プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

戦友からの焼き穴子

 
2010/11/26(Fri) Category : 日記
今朝はハセツネを共に戦った戦友である「けんこう堂」さんから頂いた明石産焼き穴子で作った穴子ご飯を頂く。



こりゃ旨い!

子供達も大絶賛!

朝から元気百倍だ。


今日は会社で一日中会議。

終わると同時にTACへアクセル全開。

ギリギリセーフで教室になだれ込む。


これまた終わると同時にスポーツジムへ。

明日も飲みなのでハードにこなす。

最近、ボーン・トゥ・ランを読んで以降、裸足でランマシンに乗っている。

ファイブフィンガーズが届くまで待てずの裸足走行だ。



これが実に良い。

その訳はまたの機会に書きコします。

スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

今日から挑戦

 
2010/11/24(Wed) Category : 日記
今日からあることに挑戦。

そのために、ここTACの門を潜る。



そう、とある資格を取るために本日から受講生。

とは言っても学生時期に勉強をしなかった分を急いで補うための物なので大げさな資格ではない。

とりあえずは一つずつコンプリートして行こうと思う。


帰宅し時刻は24時。

明日も忘年会が入っている。

よってキツ目のラン。

12キロを55分とタイム的には大した事ないが



疲れた!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

息子のスポーツフィスティバル

 
2010/11/20(Sat) Category : 日記
今日は息子のスポーツフィスティバル。

あれっ?
今日は鋸山トレイルランじゃなかったけ・・・て?

そうです。そのはずでしたが急遽予定変更でオニギリ持ってここ千葉公園体育館に応援に来ました。



息子の通うスクールの系列スクールの園児が一同に集まる。

よって父兄の数はお婆ちゃん達も合わせると迫力だ。



今日のトレイルランの欠場は昨日の酒が残ってたって訳ではないが、最近の息子の思い出作りにアッパがあまり出演していないので、そのための応援だ。

この瞬間も鋸山が気になってしょうがないが、おそらく競技に出場してたら応援に行かなかったことに呵責を感じていたに違いない。

しかし、普段見ない息子を見れて案外たのしい。
    綱引き

意外と父兄たちは本気で挑んでいて真剣なのには驚いた。



帰りにはせっかくなので木登りもレクチャーする。
    木登り

可なり距離が縮まったかな。

終わってみれば、これで良かったのかも。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

忘年会シーズン到来(鋸山トレイルランまで後2日)

 
2010/11/18(Thu) Category : 日記
今日はラン9キロの筋トレハード目のスイム1キロ。

後は明後日のトレランに備えて体を休めるだけだ。

トレーニング後、事務所に立ち寄りこれから来るであろう忘年会のアポに備え、それを何処に埋め込むかを一人考える。

もう既に幾つかのアポが入って来ている。
    12月

明後日が大会だと言うのに明日も入ってしまった・・・。



毎度の事だがトレーニングは冬が一番大事なシーズン。

何故なら一番体を動かしたくない、外に出たくないシーズンでありオマケに汗が出難いシーズンだからだ。

この冬に如何に体格とスタミナを維持して春に突入するかで夏の体の仕上がりが決まる。

そして、忘年会シーズンである12月は特に体重増、スタミナ減退、筋肉低下が起こる月でもある事は理由を述べるまでもない。

なので、この12月は物凄く大事なのである。

正直言うと先月まで体重が2キロ増えて最近でやっと元の体重に戻したので尚更に気を引き締めんと。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン(鋸山トレイルランまで後4日)

 
2010/11/17(Wed) Category : マラソン
気付けば鋸山トレイルランまで後4日。

今日は近くの坂で練習といくか。

最近めっきり寒くなったのでネックウォーマーを今シーズン初の炸裂。



それでは、いざ。

近くと言っても自宅から約3キロの場所にある千葉市民なら誰もが知るここ稲毛陸橋。



約150メートルの坂道で傾斜は3%かな?

これを5往復。

結構満足できた。

帰りの3キロは行きと変わってウェアの中が暑かった。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2010/11/15(Mon) Category : 読書
今月の読書は

AP通信の従軍記者を経て、Men’s Healthのライター兼編集者。自身がウルトラマラソン・ランナーでもある
著者;クリストファー・マクトゥーガル

    ボーン・トゥー・ラン
    
        

これは最高に面白かった!

