最後の種目のラン・フルマラソンの開始!

開始早々に法律軍団のキクチ弁護士に追い付く。



(前の方がそうです)


ランのコースは内陸に入る田園コースが主だ。

開始からだが足が全く上がらない。




途中のハーフの地点タイムで2時間40分。

R.jpg


時速約7キロチョイのペースってところだ。

日も暮れ始めラスト10キロの戦いに備え吸水所で梅干し、バナナ、オニギリとあらゆる物を腹に入れる。




最後はランなのか速歩きなのか見分けの着かないフォームで夜の佐渡をただひたすら黙々と走る。
そして会場近くの佐和田の商店街に。

沢山の地元民の方達の声援で迎えられる。




まちに待ったフィニッシュ・ゲートが。





  ゴール!

RG.jpg


ラン・ラップ
 5時間26分


トータル・タイム

14時間06分14秒
498位/完走者700人中



辛かった~、でも楽しかった~!

これで僕も晴れて鉄人の仲間入りだ!




<PS>
競技翌日、足を見ると左足薬指の付け根がボッコリ腫れていました。

恐らく疲労骨折かと・・・。

そんな足を労りながら
帰宅すると、想像もしていなかったサプライズが。

子供達自作のゴール!




足は腫れてはいるが心も晴れる、そんな気持ちになれる瞬間でした。

さて、来月はハセツネCUPだ。

しかし、来月に出場できるかな?




 
コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
 
 

いざ、決戦の場へ! (佐渡トラまで後二日)

 
2011/09/02(Fri) Category : 日記
北朝鮮、負けた!

まぁ、あのレベルの差で良くあそこまで守ったよ。

あの気迫は充分評価すべきだろう。

それではサッカー観戦が終わったところで僕は新潟は佐渡島向けて出発します。




当日はスイムはカットでほぼ濃厚。

仮にそうでも精一杯がんばろう。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン (佐渡トラまで後4日)

 
2011/09/01(Thu) Category : マラソン
さて、佐渡島トライアスロンまで後4日。

この日のために準備は完璧か?と言えば決してそうではないが僕なりには仕事と家族の時間の合間を縫ってやれることはやって来た。

後は体が鈍らないように少しずつでも動かなくては。

今日からは1キロ前後をマッタリと時速8キロ程で走っては時たま20メートル程のダッシュをする。

後日に筋肉痛にならない程度にだ。

しんまら


アイアンマン決戦会場へは金曜日の北朝鮮vs日本戦を見終えてから車で新潟へ経つ予定だ。

サッカーも気になるが、それよりも10倍は気になる出来事が。

佐渡島トライアスロン当日の日曜日の台風予想が新潟の真上にあると言う事だ。

頼む!お願いだから当日はスイムはショートカットってことにはならないで欲しい。

嵐の中のスイムも御免だが・・・。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。