プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

CRアラジンNEO

 
2011/07/31(Sun) Category : パチンコ・業界
噂のCRアラジンNEOを吟味。

某ホールへ足を運ぶとボックス導入で数日が経つというのに百烈以来の久々の高稼働台だ。

スペックはMAX確率の確変図柄での大当たり確変突入とSTの混合だ。


座って5Kで大当たり。
確変に昇格しスーパーアラチャン!




ここからは10Rと16Rのランダムに連続して当たる。


10R内に通常大当たりが含まれていてスーパーアラチャン昇格までがハラハラドキドキするゲーム制だ。



しかし大当たりのメインは10Rが主のようだ。

演出はガロのパクリだな。

遊戯してみての僕の感想だが、STを絡ませた造りにはなっているが、やはり初当たり381の確率は辛すぎる。

一部のMAXファンにとっては待望?の機械だが今の全般的なユーザーのニーズではないと思う。

SISでは未だ高成績だが今回のアラジンNEOユーザー視点で見るなら3円前後の交換率のホールは焦って中古台には手を出さず様子を見ることが必要かと・・・。



スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ハード・トレッドミル

 
2011/07/30(Sat) Category : スポーツ
さて、ノープランの初日目。


昨日、今日の予定と急遽ネジ込んだハード・トレーニングの準備に取りかかる。


バッグにウェアを詰め込み昼飯の準備。

辛ラーメン二人前。



あ、誤解のないように。
本来、こんな物は絶対食べませんがハードトレーニングの前は別。

高カロリーを摂取するための辛ラーミョンです。
でも久々に食べたら、うんめ~!



ジムに着くと土曜の昼なのにも関わらず意外と人がいるの驚く。


先ずはスイム。



今日のスイムは未知の距離、3キロに挑戦。

ノン休憩で1時間20分。

ん~、本番の3.8キロは1時間40分でスイムアップかな?


お次はエアロバイク。




漕いで間もなく汗が滴る。

外を眺めながら今日の夜の予定のシュミレーション。

誰か俺の相手してくれないかなー?




てか、美味いもん食いてーなー。


ローラーを1時間回して、この後にランニングマシンで6キロ。

10キロを予定していたが電池切れ。

トドメは地獄の筋トレでフィニッシュ!


ジムに5時間もいたのは初めてだ。


因みに今日のこのトレーニングで2.5キロ体重を落としました。


さて、今日はホルモンな気分だな!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

剣岳登山延期

 
2011/07/29(Fri) Category : 日記
明日は毎年恒例の北アルプス登山「北、中央、南アルプスを全てコンプリートするぞ!」の第3回目の日。


だったはずなのだが明日の富山の天気は雨。

明後日も曇りで雨も降るかも。

難易度にもよるのだがアルプス登山は原則として雨の日は山頂が間近でも潔く登頂を見送る。

「山は逃げない」

の言葉が山男達の合い言葉だ。


今回の相手は国内屈指の高難度の剣岳と言うこともありAMEGROの兄貴と悩んだ末の8月末に延期。

準備したザックの中身をまた外に出して、更にまた中に積めるのは余りに時間も掛かれば面倒なので1ヶ月間はこのまま寝かせておこう。





しかし、どうしよう。

本来、僕は今日の夜中から月曜の夕方まで登山で家にいないよてい。

よって家内の遣り繰りで息子はお婆ちゃん家、娘は林間学校、嫁も用事を入れ3日間家には誰もいない。


「まずい、予定がない」

とりあえずNHK録画して置いたアルプス空中散歩を見ながら考える。




よし!

先ず午前は泳ごう!

して昼は自転車だ!

んで夕方は走ろう!


で夜は・・・
飲みに行こう!




でも待てよ!?

明後日は?



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

富士登山(自社研修編)

 
2011/07/26(Tue) Category : 登山
またまた富士山にやって参りました。

今日は輪番店休を利用した富士登山社内研修、通称「福田塾」。
(自由参加制)

と言っても僕は3日前に登ったばかりだけどね。

参加人数は僕を除き8名。

ルートはこれまた3日前と同じ富士宮口ルート。



弊社F田課長以外は皆さん初挑戦。

では早速のスタート!



