プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

来年の目的遂行ための検討マシン

 
2010/12/28(Tue) Category : ロードバイク
実は、来年の目標の一つである、ある事のためにマシン購入を検討している。

色々なメーカーのマシンと予算とを加味し、馴染みのセオサイクル幕張ベイ支店の店長と最終的に2機種に絞った。

1台目がこれ

フェルトB14

フェルトB14



2台目がこの

スペシャルライズド1

スペシャルライズド・トライアスロン

どれもタイムトライアル仕様の中ではリーズナブルなお値段、と同時にハイパフォーマンスを引き出せるギリギリのラインのマシンで定価はほぼ同額

セオの店長が言うには費用対効果では圧倒的にフェルトとのこと。

理由はフェルトはトライアスロンの歴史がありノウハウがフレームに生かされている事とB14の完成型コンポーネントがシマノ・デュラエースだから・・・とのこと。

しかし、素人見で明らかに「カッチョ良いー!」のはスペシャルライズドだ。

店長はこんな事も言った。

「攻撃的で格好良いのって、モチベーションが上がるので大事ですよね~」・・・と

ん~、迷う。

性能を取るかスタイルを取るか。

何れにせよ、かみさんに却下されれば全ての話は流れるのだが。

既に事情をしる店長が僕に一言。

「先ずは奥さんの承諾ですね」・・・とガッツポーズも添えてくれた。











スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

養老渓谷・単独ロングライド

 
2010/12/25(Sat) Category : ロードバイク
さて、本日は久々のロングライドをしようと、ここ市原は光風台駅にやって来ました。
光風台駅

現在、時刻は9時30分気温6度。

空模様は最高の晴れ日和だが、むちゃくちゃ寒くて可なりの強風。

ま、これもまた修行だ。
てなわけで早速出陣!
    イザ

スタート序盤から向かい風の洗礼を受ける。

かなり厳しい~!

ようやく養老渓谷の入り口に着く。
養老入口

今日はいつもの復路ではなく気分を変えてワンウェイコースで行こうと思う。

いつもだと、交差点を81号を直進するのだが、左折をし大多喜方面へ。
このコースで勝浦へ出て外房の海岸沿いを鴨川へ南下し再び内陸に入るってわけだ。

すると途中に養老渓谷の名所である七つの滝巡り入り口。
7つの滝巡り入口

この内の一つの粟又の滝の下で小学校の頃、家族でバーベキューをしたっけ。

懐かしくバイクを降り下に降りたい気もするが先を急がねば。

そして、やっと外房は勝浦に出る。
勝浦
景色は最高だ!

ここまでで約51キロ。
ここからは海岸沿いを鴨川は天津駅まで南下する。

国道沿いのトンネル入り口脇によく小道がある。

その道に行って見ると、大体こんな感じで旧道があるものだ。

これは素晴らしい。

暫しの堪能。
天津へ

途中、小湊で昼食。

地魚定食2100円とちょとリッチに。
地魚定食

早食いし再びバイクに跨ぎいざ。

天津に着きここから海とはオサラバ。

右折しまた内陸へ。
養老へ再び

さて、ここからはまたヒルクライムの開始だ。
いついヒルクライム

しかし今日は終始気温は上がらず常に7度を前後していて終盤は疲れより寒さに嫌気がさした。

ようやくゴール地点の光風台駅へ。

総走行距離104キロ。
純走行時間4時間40分。

走り甲斐は充分得られた。

さて、次は家族のクリスマス・ホームパーティーだ。

それでは急がねば!


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

2010年度の主な参加競技

 
2010/12/22(Wed) Category : スポーツ
さて、今年ももう終わりを告げようとしている。

振り返るとやはり時の過ぎゆくのが早く感じるのは例外になく世のオヤジに共通することろか?

