プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

剣岳登山 (佐渡トラまで後7日)

 
2011/08/28(Sun) Category : 登山
さー、今日は毎年恒例の

「アルプスの全ての山をコンプリートするぞー!」

の第3段。

今回挑む山は念願の「剣岳」だ。

勿論、登山パートナーはAMEGROのアニキとだ。

ケーブルカーとアルペンバスに乗って登山道入り口である室堂へ到着。

室堂到着

それでは早速の登山開始!

室堂の地獄谷を通り

地獄谷

地獄谷を抜けテント場を抜けると早々に登山に入る。

先ずは最初の峠である剣御前へと登る。

一服剣へ

アルプスの名峰を登るには基本的に目的とする山に辿り着くまでに幾山を乗り越えなくてはならない。

ボクシングで言うチャレンジャーがチャンピオンに挑む時、いきなりは対戦出来ず何人かの有力選手を倒し対戦権利を得るのと同じだ。

この「剣岳」も同様で目的の剣岳に登るにはその前に剣御前を登って下り、次に一服剣と前剣を登り下りしてようやく剣に辿り着けるのだ。

これがアルプス登山が富士山より標高は高くないが距離、危険個所を合わせると難易度が高くなる理由なのだ。

2時間以上を掛け剣御前小屋に着く。

剣御前小屋



先来た道を見ると、こんなにも標高を上げて来た。

剣御前から室堂



向かう先を見ると目的の剣岳が遠くに見えるが天辺が雲で見えない。

今からこの登って来た剣御前をあの下の谷底まで下る。

あれが剣




下山途中の季節外れの万年雪。

万年雪



剣御前から約1時間掛けて今夜のお宿である

「剣山荘」へ到着。

剣山荘


明日の難関クリアーの無事を祈り

「カンパイ!」

カンパイ



「ZZZ・・・」


さて、二日目の朝を迎えました。

現在、時刻は3時30分。

この時間からアタックを仕掛ける。

前日とは打って変わって帽子を脱ぎヘルメットを装着。

落石防御のためだ。

ヘッドライトを付け外へ出ると既に登山者で一杯だ。

剣出発小屋外


暗い内に難易度的にはまだ低い一服剣を超える。

一服剣を超えた辺りから薄く日射しが山岩を照らす。

上り1



前剣が見えた。

上り2前剣


前剣を山頂へ到着すると丁度良いタイミングでご来光が拝めた。

上り3前剣ご来光

難関前の暫しの癒しだ。



さー、それでは国内最難度の剣へ

いざ、出陣!

前剣を出発して早々に剣最初の難関が僕達を迎える。

上り4最初の難関


「えー!いきなりこれかよ!」

上り5最初の難関2

足を滑らし滑落しようものならグッバイ・サヨナラ~だ。

鎖を持つ手に必要以上に力が入る。


やっとの思いで第1の難関を越えると息の付く間もなく第2の難関が

上り6第2難関

これは想像以上に高度感がありスリル満点だが恐怖感が神経をピリピリさせる。

因みに今シーズンこの剣岳で6人の死者が出ている。

負傷者も含めると決して少ない数ではなく、その情報が余計に恐怖を倍増させた。


さて、そうこうしている内に剣岳の最も有名な難所の一つ「カニの縦ばえ」に差し掛かる。

上り7カニの縦ばえ

何で「カニの縦ばえ」かって?

それは全長50メートルの断崖絶壁を登山者が登る様がカニが縦にはっているように見えるからだ。


僕の番が来た。

それではいざ!