序盤は話し、笑う余裕がある。


途中、7合を辺りから会話に沈黙が混じる。



天候は雨こそは逃れたものの空は曇りで冷たい風が彼らに試練を与える。

すると8合に届く前に列が千切れ始める。



体力のあるS藤さんは単独で先に行き、メタボ組はF田課長が引き連れ先に行く。


ここで一人の仲間が体調不良を・・・。



続いて今回参加唯一の女性も。

男性社員は何とか復活したが女性社員の方が・・・。

高山病ではないようだが、ここは下山を決断。

現在位置が9合目で悔しい決断だが、よくぞ勇気を出した。




僕は3日前に登頂したばかりなので下山のお供をかって出た。

結果がどうであれ、チャレンジしたって事が凄いんだよ!

来年、またリベンジすることを約束し楽しく富士を下山した。



登頂組はと言うと帰りは御殿場ルートでの下山なので御殿場口5合で待機。


麓から見ても大砂走りで砂煙を出して下りてくる仲間達を見て羨ましく感じた。



彼等の到着まで2時間ほどあるので本日お楽しみ、御殿場5合での

「ガッツ飯!」


(アフロ飯のパクリ)


因みに富士に登ったのは今日を入れて5度目。

さすがに飽きた。

もう俺はいいだろう。


でもね、仲間のためなら何万回でもお供するよ。




そんなこんなの楽しいたのしい富士登山研修でした。




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

富士山トレイル・ラン(富士宮口)

 
2011/07/23(Sat) Category : トレイルラン
今年もやって参りました、AMEGROの兄貴の経営する会社主催の富士山登山。

今年は東京遊技部会青年部も集まり賑やかな一行となった。

てな訳で早速富士宮口へ。




毎度のことだが初心達の多いこのツアー、みな不安顔。

僕はと言うと今回は富士宮ルートと言うことで比較的難易度の低いコースなので火口一周と宝永山の寄り道コースを。

それでは早速5合目スタート!

スタート時刻は2時30分。

ご来光は9合手前でお目見えかな?


だが結局2時間08分で頂上到着。




頂上でのご来光は格別だ。



と、余韻に浸る間もなく次のミッションである火口一周へ。


ここで朝飯のおにぎり二つとソイジョイ2本を口にカチ込む。




初のお鉢周りだが、これ抜群に楽しいよ!




途中の御殿場ルートの10合はご覧の通りの盛況ぶり。




そして、約40分で火口一周を完了し後は宝永山目指して下るだけだ。


時刻は5時。

混み始めて来たかな?



新9合目までは慎重に下る。

その新9合で今回の登山研修の主催会社社長AMEGROの兄貴と交差。
新9号

兄貴は今日は何だか体調がよろしくないようだったが、それでも僕の次の登頂順。


それでは、気を取り直して

GO!





約1時間30分で6合に到着しいよいよ念願の宝永山へ。




あの右の山がそうだ。

一度降りて一気に登るのだが結構な勾配だ。




登りに差し掛かり分かったのだが地べたが土ではなく少し大きめの花崗岩のため足をかなり取られ全く前に進まない。

その横を自衛隊の人が二週間後に行われる富士山駅伝の練習で小刻みなピッチで過ぎ去る。



僕もそれを真似て40分掛けて何とか目的地である宝永山に到着!


見よ!この絶景を!



しかし、この宝永山は先ほどの富士頂上とは打って変わって人っ子一人いやしない。

でもね、ここは必ずコンプリート必至の穴場ですよ。

この後、6合に戻り本日の富士登山は終了。

合計タイムは5時間33分。

そんなこんなの富士登山でした。

因みに明明後日は弊社主催の富士登山です。



ーーーーーーーーーー
PS
あっ、そうそう。

宝永山へは富士宮ではなく御殿場ルートから行くことをお勧めします。

下って行けますので。




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

CR八丁堀の七人

 
2011/07/21(Thu) Category : パチンコ・業界
パチンコ店にやってきました。

ひと通りホールを見回した後、特に吟味する新台もないので、そのまま帰っても良かったのだが、目の前にある遊技台にさりげなく座る。


CR八丁堀の七人

少々鮮度が落ちた今更台だ。

なんでこの台に座ったかの理由は分からない。

あるとしたなら僕が唯一好きな時代劇がこの八丁堀の七人なので無意識に座ったのだろう。


すると千円で擬似連3連発。

特に期待もせずに台を見ていたら巨大御用だ!ギミック落下!




「え!?まさか?」


と思っていたら




大当たり!




んー、八丁堀の七人ファンとして言うなら、もっともっと熱い演出が出来るはずだ。

藤商事はCR暴れん坊将軍止まりだな。

是非、京楽に造って欲しかった。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

最近あみ出したスペシャルドリンク

 
2011/07/19(Tue) Category : ロードバイク
いつものように狭く暑い室内で黙々とペダルを回す。

因みに僕の目線から見る室内。



あの正面のドアをジーと見つめてひたすら漕ぐ。

ローラーを回す1時間内にボトル1本は無くなる。

どうせなら只の水ではなく美味しい物がいいと最近あみ出したスペシャルドリンクがある。

ゼロ・コーラと水を割っただけの物だがこれが美味い!