そんなこんなで今年1年間の参加競技はざっとこんな感じだ。


 1月 若潮フルマラソン

 2月 東京マラソン

 3月 房総丘陵トレイルラン  21K

 4月 lafuma青梅高水トレラン 30K

    ツール・ド八ヶ岳

 5月 春日部大凧ハーフマラソン

    アドベンチャーin富士見50+10

 6月 ツール・ド美ヶ原

 7月 葛西臨海公園ナイトラン 10K

    北丹沢山岳マラソン   44K

    東京ヒルクライム    10K

    富士登山

 8月 手賀沼トライアスロン

    槍ヶ岳登山

 9月 波崎トライアスロン

    SDA王滝 MTB  100K

    多摩川源流トレイルラン 30K

10月 ハセツネ        71K

12月 東京エンデューロ    6時間

    板橋リバーサイドハーフマラソン

    みたけ山トレイルラン  15K

-----------------------------------------
計20競技に出た。

案外出てるな~と我ながら感心する。

しかし2011年度は更なるバージョンアップと家族時間のシェアを増やすべく、競技参加数を大幅に削ろう考えている。

特に長野、群馬圏内の競技は・・・。

え?増やさず減らすのは何故かって?

その理由は長野や群馬で行われるヒルクライム競技の競技時間は大凡2時間。

しかし、千葉から現場までの往復の時間は最近の1000円高速料金のお陰で行きは4時間、帰りは8時間の計12時間。

たった2時間の競技時間のために12時間も時間を浪費していることになる。

もしこれを地元で賄ったなら練習場所までの往復の移動時間が2時間で練習時間を平均競技時間の2時間にプラスもう2時間の4時間こなしたとしても合計で6時間。

すると長野行くと費やすであろう14時間に対し6時間で終えれば8時間の自由時間が生まれ、オマケに練習量も増やせる訳だ。

それだけではない。宿に泊まる分が無くなるので、そのぶん家族と家で過ごせるし、平均宿賃7000円を削減したぶん飲みにも行ける。

用はどうしても余計に掛かる12時間の有効活用が2011年のキーワードだ。
さて、来年の参加予定競技はツール・ド美ヶ原、北丹、ハセツネ、セルフディスカバリー王滝(考え中)は出場するとし、それ以外は30Kクラスのトレイルランと千葉県内で行われるトライアスロンは基本全出場と極力近場で済ますよう考えている。

なんせ来年は見切り発車でビックな大会に出ようと企ているから・・・。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

韓流ドラマ紹介

 
2010/12/21(Tue) Category : 日記
今日は10年ぶりにハマってしまっている韓国ドラマの紹介。

何時だったか、僕の記憶が正しければ、確か10年前の「秋の童話」を見て以降に日本に空前の韓流ブームが到来した。

しかし、それと同時に僕の中での韓流ブームは既に終わっていた。

と言うより、韓流ブームが来る遥か以前に既に網羅していたからだ。

そんな中、TUTAYAへ行くとあまりにも借りる物がなく、迷いに迷った挙句に以前見た映画「チング」のリメイク・ドラマ全く期待せずに借りる事にした。

それが、この(チング)

imagesCAE2WRK1.jpg

「チング」とは友達と言う意味だが実際に使われるのは“親しい仲間”“親友”“幼馴染”“心を許せる仲”と言う意味で用いられる。

ストーリーはそんなチング達の幼少時代から始まる。

釜山(プサン)でも有名な不良グループの番長でヤクザの親分の息子ジュンソクと副番長のドンス。

そして幼馴染のムードメーカー役のジュンホに秀才サンテク。

この4人はそれぞれ生い立ちは違うが幼い頃から気の合う仲間で何時も時を共有し助け合っていながらつるんでいた。

そんな各々が社会に出、それぞれの人生を歩むが、また昔のようにつるむようになるのだが、大人になり利害関係を持つようにもなれば嫉妬心も抱くようになる、あの頃のような楽しい日々は長くは続かなかった。