内容はサブタイトルにあるとおり「ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”」の対決までの記録である。
※ウルトラランナー;トレイルラン100キロ超級大会のトップランナー

自身もウルトラランナーである著者がある疑問にぶち当たる。

なぜ最新のマラソンシューズに最新の医学アドバイスを受けても自身の怪我が依然として治らないのか。

そんなことが切っ掛けであやゆる資料に目を通すと最強の“走る民族”タラウラマ族の存在を知る。

そこから彼の旅は始まった。

本編は大きく分けて5つの内容に分れている。

①タラウラマ族を探し求めるまでの冒険さながらの旅

②過去にタラウラマ族に挑んだウルトラランナー達の壮絶なの戦い模様

③タラウラマ族の持久力と速さの秘密

④タラウラマ族に新たに挑むウルトラランナー達の一人ひとりのエピソード

⑤現代テクノロジー理論で鍛え上げられたウルトラランナー達を率いてのタラウラマ族との新たな決戦

特に②と⑤の実況を交えながらの対決模様は本書を読みながらはじめて手が震えるほど興奮した。

③では人間として走ることの重要性を改めて思い知らされた。

本文引用で「人間は老いるから走るのを止めるのではなく、走るのを止めたとき人は老いるのである」は納得の文だ。

全てのトレイランナーは勿論、シティーランナーの方達にも是非ぜひ必見の本です!

因みにこちらが参加ウルトラランナーの一人、ウルトラランナー・スコットジュレクのHPのタラウラマ族情報。

本書を読んだ後、すかさずHPでファイブフィンガーズをチェックし購入を真剣に考えている僕でした。



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

店舗見学

 
2010/11/14(Sun) Category : パチンコ・業界
今日は大阪に来ております。

大阪で創意工夫で頑張っているホールを見に来ました。

先ずは天王寺。

お目当ては「スーパーホール天王寺」さん。
スーパーホール


このホール、主力機種の選択と適正台数バランスが実に上手く中年輩層の獲得に成功しているホールだ。

しかし数軒先のスロ専を覗いてビックリ!

「べゼル」さん。

今時の専門店では驚くほどの高稼働店だ。
ベぜル

お目当てのホールではなかったが目が釘付けに。

是非、このホールさんも必見。


お次はそこから電車で数駅移動し布施駅へ。

ここでのお目当ては「ダイエイ」さん。
ダイエー

決して新しいとは言えないホールなのだが。

見よ、この低貸し玉のデパートだ。
多種レート

全6種類。

この類の店は大体お客様がいないもんだが半信半疑でホールを覗くと・・・

いる! 高稼働だ。

だが驚きは全ての種類の貸し玉コーナーにお客様がおられる。

全てにだよ!

普通は何かに客人気が偏りもう片方の稼働が減ってしまうもんだが、これはそうとう営業戦略が上手なのだろう。

お次はここから電車で北に向かう。

場所はここ尼崎。
尼崎

駅を降りてお目当てのホールへと向かうのだが結構な距離がある。

その間、商店街を通るのだが、この尼崎商店街の商店のその殆どがパチンコ屋さんと言っても過言ではないほどホールが軒を並べている。

その証拠にこの写真を見てください。
    尼崎商店街

上から吊れ下がっている垂れ幕。

手前から奥に掛けて赤、黄色、赤、黒の垂れ幕全てがパチンコ屋さんの宣伝幕。

この両サイドが全てパチンコホールとなってます。

覗いて見ると何のなんの何処も高稼働だ。

土曜と言うこともあり高稼働なんだろうが

「ここ、かなりの激戦区だな!」

と目的地の場所へと歩いている途中、パチンコ店の名残を残す閉めた物件が目に入る。

そしてようやく激戦区の駅から一番遠くに位置する。

「Sビジョン」さんへ到着。
Sビジョン

店内へ入ると可なりの賑わいだ。

ここは低玉専門店で高稼働をさせていて驚くのは中年配層以外の若年層も遊技客に交じっている。

一体どうやって? 

スタッフのサービスもアットホームで心地の良い接客だ。

しかしこの尼崎という激戦区では戦いたくないと思うほどの熱い地域だ。

最後は加島駅へ。

ここの「マルハン」さんが凄いらしいので見に行ってみた。
    マルハン

確かに凄い!