生き返る。

是非お試しあれ。


---------
PS

今日、三個目のヘルメットを購入した。



転職?

いいえ、剣岳登山の準備です。



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

お台場合衆国へ

 
2011/07/17(Sun) Category : 日記
今日は初となる「お台場合衆国」へ。




子供達を連れて行くネタがなくての苦肉の策ってのが本音だが。

先ず駐車場をイクスピアリに停めメイン会場までが本当に遠くて、ここでもう既にバテてしまう。

会場はご覧の通りの人だかり。




写真中央に見えるのはアニメの「ワンピース」の乗る海賊船をモチーフにした大型模型で船の上から滑り台で降りてこれる作りだ。

それ滑りたさに1時間以上の長蛇の列。

小学校3年になる娘も流石にこの列を見て拒絶をしてくれたので助かった。

しかし、この日は暑い。

おそらく38度はあったと思う。
20110717112825.jpg


メイン会場の奥には水遊び場があり暫しここで水遊び。

いかにも仮設感溢れるチープな作りなのか珍しく子供達から早く水から上がってきた。




この後はフジテレビ本社屋にも遊びに行って本日のお遊びは終了。

因みに「お台場合衆国」の僕個人的な採点は30点

テレビ好きな“ミーハー”にはたまらないと思うが、そうでない人はお勧めならない。

僕のような芸能人や人気番組の限定グッズには全く興味がない人には、只々人が多過ぎるだけで屋台の食べ物も飛び切り美味しいわけでもなく熱い思いをするだけで終わってしまう。

因みにメイン会場への入場料は大人1500円、小中学生1300円とかなりの割高。

大人800円の小中学500円が妥当だよ・・・。

そんな何しに行ったか今一分からいないお出掛けでした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のプチ・デュアスロン

 
2011/07/16(Sat) Category : マラソン
いつものようにローラー台。

室内は風も吹かず熱気もこもり必然的に加齢臭で窒息するので1時間が限度だ。

半分の30分もやると、このとおり滝のように汗が滴り落ちる。




先日、読んだ「アイアンマンのつくり方」で記されたとおり、ハムストリングを使わずに腹筋と表の腿筋でペダリングを。

既にペットボトルを2本空かしている。

1時間のノルマを終えお次はラン。

今日は11キロ。

ローラーを1時間回したが脚力に負担は感じなかった。

だが6キロ地点のラップが31分と普段より3分遅い。

脚力的には問題はないのだが、とにかく「暑い!」


この後もペースは上がらずゴール。




11キロのタイムは54分。

平均タイムよりも4分も遅い。

「こんなんじゃ佐渡本番はマズいな」


しかし今日の練習は暑かった。

よって、今日のマッタリタイムはいつものノン・アルコールに抹茶みぞれ添えて。



「ん~、さいこー!」


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2011/07/15(Fri) Category : 読書
今月の読書はビジネス書ではありませんが大変良かったので紹介します。

著者:彦井浩孝

「アイアンマンのつくり方」


リンクに表示されるテキスト


内容はアイアンマン完走を目指すため、日々練習に明け暮れるビジネスアスリート達が普段のビジネスの傍ら、限られた練習時間の中で、どのようなトレーニングを積めばより効果的な成果を得られるのかを運動生理学博士と同時に自身もトップトライアスリートとしての研究と経験に基づきアイアンマンをサイエンスで捉えた大変勉強になる一冊だ。

※アイアンマンレースとはスイム3.8キロ、バイク190キロ、ラン42.195キロを一度に走破するレース




本書を読んで初めて知ったことがスイムにも自転車で言うドラフティングが有効だということ。(ある選手の真後ろを泳ぐと空気抵抗ならぬ水の抵抗を軽減できる)





そして、バイクでは水分補給、糖質補給、電解質補給の摂取作戦が重要な事と、ここまでのスイム、バイクを如何に体に付加を掛けずにクリアーし最後のランに繋げるかが重要でその方法が記されている。