特に元番長のジュンソクと副番長のドンスは色々な経緯を辿りいつしか敵対するヤクザになってしまう。
imagesCAJMM0LK.jpg

この物語は実際に釜山で起こった実話を基に作られた作品だ。

さて、このチング達の運命は・・・。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

実践にて

 
2010/12/16(Thu) Category : スポーツ
早速、使ってみる。


これで走ると自然とフォームが変わる。

踵からの着地時に「ドスン!」と落ちないように膝と腰をクッションのように屈伸しては、離地する時にまた元に伸ばし戻す。

鏡に映る自分の姿を見ると、まるでゴリラやチンパンジーの二足歩行の姿のまさにそれだ。

使ってみて分かったことだが自分の足は小指が長く突っかかり感がある。

直ぐに馴染むだろう。

確かに膝の内側の筋肉と脹ら脛に付加が掛かってるのが実感できる。


 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

更なる秘密兵器

 
2010/12/15(Wed) Category : 日記
昨晩、とある小包が届いた。

中を開けて見ると・・・。

そう、まちに待ったファイブフィンガーズだ!
    ファイフィン

早速、朝っぱら試し履きをしてみる。

少々親指の突っかかり、他の四本指がスカスカ感があるものの、本来親指の長い足なので多少覚悟はしていた。

後は慣れれば問題ないだろう。
    ファイフィン裏

因みにこれを履くことによって何がどうなるかと言うと、通常のランニングシューズは確かに足先や脚を衝撃から守ってくれる。

だが、この「守ってくれる」に筋力やバランスが甘えてしまい機能が低下し結果怪我をし易くなる逆効果もある。

その反面このファイブフィンガーズは限りなく裸足に近い構造で走るために、今まで鈍っていた筋力やボディーバランスを呼び覚ませ、その機能を向上させる「足腰」を鍛える効果があるのだ。

その結果、足腰が鍛えられ、よりスピードが増すと同時に怪我のし難い下半身を手に入れる事が出来れると言うわけだ。

とりあえず今日からジム内でのトレーニングからこのファイフィンを履いて練習してみよう。




面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

第11回みたけ山トレイルラン(当日!)

 
2010/12/12(Sun) Category : トレイルラン
さー、やって参りました!

今年最後のトレイルランとなる

「みやけ山トレイルラン」当日!

スタート場所であるケーブルカー滝本駅へとやって来ました。
    滝本駅

この大会は今回が3度目の参加でトレランおさめの大会だ。

今年も去年を凌ぎ更にトレイルランナーが御覧の通りの参加ぶりだ。

    スタート直前

そして僕のスタート位置がここ。
スタート位置

御岳山トレランのコース距離は15キロと比較的に短めで最初の出で、道幅も前走者をパスするだけの余裕があるので終始ハイペース気味の大会となっている。

去年は本大会のゴールタイムが一昨年のタイムと殆ど同タイムと言う何とも後味の悪い結果となった。

因みに去年のタイムは1時間43分。

このタイムを縮める事が常なる課題だ。

去年の第10回みたけ山トレイルランの模様。

おっと、チョイと話が長くなってしまったか、気付くとスタート10秒前えだ。

それでは気持ち良く

          スタート!

    (1

先ずはケーブルカー滝本駅をスタートしケーブルカーの到着駅である御獄寺まで一気に上る。

それまでのコースはアスファルトとなっているので安定性はあるが心肺が一気に上がる。

御獄寺の集落近くになり道質は次第にトレイルになってくる。
    (2

ここから緩やかな登りに差し掛かるが距離が15キロと短めなので普段なら歩く斜度でも皆はしる走る。


この時、なんとスタート時に探しても探せなかったSIMBAさんに背後から肩を叩かれ励ましの一言を残し風の如く前方に消えて行った。

SIMBAさんもそうなのだが、馬力のあるトレイルランナーは15キロは強い!