上り8カニ縦2

登って分ったことだが、このカニの縦ばえは鎖こそあるが、ほぼ一枚岩でなっており足場を確保するポイントが可なり少なく泣きそうになる。


カニ縦ばえ途中のAMEGROのアニキ。

上り9カニ縦3


縦ばえはまだまだ続く。

上り10


恐怖度90%を満喫し、ようやく落ち着いた所で剣頂上が見えた。

上り11頂上見える


そして、剣山荘から約3時間掛けて頂上に到着。

頂上


景色は御覧のとおりの絶景。

頂上2絶景

これだから登山は止められない。



さて、約15分の休憩を取り下山開始。

そう、またあの難所を下りるわけだ。

下山早々に待っていなのが先ほどの「カニの縦ばえ」を逆側にトラバースする「カニの横ばえ」だ。


ここも勿論、落ちたらグッバイ・さよならの難所で最初の右足の足場確保ポイントを見付けるのに可なりの恐怖を味わう場所だ。

下り1カニ横

これも怖かった~。


お次も中々の鎖場。

下り2鎖場


一難去ったらまた一難。

今度は10メートルはあろう鉄梯子。

下り3鉄梯子


ようやく前剣へ到着。

下り4前剣、剣バック

後ろに見えるのが剣であれを登って来たのだ。


この最終難所を越えれば取りあえずは無事の登山は確保できる。

下り5最後の鎖場

そして、登り下りの全ての難関を通過。

気付いたら水が空っぽだ。


こんな時は岩山に生える木イチゴを見付けて。

下り6木イチゴ発見


山から頂く。

下り7木イチゴ食す



エネルギーを確保したら後は麓の室堂まで一気に駆け下りる。


そして麓に到着。

ゴールへ到着


AMEGROのアニキは恒例の雪解け水への足浸けを。

足を浸ける

そして余りの冷たさに10秒で足を水から上げる。


そんなこんなの剣岳登山でしたが、因みに僕達が登ったこの日も二人が落石で重傷し一人が滑落死(ヤフー・ニュース)をしている。


ですが慎重に登れば中級者なら誰でも登って来れる山です。



「だからみんなー! 山へおいでよー!」

終わり
※(漫画「岳」風に言ってみました)


さて、後は来週のアイアンマンだ!




スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

仲間の誕生日 (佐渡トラまで後10日)

 
2011/08/25(Thu) Category : 日記
今日は仲間(店長)の誕生日。

と言っても僕は気付かず、サプライズ祝いを準備していた他の仲間に教えられそれを知った。

事務所の灯りが消され本人は驚き???

と次の瞬間、ケーキを持ったスタッフ達が登場しハッピー・バースデーを合唱!

MG3


今日付けで彼は30になった。


所でこの直前まで彼とは晩飯を食べながらプライベートの話になり、偉そうにも40しかならない僕がウンチクを唱えていた。

誕生日だったなんて、知らずにゴメンな!

でも、デスクの上の部下から頂いたプレゼントの山を見ると

MG2.jpg


「君は皆から支持されているんだな~!」と心から歓心する。


後、5回の誕生日祝いをされる前には結婚しろよ!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

富津は鹿野山へ(佐渡トライアスロンまで後12日)

 
2011/08/23(Tue) Category : ロードバイク
今日は輪番店休を利用しての最後のロングラン練習。

佐渡島の「Z坂」を意識してのヒルクライム練習をしに富津へ。

それで早速のスタート!

いつもの千葉港から一気に君津へと下る。





お目当ての鹿野山の麓へ約2時間半かけて到着。

ここがヒルクライムのスタート地点となる。




ここまでの距離が56キロでアップと言うには余りにハード過ぎるが、これが良い練習になるのだろう。




それでは、いざスタート!





この鹿野山ヒルクライムは鹿野山山頂までの距離が約7.5キロで千葉県内では最長のヒルクライムで普段はヒルクライム好きなサイクリスト達で賑わうのだが今日は人っ子一人いやしない。





それもそのはず、今日は平日と言うこともあるが、昼過ぎから朝方とはうって変わってのドッピーカン!

暑い日差しが容赦なく体力を奪う。

途中の通過点であるマザー牧場付近の森林道で少し助かる。





マザー牧場へ到着。

ここまでの距離は4キロ。





アクエリアスを補充し残りの3.5キロを目指し鹿野山山頂へ!





ふと横を見ると素晴らしい眺めが顔を出す。





山頂へ到着!

疲れた〜!


山頂には「鹿野山神社」があり本堂に一礼し門番には毘沙門天様が祀られていたのでアイアンマン完走悲願を願うため合掌を・・・。






さーてと、今から幕張まで帰るぞ〜い!





鹿野山から約3時間掛けてゴールである千葉港駅のサンクスへ。

最後はガリガリ君でフィニッシュ!

ゴール


今日の走行データ。

総所要時間;7時間30分

距離;123キロ

時速アベレージ;25キロ

本日最高速;71キロ

実質走行時間;4時間56分
(休憩時間、信号待ち除外)


そんなこんなの鹿野山ヒルクライムでした。


あ〜、死んど・・・。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第6回手賀沼トライアスロン大会(当日)

 
2011/08/21(Sun) Category : トライアスロン
さー!