本書の第6章は国内の伝説を残したトライアスリート達のインタビューとなっており、僕が個人的に気に入った文章の幾つかを抜粋します。


「非常識なことをしないと強くなれない。
トライアスロンの原点は我慢、楽しちゃいけない。」
           中山俊行


魂を入れない練習はただの「作業」でしかない。
「2番だけど、がんばったから許して」
それでは、プロとは言えない。
           宮塚英也


ん~、スーパー・ストイックだな。

でも言葉の意味とストイックさはビジネスで言う強い理念を持って自身の描いたビジョンを必ず達成させる経営者にとって必要な心得に非常に通ずるものがあるなと感じた。


でも、やっぱこれは変態の書かな?(笑)



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

久々の屋外練習

 
2011/07/12(Tue) Category : ロードバイク
外はピーカンの天気。

今日は前々から屋外での練習と決めていた日なのでバイクをローラー台から外して久々の屋外へ。



佐渡まではもう1ヶ月と20日チョイしかないので、これからは得意なランは少し置いといて自転車とスイムを重点的にやらないと。

今日の目標は近所の海岸通りを4往復(一往復約22キロ)の90キロ!

それではスタート!

と一週目の20キロでもう水が無くなり水の補給!



買ったばかりの冷えたポカリも、ものの10分でHOTポカリに・・・。

なんせ無性に喉が渇く!



2週目の40キロ地点でたまらずアイスを口にカチ込む。




今日はかなり暑い!

普段ならサイクリストが多い通りなのだが今日は僕以外に一人のレーサーしかいなかった。


3週目の途中でギブアップ!「勘弁してくれ〜」

今日はここまで・・・。

距離にして、たったの62キロ。

佐渡トライアスロンの当日は190キロを走破しなくてはならない。

残りの少ない期間で炎天下の中を100キロは普通に走れるようにならなくては・・・。

と、海の向こうの佐渡島を見つめ思いにふける。



あ!これ東京湾だから方向全然違うじゃん!

駄目だこりゃ・・・。








 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

東北復興支援チャリティーTシャツ

 
2011/07/11(Mon) Category : 日記
昨日、以前から予約注文しておいたトライアスリート達によるチャリティーTシャツ、

東北復興支援チャリティーTシャツが漸く届いた。
(僕も一応はトライアスリートなので・・・)

チャリティー

「僕たちトライアスリートは東北の底力を信じている」

とロゴが正面にありバックは各スポーンサー名が列挙されている。

因みにこれ、先日の宮古島トライアスロンのブースで初お目見えして即完売した知る人ぞ知るTシャツ。


着てみると、こんな感じ。



白にすれば良かったかな~?・・・。


襟元はさり気なくお洒落なワンポイント・プリントが。



でも、やっぱり白にすれば良かったよ~・・・。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

家族でオフロードへ

 
2011/07/09(Sat) Category : 日記
娘か学校から帰宅したのが13時前。

昼食を取り外を見るとあまりにも天気が良いので子供らを連れて例の近所のダートコースへ。

僕は昨日購入したナイキのサンダルをさっそく履くことに。



サンダルと言うよりは上履きかな?


現場に着くと直ぐに子供らは走り出す。



子供達も可なりお気に入りらしい。

僕たち以外に人はおらず貸し切り状態。


娘は町乗り自転車で上手にこなしてる。




息子はキッズトレラン。




ジャンプ台で転けて顔面から落ちるも取り憑かれたように笑顔で立ち上がる娘。




息子はただひたすら疲れを知らずに走り回る。




そんな姿を見ていたら僕もたまらず子供達をほったらかして走る。




炎天下の1時間以上走ったかな?(勿論、休憩を挟み)


最高の家族遊びだった。

-------
PS

因みにこのナイキサンダル。

ソールがナイキお馴染みのジョギング仕様となっており


お世辞抜きで10キロレンジなら無理なく走れる優れ物だ。


実際に今日トレイルを走ってそう感じた。

クロックスからこれに履き替えるユーザーが急増しているらしいが納得できる。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