なんとか最初の山の頂上に到着。

思わず励まされる最高の景色だ。
(3

ここからまた御獄寺に向かって下る。
    (4

この下りでも殆どのランナーがワイドストライドで下る。

なんせ距離が短いからだ。


そして8キロ地点の給水所。
(5

ここへ来ると残り半分の距離と言う目安になる。

ここからペースを落とさず行かなければ。
    (6

ここを下りきると、小川沿いを上って行くのだが、毎回岩がぬかるみ危険で写メ所ではない。

2つ目となる最後の山の頂きに着くと後はゴールまで一気に下るのみ。
    (7

下る、下る、最後の力を残す事無く絞り出す。

実かこの時、情けない事に脹脛が攣ってしまったが走りながら自然回復を待つ。
    (8

そして最後の300段?の階段登り。
    (9

ここを登り切ればゴールだ!

そして

         ゴール!
    (10


ゴールタイム

去年のタイムを3分上回る

1時間40分41秒 225位/705人中(男子)

                               3分縮めた。



よし、これで一先ずスポーツ部門は気持ちの良い今年の幕を切れて満足だ。

それでは後は仕事で満足の行く年を締めくくらなくては。

それじゃみんな

「元気出して年越そうぜ!」
    main.jpg



 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

千葉市動物公園(みたけ山トレイルラン前日)

 
2010/12/11(Sat) Category : 日記
今日は家内が用事で外出。

よって昼から子供達を連れて・・・と考えるもネタがない!

困ったときは花屋敷だが前に行ったばかりだし。

そうだ!あそがあった!と、ここ千葉動物公園へ。

ここも困ったときの場所なのだが。

到着するやいなや娘が「ね~もうここ8回目」と痛い一言。

新たな困った時スポットを見つけないと。


今日はここで許せ!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

思わず購入(みたけ山トレイルランまで後2日)

 
2010/12/10(Fri) Category : 日記
SIMBAさんのブログを見て思わず僕も購入をしてしまった「ハセツネ・ドキュメント2010」

アマゾンで購入の際“この商品を購入した方は、その他にこんな商品も購入しています”につられて衝動買いをしてしまった。

ランス7冠のドキュメンタリーと鏑木選手3位入賞した激走モンブランの計3本。


早速、ハセツネを見る。

あの時の過酷さが甦る。

気づくと家内も見入っていた。

上映終了後に家内から何気ない一言が!

家内:「あんた、最初のスタートの
       時しか写ってないじゃん。

    速くもなけりゃ遅くもない、
      何事も中途半端が
       一番いけないの!」


僕:「好き勝手言ってくれるね~」

家内:「いやー、しかし
      この3位の選手、格好良かった~」


と言葉を残しリビングを去っていった。

だが家内の言うとおり中途半端が一番いけないのかも知れん。

あ、そうそう 衝動買いしたランスのドキュメントが一番面白かった。


 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

第4回板橋リバーサイドハーフマラソン(当日)

 
2010/12/05(Sun) Category : マラソン
さてさて昨日のエンデューロの興奮の覚めやらぬまま本日はハーフマラソンをこなしに、ここ板橋にやって参りました。

コースは荒川沿いの河川敷を行って帰ってくる復路となってます。

この板橋ハーフマラソンは僕は初めての参加だが何だかアットホームな大会だ。
1000人?

参加者数は2000人かな?

時間もギリギリの到着だったので早速の準備とアップを。

今日の参加メンバーはチームガッツの面々。

僕とAMEGROのアニキとゴッキンとF氏の4人だ。

心配なのはゴッキンなのだが今回の21キロは初参戦。

しかし、それよりも彼は左踵を負傷を負っているからだ。

ともかく無事であれ。

そして時間も迫りスタート位置へ。
スタート

今日の僕のタイムは自己ベスト1時間33分を切る! だ。

そして

       スタート!
今回はタイム狙いなので写真は少なめです。

5キロ・・・7キロ・・・9キロと順調にランをこなす。

そして11キロの折り返し。
    折り返し

タイムを見ると・・・

「え!? 48分だと!」

このタイムは日ごろの練習タイムと全く一緒じゃないかい!

このままでは不味い!