過去に北海道のマルハン清田店さんのオープン当初に見に行った時に可なりの衝撃を受けて以来はこの数年は然程驚く店舗はなかったが、ここの「マルハン」さんは久々にド肝を抜いた。

これにて今回の店舗見学大阪編は終了だが、ここ大阪は北海道とは違った意味で大変参考になるお店が多く勉強になる。

北海道も大阪も共通点は出玉の演出には可なりのエネルギーとこだわりを持っている。

ただ違いはと言うと北海道は事実存在する玉を如何にお客様の目に訴えるかが上手だが、大阪の場合は出玉がそこに存在しないのに如何に出ているように見せるかが上手だ。

もっと分り易く言うと玉が無いのに有るように感じさせるマジック的なことが上手だ。

やはり商人の地域柄そこら辺の商いは上手だ。

未だ大阪は見に行ったことがないホール関係者は機会を作ってでも見に行く価値のあるエリアですので是非ぜひどうぞ。

※(毎度の事ですが、ここに書かれている各ホールのコメントはあくまで僕個人の主観ですので、当ホールの実際のコンセプトと相違があってもご理解くださるようお願いします)


--------------------------------
そんなこんなで気付くとここは道頓堀のようだ。
    食い倒れ

それではせっかくなので美味しい物でも食べに行きますね。

それじゃ!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2010/11/12(Fri) Category : 読書
今月の読書は

株式会社ワイキューブ取締社長

安田佳生の著書

採用の超プロが教える
伸ばす社長
  つぶす社長

    

4年前の本だがブックオフで購入した。

主に採用の重要性と今時の社長の心得と行動のあるべき姿を本人が社長としての経験と自身が今まで出会った数々の社長とのインタビューで感じた優秀な社長と駄目社長の双方の共通点を分かりやすく解説している。

時代の変化と共に変化するのはお客様だけではなく地球上で働く従業員(部下)達もだ。

と言うことは彼ら従業員(部下)達の変化と共にその上に立つ上司、リーダーも変わらなければならいという事なんだな。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン

 
2010/11/09(Tue) Category : マラソン
さてさて、トライアスロンシーズンも終え、冬を前に本格的なマラソンシーズンの到来だ。

それと同時に我が輩の深夜のマラソンのシーズンも開始する。

本格的に寒くなる前の肌寒い内に体を慣れさせねば。

あ、そうそう
何だかんだ言っても結局はiPhoneを持つ事に。

携帯する重さより利便性が上回った結果だ。

iPhoneで何をするかって?

衛生で監視され走ったコース、距離、時速を計測しデータ保存してくれるのが憎らしい。

こんな風にね。
    深夜のマラソン

写真は本日、走行距離11.9キロにタイム52分57秒そして時速が13.7キロだと言うこと。

このデータを保存するのだ。

しかしこのiPhone専用のアームバンドはナイキ社製でどんどんこの類のグッズが出てくるのだろう。

もはやランニングは単なるトレンドではなく文化に成りつつあるのだろう。

運動をしたくても踏ん切りが着かずモタついている人、早く始めましょう!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

2010成田POPラン大会(娘編)

 
2010/11/07(Sun) Category : マラソン
ここ最近TUTAYAで貸し出し中の「추노」(チュノ)のお陰で寝不足が続いているガッツです。

今日もそのせいもあり僕も家内も3時間しか寝ていない寝不足の中、早朝からハンドルを切り家族一同で成田へ。
成田駅


そう今日は毎年恒例(去年からだが)の成田POPラン大会出場当日だ。

この大会も歳を重ねる度に参加人口が増えこの日も過去最多の参加人数らしい。
開場


流石に娘ももう大会の経験値が高まったせいか場馴れしていて参加当初のような緊張の様子はない。

さて、例のごとく受付をすまし
受付


早速の準備運動にとりかかる。
    準備運動


今日の娘の目標タイムは去年のタイムを3分上回ることと本人と目標を共有し頑張ったら“うな重”の御褒美があるとコミットメントした。

因みに去年7歳の時の娘のタイムだが3キロを23分50秒台だ。

これが今日年のリポート09成田POPラン

自身のスタート前に一般ハーフのスタートを見てモチベーションを上げる。
ハーフのスタート

モチベーションを上げたところでアップ開始。
アップ


トラックを3周回して後はスタートを待つだけだ。

そんなアッパとお姉ちゃんの姿を見て自分も走りたいと鼻を垂れながらイジケる弟をあやす。
弟

「お前は後2年後だよ」

さて、それではスタート位置に立つ。
ファミリーラン

ファミリーランも参加数が倍に増えている。

そして緊張の中、スタートの合図がなる。

それでは

       スタート!
    