気仙沼へ

 
2011/07/06(Wed) Category : 日記
今週は昨日から気仙沼へ行って参りました。

目的は大変遅ればせながらのボランティアのお手伝いにです。

早速、レンタカーを借り会社の仲間ら5人で行ってきました。

千葉から6時間掛けRQ支部のある鱒渕体育館へ。




着くや否や朝のミーティング。




そして早速現場へ。

先ずは気仙沼の被害状況を一望出来る場所へと案内され一同言葉を失う。



4ヶ月が経つのに全く復興のメドが立っていないらしい。


初日に割り振られた作業は被害にあったお寺の仏具の洗い。




午後は学校へのお水運び。





仲間の女性二人も頑張った。

今日一日の作業を終え暫し夢の中へ。




夕飯はボランティアで用意した美味しいカレーを食べ。

夜のミーティングで明日の大体の軸を決める。




そして消灯。




床の上も痛いと思う前に寝てしまった。



次の日の今日は現場での瓦礫やゴミ拾い。




炎天下の中、一日中みんなで木を切りテレビを運び衣類を拾って。

作業終了。



到着し被害状況を目のあたりにした時は言葉を失い脱力感に襲われ恐怖したが・・・。

学校へ水を運びに行った時の子供達の元気な笑顔と先生達の明るさ…

貰い湯(地元住民のお風呂を無償で頂くこと)を貰いに老人Oさん宅へお邪魔をした時にビールとヂンキスカンを振る舞って頂き若き頃の女の落とし方を自慢気に話してくれた楽しい一時・・・

貰い湯の帰りに人生初めて見た蛍の大群と流れ星・・・

長期で常駐するベテラン・ボランティアさん達の気さくさと勇士・・・


最後はどう言う訳か元気を貰っていた。


たった二日間だけでしたが、そんなこんなのボランティア活動でした。




がんばろう!日本



 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

第13回北丹沢12時間山岳耐久レース 当日!

 
2011/07/03(Sun) Category : トレイルラン
さー、本日も元気にやって参りました。

国内五本の指に入るであろう過酷なレースに3度目のチャレンジにやって参りました。


会場はご覧のとおりの盛況ぶり。




さて、この大会は北丹沢の三つの大きな山を制限時間内に越える距離にして44キロを走破する文字通り耐久レースだ。

因みに今回僕のテーマはリベンジ。

実はこのレースのスタートは6時半と7時の分離スターとなっており前回の戦績が9時間台だと渋滞に巻き込まれる7時スタートとなるのだ。

僕は前回の第12回大会の結果が不甲斐なくも9時間台だったので7時スタートに降格させられたわけだ。

今日は奪われた6時半スタートを奪還すべく8時間台を出すため闘志を燃やす。


そして屈辱の7時スタートの部の


スタート!





先ずは山道に切り替わると同時に必ず起こる渋滞を回避するため、ここは心拍数が上がっても人より前へと突き進む。

思惑どおりに渋滞をギリギリで回避!

山道に入り呼吸を整える。




さー、ここからが北丹名物、終わりなき地獄のバカ坂との死闘。



しかし、今回で3回目の出場と言うこともあって、多少は慣れた感じだ。
でもやっぱり疲れるけどね・・・。



やっとの思いでピークを越える。
らん

第一関門まで下りだ。




最近、走り込んでいないせいか下りが辛い。


ここで何とか第一関門をクリアーするとお次は約10キロの平坦コース。



いつも、ここで調子に乗ってついつい飛ばしてしまっていたが、今回はセーブ。

アスファルトが砂利道に変われば第二関門が近い証拠だ。





そして第二関門に到着。

ここで約28キロ地点。

因みにラップタイムは5時間17分だ。





さて、ゴールまでは残り16キロ。

高尾山トレイル一回分だな。


この後も憎らしいほどに激坂は次から次へと襲いかかる。




フラフラになりながらも、ようやく最後の峠を終了。


ここらかはゴールまで7キロの下りだ。



実はこの最後の下りが地獄の下りで今までの2大会中の二度とも体が動かなくなるというジレンマの下りだ。




あの嫌な感覚が襲ってきた。

手の先がビリビリしてきたが以前よりは症状は軽い。

「よし、行ける!」

下る脚力はもう残ってはいないがピグモン走りで何とか両腕を降る。


ゴールが見えた!



最後の力を振り絞り

ゴール!
ゴール

タイムは何と2年前の第11回大会時の自己ベストを18分更新する

タイム:8時間17分。

記録更新!

しかし、40過ぎると若い頃の自分に勝つことが無性に嬉しくなる。

おまけに8時間台なので6時半スタート奪還成功!



そんなこんなの北丹でした。




あ~、しかし疲れた・・・。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜の映画鑑賞(北丹まで後2日)

 
2011/07/01(Fri) Category : 日記
今日は「岳」を見に夜のシアターへ。


記憶に新しい穂高連峰の各場面が映し出されて嬉しくなる。
がく


内容はまだ見ていない人のために伏せておきますが、ただ一つ言うなら、もっとリアルにして良かったかな?

例えば穂高山荘や大キレットやジャンダルムでのロケをするとかして欲しかった。


因みに今月末は毎年恒例のアルプス登山がある。

今年アタックする山はとうとうあの剣岳に挑む予定だ。
turugi2.jpg
                         (剣岳)

ただ、この映画を見て岩山が更に怖くなったよ。



 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。