と後半は少しペースを上げる。

13キロ・・・15キロ・・・17キロと何とかロス債務を返済するも残り3キロの所でハムストリングが悲鳴を上げる。

「ぐぐ・・・」

ここから結構な数の後続者に抜かれまくった。

シティーランでこの経験は久々だ。

そして、何とか

             ゴール!

ゴール

    ゴール後

タイムは

1時間40分と何とも情けない結果に終わってしまった。
    完走証


そしてAMEGROのアニキ50分F氏53分と順当にゴールをし後はゴッキンを待つだけだ。

2時間を過ぎてもゴッキンは現れない。

そのうちに制限時間の2時間半が過ぎるが未だ現れない。

収容者が到着しはじめるが、そこにも乗っていない。

「何かあったのか?」 

と3時間を過ぎた頃、最終走者として彼がゴールゲートを潜った。
ゴッキン
  
ゴール付近のスタッフ達が彼に拍手を送る。

元々悪い足をかばい逆の足もやられて、文字通りボロボロになって帰還した。

何故、この時間になったかを尋ねると。

収容者スタッフや関係者に

「もうゴールまで走っても記録として認められないよ」と

何度も声を掛けられ、後続者が続々と収容車に乗りこむ中、彼はその一切を断り最後まで走り切ったと言うのだ。

そんな彼に僕はこう呟いた。

「今日のゴッキンのランは『記録より記憶』・・・だよね」

するとAMEGUROのアニキが

「いや、『記録より気力』・・・だよ」

まさしく!



「ゴッキン・・・今日は君に乾杯!」



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

Tokyo Bay エンデューロ2010(当日)

 
2010/12/04(Sat) Category : ロードバイク
さてさて、やって参りましたー待ちにまった東京ベイ・エンデューロ当日!

と言っても東京ではなく千葉は袖ヶ浦なんだけどね。

実は今日、エンデューロは初のデビューでワクワクとドキドキのダブルで胸が高鳴る。

今日、僕たちはいつものヒルクライム仲間の4人1組でのチームで参戦。

種目は2時間の部と4時間の部、その他に2時間+4時間の計6時間エンデューロの3種目あるのだが、僕らが参加するのは2時間+4時間の計6時間の部だ。

あっ そうそう、エンデューロを知らない人のために簡単に説明します。

制限時間内に定められた周回コースを何周回廻ったかを競う。

その間、どのタイミングとどの順番でも交代は可能だ。


早速、現場に着き各々が持参したテーブルやチェアで本陣を作る。
本陣

作戦はいたって簡単。

各自4周回ずつ廻り次の人と交代する。

おっと、そうこうしている内に2時間の部のスタートの時間が来たようだ。

2時間の部スタート

女性も子供も全員同じスタートポジションに着く緊張の瞬間だ。

そしてスタート!



スタートをするや否や2番走者の準備に入る。

1周の距離は約2.4キロ。

これを大体4分平均で走る。

よって4周回だと15分~17分なので次の走者はそれを目安に準備に入る。

ピットはこんな感じで初めて足を踏み入れたので、なんだか嬉しくなる。
    ピット作業

すると早速、第一走者が帰って来た。

ピット作業開始だ。
ピット作業中

奥のグリーンのウェアのU氏が終わり次に手前のT氏が走る。

しゃがんでいるのがAMEGUROさんでU氏の足にハメられていたバンドを外しえるねすとさんに着けるといった作業で10秒で終わる作業だ。

この10キロ 15分~17分のトライアルが何とも憎いほど苦しい。

ロードで10キロはランで言う500メートルって感じだ。

それを皆さん猛ダッシュするのだから陸上の練習で言う500メートル・インターバルのようで可なり心肺は上がり苦しい。

そして大体みなさん2セットずつこなして2時間の部が終了。

一人当たり2セットなので時間で言うと約30分しか乗っていない。

だが猛烈に腹が減る。

次の4時間の部のスタートまで腹ごしらえだ。

そして1時間があっと言う間に経ち4時間の部のスタート時間が来た。

順番と作戦は先ほどと同様だ。

やはり4時間の部はメインなだけあってレーサーの数は6倍ほどに。

2時間のスタート模様と打って変わって大迫力だ。
4時間スタート

そして、スタート!