とうとうこの日がやって来たぞー、手賀沼当日・・・

て、雨だよ・・・。





実は今朝カーテンを開け、滴る雨を見た瞬間から可なりのモチベーション・ダウン。

重い足取りで自宅を出たのであった。


会場に着き、トランジッション・エリアにバイクを置き一とおりの準備を済ますも、この期に及んで未だ気がめいている。





しかし、今まで何気なく流れていたアナウンスから、目の覚める衝撃的な選手の紹介があった。

今大会の出場最年長選手の紹介だ。

一般男子 75才。

一般女子 73才。

「参りました!」

この瞬間、やる気の失せていた自分に反省、気持ちに気合を込めっる。



それでは時間が来たのでスイム、行ってまいります。






国内で行われるトライアスロンの大会で一番の汚さを誇る手賀沼に早速の入水。

スイムイン


それでは競技

   スタート!

スイムスタート

今日のスタートはバトルを避けマッタリと。

水面下は透明度0.5%の暗黒の世界だが、さすがに3度目の手賀沼なので落ち着いて泳げた。




スイムアップ

スイム・タイム)00:37:27

全くのイーブンタイムだ・・・。



次はバイク。




今回のバイクではノン・ボトルで挑む。

天候がこんなんだからね。

バイク


案の定、喉は全く渇かず逆にトイレが物凄く近かった。
(バイク中、一度トレイルに駆け込む)


そして、バイクの終了。

バイク・タイム)01:25:51

(前回のバイクタイムが10分台だったので、今大会がどれだけ風が強かったかがタイムで見て取れる)


最後のラン・開始。




雨と風はバイクにとっては決して良いコンディションではなかったが、ランにとっては最高の好コンディションになる場合もある。

バイクのタイムは不甲斐なかったがランでは結構トバせた。

そして最終種目のランの

     ゴール!

ラン

ラン・タイム)00:44:31

やはりランは満足の行くタイムをマークできた。

因みに今回のラン・タイムはトライアスロンで出した中での最速タイムだ。

トータル・タイム)

  02:47:49




競技が終わってみれば

「出て良かった!」と今になって心から思おう。

しかし、今からのトランジションエリアの後片付けを考えるとゾーとする。

そんなこんなの手賀沼トライアスロンでした。




さて、後は2週間後の佐渡アイアンマンを待つだけだ。

それじゃみんな明日からも

「元気出して行こうぜ!」


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

鋸山麓の「ばんや」(手賀沼トライアスロン前日)

 
2011/08/20(Sat) Category : 日記
南房総は館山、鋸山麓の港にやって来てます。




今日は明日のトライアスロンのための体力付けにと「ばんや」へ足を運びました。





ここは目の前の市場で水揚げされた海の幸を素材にした食堂で銚子の「一山いけす」に並び常に大勢の人達で賑わう行列食堂だ。


入り口に入ると生きた蟹や伊勢エビに子供らは大興奮。





豊富なメニューに圧倒されるも来た時間が閉店間近だったので売り切れの赤札だらけ。





それでも満足の行く海の幸をいただく。





このキンメの唐揚げは美味しかった~!





さて、明日のトライアスロンは雨のようだ。

止めるか?

いやいや、やりますよ。

それでは!







 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

You are NOT aloneリストバンド入手(手賀沼トライアスロンまで後3日)

 
2011/08/18(Thu) Category : 日記
親戚の兄から新たなリスト・バンドを頂いた。

今回の震災のためにトレックが立ちあげた復興支援
You are NOT alone~ひとりじゃない プロジェクトのリスト・バンドだ。

バンド

白地に赤い字なのは日本の国旗をイメージしているのだろう。

ビジュアル的には格好は良くイケている。


元々ぼくが着けているランス・アームストロング財団
リブ・ストロング・バンドと一緒に着けるとこんな感じ。

はめると


2本同時に着けると何だかケバく、これ見よがし的な感じでNGだな~。

只でさえ、僕の業界の人達は手首にジャラジャラ系が多いから尚更だ。


その時の競技の感じでハメ替えをするとしよう。








 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新兵器テスト試用(手賀沼トライアスロンまで後4日)

 
2011/08/17(Wed) Category : マラソン
いつものようにローラー台を30分回し、いざ!RUN開始。


今日は本番(アイアンマン)前の慣らし大会(手ヶ沼トライアスロン)のための最終調整追い込みで10キロ。

勿論、タイムを狙う。

と、その前に・・・、アイアマン本番で使用できないものかと、今話題のコールド・タオルを試用してみることに。




今日のコース・コンディションは風はなく湿度が亜熱帯並で無性に暑い。

コールド・タオルの効果はと言うと嬉しいほど冷たいわけではなく体温よりかは若干低いくらいで、あるに越したことはない程度の物だ。

後はその程度のヌル冷えを選ぶか、タオルの重みである数グラムでも軽くするために外すか迷うところである。


今日のタイムは45分ジャストでこの暑さの中では上出来だ。




あ~、アツ。

多分、つけね~な。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

勝手にツール・ド・房総(手賀沼トライアスロンまで後8日)

 
2011/08/13(Sat) Category : ロードバイク
さて、今日はさすがにアイアマン本番前に190キロ以上走らなければと、房総横断決行!