    スタート

娘のペースは去年より速くに走っているも、それよりも驚くのは去年の大会の時より数段とレベルが上がっている。

たった1年も前なのに。

明らかに遅れをとる娘。

しかも疲れているようだ。

「頑張れ!」

そしてラスト1キロ。
    ラスト1キロ

心臓破りの坂を歩かず登り切ればもうゴールだ。

ゴール開場の競技場が見え始めた途端、一斉に他のチビッ子達がスパートを掛ける。

娘はと言うと・・・、もうそんな馬力は無いらしい。

それでも競技場に入って何とかスパートをかける。

小学2年生にしては長い長い3キロマラソンの

        ゴール!

ゴール瞬間

コングレッチレーション!お疲れ~娘よ~。


続いて完走タイムはと言うと
    完走証

21分40秒台なので去年のタイムを約2分上回った。

まぁ、良く頑張ったよ!


----------------------------------


競技も終え一息入れる間もなく成田山へ。
成田山

目標の3分を縮めるまで1分足りなかったが、特別に御褒美は与えようと“うな重”を食べに。

やはり成田山とくればウナギが有名でウナギとくれば

ここ「川豊」だ。
川豊

結構並んでやっと席に案内される。

これの待たされて食べるのも美味しさを引き立てる。

僕のメニューは奮発して特上を。
特上

実は今日の目標タイムに届かなかったが
「されどうな重の御褒美はやってあげようよ」と積極的に訴えたのは家内だった。

そんな家内の娘を思う熱い熱意に負けウナ重実行を決めたのだがウナ重を終始無言で真剣に食べる家内の顔を眺めながら

「お前が食いたかっただけだろう!」

と口には出せず心の中で思うのであった。


それじゃみんな~。

明日からも

「元気出して行こうぜ~!」

    ゴール


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

己の五感で確かめる

 
2010/11/06(Sat) Category : パチンコ・業界
以前、「カルロス・ゴーンのエッセンス」を読み自ら現場に下り確かめることの重要性に感銘を受けた。

現場には物言わぬあらゆる事実が転がっているからだ。

前置きはこの辺にし本題に移るとしよう。

機械調整のため某支店の閉店後に久々におじゃますることに。

商品(遊技機)を一台一台見て行くと・・・

なんと!釘が錆びてる!



根本にかけて!



すると次から次へとクリンネスの駄目さが明らかに。

主力商品の上皿までもがご覧の有様。



良く現場スタッフによる報告や話を耳にし、その売場や現場のイメージをしてしまうケースが多い。

それで報告を受けた者はそのイメージ通りに思いこむ。
現はに行かず・・・。

多くのリーダーがこのケースに当てはまるのでは?

しかし、殆どの場合が出鼻を挫かれる。

完璧と思っていた支店の評価が微妙だったり最悪と思っていた支店の評価が一番高かったりするミステリーショッパーで受ける衝撃が良い例だ。

僕も今回、衝撃を受けた。

このブログは僕の勤める会社の仲間達も見ているだろうから、僕自身の反省も込めて、次のことを心がけよう。

事実と言うのは人から聞いた話や報告をイメージ化するのではなく、直接自分の五感で見て感じなければ事実と言う代物は得られないなんだと言うことを。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

日本シリーズ

 
2010/11/03(Wed) Category : 日記
今日はたまの電車通勤。

最寄り駅の海浜幕張駅が何時もとは全く違う感じが。

祭日とはいえ朝っぱらから人も多く土地者ではない。



そうか!日本シリーズだ。

そう、ここ海浜幕張駅はマリンスタジアムがある駅。

で、そのサポーター達でご覧のとおり構内もロッテ一色。



野球に全く興味ない僕でも目が行く。



そうか!?
下手な出玉出すより、その分を宣伝費に回してこんな風に駅構内の掲示物を一日ジャックする方がパンチがあるかも!
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。