先ほどと控えの雰囲気とリズムは変わらず2次走者が準備をする。

すると先頭集団がやって来た。
4時間先頭集団

このストレートで45キロは出ているだろう。

これがトップ・レベルだな~。

この4時間の部では各々が4セット走る。

レースも中盤に入り大分ふと股が廻るようになった。
レース中盤

しかし、走っているとタマに隣から抜いてくるトップレベルの集団。

まるで一つの大型動物のように思えるほど威圧される。

試しに少し付いて行ってみる。

なんとか食らいつくも10秒ほどで突き放され己の愚かさを知る。

そしてラストセットの僕の番。
吾輩の番

ラストを走っていて思った。

このエンデューロとやら、可なり息が上がり筋肉は悲鳴を上げるが、可なり面白いし癖になる。

それにこの競技、結構な練習にもなる。

また一つ、面白味を感じれる種目が増えたよ。

僕が最後で競技を終えバイクを降りるも、やはり全身が悲鳴を。
悶絶


久々に完全燃焼した。

あっ そうそう 肝心な成績だが。

71チーム中 19位!

僕が足引っ張ってなかったら、もっと上位に行けるな。

そんな楽しくエキサイトな競技でした。
20101204(Tokyo+Bay+繧ィ繝ウ繝・Η繝シ繝ュ)+036_convert_20101206155838



しかし

明日のハーフマラソン、大丈夫かな?・・・



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

店舗見学 (袖ヶ浦エンデューロまで後1日)

 
2010/12/03(Fri) Category : パチンコ・業界
昨日のこと。

千葉は八街の「ヴェガ」さんにやって参りました。

とある人から小規模ながら頑張っているとの話を聴き早速ハンドルを握りました。

場所は高速佐倉出口を出て車で10分ほど行った所なのですが、千葉市民の僕でも思わず「チー散歩でも取り上げられんよ、ここ」と思う程の田舎だ。

そんな人気の少ない場所にお目当てのお店が出現。
ベが

この店舗さんは珍しく小さな箱が二つあり(※箱=建物)写真がパチンコ館でその奥にもう一つ箱があり、それがスロット館となる。

しかしこの店舗さん、千葉では珍しくパチンコだけで4円、2円、1円、50銭と全部で4レート同時に営業をしている多レート店舗だ。

只今時刻は15時ごろ。

店内に入ると先ず50銭と1パチが埋まっている。

2円と4円はまだ稼働は薄いが少し様子を見ることに。

夕方近くになると先ずは2円、次に4パチ甘デジとジワリじわりと稼働が増え、5時近くには満遍なく稼働が付き最終的には6割稼働はしていた。

前にもマイ・ブログで書コしたが多レート店舗は現在は未だ珍しいのだが、実施している店舗の殆どは何か一つのレートに偏り、その他のレートはぶっ飛んでいる傾向がある。

だが前回の大阪紀行なり今回のヴェガさんなり満遍なく稼働を付けている。

その秘密はレートによって機種をシッカリ選択しているか否かに掛っているようだ。

ここでの機種とは主にスペックを意味する。

低額貸し玉レートに行くにつれ確率の甘い甘デジを、して高額貸し玉レートになれば成る程ミドル→マックスと、そのニーズにあったスペックをシッカリと考えてレイアウトしているのが分る。

次に各貸し玉レートの適正台数だ。

その地域の50銭ユーザー、1円ユーザー、2円、4円とそのレートを求めるユーザーの地域人口を理解しての適正設置台数をもとめ設置する需要と供給のバランスを絶妙に取っている店舗が成功しているようだ。

只単に隣町で多レート営業で成功しているからと言って「それな家も明日から」で実施すれば間違いなく失敗する。

失敗しているお店は恐らくそう言う理由なんだろうな~・・・。


------------------------------
<PS>
あっ、そうそう勿論、調整具合チェックの為に試し打ちしました。

水戸黄門→戦国無双 そして少し前の金色ライディーンと蟹歩き。
※蟹歩き~最初の遊技台からその隣の台、またその隣の台と横歩きする様を蟹に例えた業界用語

そして、ライディーンで大当り。

しかも25000個も。
    2ぱち

パチンカーなら分るでしょう、これを額に換算すると。

しかし2円パチンコでの出玉です。

確かに良く廻る、チャッカーにも良く寄る、時短も玉は減らない。

でも25000個の出玉が???円・・・。


因みに僕は1パチユーザーかって?