6時に起床し支度、それではイザ!

先ずは16号線を市原まで下りる。




市原に着くと左折し養老渓谷めざし内陸へ。


直ぐに山岳コースに様変わりし養老渓谷に到着。







ここから鴨川市にある日蓮上人でお馴染みの清澄寺までは長らくヒルクライムが続く。
ヒルクライム千葉





何とか清澄寺に到着。




ここから安房天津駅までダウンヒルが続く。




鴨川シーワールド到着!




昼近くになるとピーカンに。

何だか嫌な予感が・・・。


案の定、強い日差しが体力とスタミナを奪う。


たまらずアイスをとコンビニへ。

ついでに昼飯を。







南房総最南端へ到着。



しかし、ここでたまらず30分以上の休憩。



館山を過ぎ鋸山を通過。





日が暮れ始めて、ある事に気付く。


「マズい、点滅灯を忘れた!」


ここから暗闇になる前に何とか千葉市街地へ出なくては。


夜間装備なしでの走行を1時間ばかししてしまったが何とか自宅に到着。


今日の走行データ。

走行距離。
229キロ

所要時間。
12時間

実質走行時間。
(休憩時間、信号待ちを除く)
9時間15分

平均時速。
24.7キロ






今日は本当に疲れた。

しかし、この状態からフルマラソンだろ?

出来んのか?オレ・・・。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

CR銀河鉄道999吟味

 
2011/08/12(Fri) Category : パチンコ・業界
本日はCR銀河鉄道999を吟味。

スペックは1/368と少々辛目。

ただ、その代わりに約1/3の割合のスーパー・ギャラクシー・ボーナスで当たると大当たり出玉が2000発を越える一撃台だ。

だが、やはり初当たりの辛さが気になる。

と、遊技を開始し2度目のスーパー・リーチ。

そして噂の鉄郎ギミック出現!





見事、大当たり!


先ずは確変大当たり!




ここからは確変16R35%、確変11R32%、確変出玉無し3%、通常11R30%で見てのとおり主に11Rのループで、大当たり演出中の途中とちゅうに確変昇格のチャンスがあり、ハラハラする演出となっている。


結局、二度目に通常大当たりを引きおしまい。


んー、演出の出来は良いのだが、やはり初当たりの確率が辛いなー。

まぁ、巨人の星ファンが打つ機械かな?

僕の評価は普通だな。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ミリオンGOD吟味

 
2011/08/10(Wed) Category : パチンコ・業界
噂のミリオンゴットが満を持して市場に出ました。

この機種はゴッドシリーズの第三段で初代機は一時、多額債務者や家庭崩壊、パチンコ依存増加やスロット出玉規制の原因機とありとあらよる問題を引き起こし、社会現象にまでなった機械だ。

早速、吟味。

7Kで最初のART。





しかし1セットで終了。

だが1セット100Gゆえ約180枚獲得。

ここから、この獲得枚数と13Kがストレートでのまれた。


発表どおりベースも可なり低くものの30分でやられた。

2万円以上はやらないのがマイ遊技鉄則なので今日の遊技はここまで。

また日を改めて吟味の必要があるがこの台、久々にヒットの予感が!?

今後の懸念としてはハイリスク・ハイリターン好きには受けが良いのは間違いなく今後パチンコのMAXスペックからの店内移動が考えられる。

よって、このゴッドの動向は常にアンテナを立てる必要があるだろう。

まぁ、その前に導入店は当面の緑ドンの稼働低下を予測しての営業を仮説立てする必要があるだろう。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