いいえ、低玉は試し打ちでしかやりません。

私し事ですが・・・。




面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

新台試し打ち(袖ヶ浦エンデューロまで後3日)

 
2010/12/01(Wed) Category : パチンコ・業界
今日は入れ替え自粛期間が解禁となり遅ればせながらの「CR新大海」のほぼ全店での入れ替えが開始した。

僕の務めるお店でも導入はされたが今日は早速の市場での試し打ち。

最近、海の機械による機械力は年々衰退傾向にあるが流石に入れ替え週は迫力のある稼働だ。

なんとか一席空いたので、それに座り遊技開始。

この「CR新大海whisアグネス」最大の特徴は魚群演出の予告演出があることだ。

それでも滅多に見れる演出ではないと思っていたら、早速サブ画面変動中の右側に魚群が今にも流れそうな状態で待機しているのだ。

しかし、その変動がリーチに掛り「ここで走るのか?」と思ったら、その魚群達は中へと引っこんでしまった・・・。

この魚群演出の予告演出は100%予告ではないようだ。

それと、案外この魚群演出予告が頻発する。

勿論、予告だけで魚群が走らないのも、これに比例して頻発する。

久々に10Kも使ってしまった。

が最後の最後で大当り。
    新アグネス

確率変動中気を良くして周辺の台の大当り履歴をチェックする。

どれも平均連チャン数が約4回だ。

連チャンは抑え気味の実際スペックのようだ。

しかし、この新アグネス。

関西では既に導入がされ済みで業界人からの情報によると全般的にお客の付きが悪く既に低評価となっているらしい。

この短期間で評価を下すのは未だ早いと思うが、もし評価が悪いのであれば実際に僕自身が遊技して感じた考えられる「4つの原因」。

①「海自体の人気度の低下」
 ・ユーザーが流石に飽き飽きしている。

②「連チャンしない」
 ・IN沖縄に比べると明らかに連チャンしない。

③「新大海アグネスのスペック自体が魅了的でない」
  これはあくまでも僕の主観であるが、旧大海しかり
  既存アグネス甘デジしかり、どれも出玉性能のウケが
  良かったわけであって、決して演出のウケが良かった
  訳ではない。と僕は思っている

④「魚群演出を予告させる(演出発展率約20%?)予告演出」
 ・この魚群演出の予告は先ほど述べたとおり100%告知ではない。
  僕は嫌いじゃないが、この類の演出は実はシンプルさが大好きな
   ご年配層には嫌われる。

 何度も言うが既存大海とアグネス甘デジが良かったのは出玉性能であって演出ではない。
 そう見ると今回の新アグネスは出玉性能的には最悪だ。

さて、以上が僕の所感だが、どうなることやら・・・。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

あっ、そうそうウンチクはこれぐらいにして僕のこの後の確率変動がどうなったかと言うと・・・。

初回大当りも含め3連チャンで終わってしまった。

3回分の大当り玉数だが1箱約1500個の対応箱2箱で間に合った。

本当に少ない。

「とほほ・・・」

--------------------------------------
<深夜のマラソン>

本日から万能ウォーマーとランニンググローブを今シーズン初の使用。
    グローブ

今日は9キロのランと2キロのインターバル。

最近平地でのランスピードが上がったような気がする。

さて、今週は6時間のチーム・エンデューロとハーフマラソンがある。

忘年会太りが懸念される時期には最適な自分イジメにはなるな。


 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。