佐渡島アイアンマンの最終案内届く

 
2011/08/09(Tue) Category : 日記
佐渡島の最終案内、レースナンバーと大会当日の詳細、スケジュール等が届いた。

レースナンバー

当日まで残すところ、あと27日。

1ヶ月を切りはじいめてから、ここ最近になり「本当に完走出来るだろうか?」といった不安感に襲われる時がある。

たしか“ハセツネCUP”に初参戦する時と同じ現象だ。

今のところ、スイムは余力を残しての3キロ泳をこなし、ランは先月の“北丹沢山岳マラソン”が自信になっている。

後はバイクのロング・ディスタンスだけだ。

今週はそのために自宅の幕張を出て⇒養老渓谷⇒勝浦⇒鴨川⇒千倉⇒館山と九十九里から南房総を舐めるようにグルっと一週しよう。

で、大会当日までの残りわずか期間内に不安材料を取り除いておかなければ。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

山中湖 忍野八海

 
2011/08/07(Sun) Category : 日記
またまた、今シーズン3度目となる富士へやって参りました。

えっ!? また登るのかって?

いえいえ違います。今日は家族サービスで山中湖へやって参りました。

目的地はここ忍野八海

過去に娘と自転車の競技でここへ訪れた時、娘との会話の中で、是非オンマ(お母さん)と弟を連れて来たいと思った場所で今日それが実現した。



ここは結構有名な観光スポットで今日も沢山の観光客たちで賑わっていた。





ここは富士の雪解け水が地中深く流れ、途中とちゅうで濾過されて湧いて出てくる場所なのである。



溜め池の中に魚の大群がいるのが確認できるだろうか。

水が澄んでいるばかりか可なりの数のニジマス達がウヨウヨと泳いでいるのも必見だ。

豊富なミネラルと人から貰う餌のせいなのか錦鯉のように鱈腹肥えて馬鹿デカイニジマスにはいつ見ても驚く。


透明度100%に近いので5メートル以上にもなる池の底が見え、それが子供達には怖いようだ。




メインの10メートルの池。



ここは今から約20年前に横穴の水中撮影のためNHKのダイバーが潜水し進入経路を見失い命を落とした場所でも知られている。

10メートルの池底が見える。

これは流石に僕も怖く・・・いや、泳ぎたくなった(笑)



そんなこんなの家族サービスでした。




子供達よ!

来月はテント張ってキャンプだぞい!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

CRリング・呪いの7日間 吟味

 
2011/08/03(Wed) Category : パチンコ・業界
今日は先日のアラジンに続き藤商事・CRリングを吟味。

スペックは381のMAX確率に100%確変突入のST74回で大当たりは5R、10Rと16Rの振り分けだ。

基本はアラジン同様の10Rの連チャンが主だがアラジンと違って100%の確変突入の帳尻合わせは5Rの存在だろう。


早速、角台が一席空いたので遊技開始。

今日は大当たりは期待せずにいたが4Kでいきなり超激熱のデンジャー柄!






ロングスペシャル演出!





見事、大当たり!




この後、4連チャンで終了。


個人的な感想だが大当たり中の演出はまぁまぁ面白かったかな?

だがMAXタイプには代わりはないので中古導入は慎重に検討したい。



最近、STタイプの人気が上がりつつある中、それとMAXタイプを合わせたタイプが市場に並べられつつある。


それと同時にホール関係者もこのタイプが今後ウケるのかどうかに予測を立てる。


しかし、人の記憶は直ぐ消されるせいか、過去にこれと全く類似するスペックが出ていたことを忘れているようだ。


MAX確率に100%確変突入のSTタイプは「パトラッシュ」や「シャカラッシュ」で。

MAX確率に約80%の確変突入でSTは「バーン魂」などが既に市場に出て善し悪しのデータは出ていて僕の記憶が正しければ一部のMAX好き層(コア層)にだけウケていたはず。

ただ気になるのは、その当時のパトラッシュ系の機種は皆セグデジタルだったことだ。


何はともあれ、今後このMAX・STの導入を考えているのであればパトラッシュ系が全盛だった時の状況がどうであったかを今一度フィードハックし、自店の客層に合うかどうかを照らし合わせ判断すべきだろう。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン、満を持して家内登場!

 
2011/08/02(Tue) Category : マラソン
いつものようにローラーを回し終えマラソンの準備を。

しかし、今日の深夜のマラソンは何かが違う。

そう、満を持して家内が登場!



何に触発されたのか、今日から自分もマラソンをすると張り切っている。

ならば初日の今日は俺がレクチャーすると一緒に走る。


家内から海岸まで行きたいと片道3キロを先ずは目指す。

600Mを差し掛かったところで最初のレクチャーをと後ろを振り返ると

家内は無言で左折し家に引き返していた。




結局、一人で海岸へ。




あいつは一体なにがしたかったんだ?




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。