プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

今月の読書 (ハセツネまで後10日)

 
2010/09/30(Thu) Category : 読書
今月の読書は

長距離界のカリスマ

  金 哲彦著書の

    走る意味
    走る意味

アスリート仲間のAMEGROさんに「ビジネスアスリートたる者、これは読まなきゃ~」と言っていたので素直に読んでみました。

感想は「読んで良かった~!」と本当に思えた期待通りの内容でした。

内容はと言うと金哲彦さんの主に現役アスリートとして監督としてとマラソンに関わる回顧録だ。

本書を読んで金哲彦さんの可なりストイックさ、前向きさ、アクティブさには脱帽し、まだまだ自分なんかは青二才だと思い知らされる。

タメになるのはそれだけではない。

若い頃に在日である事のアイデンティティに関するあらゆる葛藤などは共感しながら読めたし、リクルート監督時代の小出総監督率いる集団退団事件時の苦悩。

リクルートという会社の社風。

前向きな思考と癌克服で変わったことやビジネスアスリート(市民ランナー)の指導を通してのお話など終始楽しく読めた一冊だ。

和製マイジョーヌって感じかな?



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

映画観覧 (ハセツネまで後11日)

 
2010/09/29(Wed) Category : 日記
よくビデオをレンタルして家で見るのですが映画の感想ネタは恐らく初めてかと思います。

が、あまりにも良い内容でしたので紹介することに。

作品は

    「運命を分けたザイル2」
    main_visual.jpg

内容は世界で最も難易度の高いスイス・アイガー北壁を舞台に1930年代にここを挑戦し登頂することなく謎の死を遂げた有名登山家のトニー・クルツの最期の謎を追い主人公である登山家ジョーがクルツと同じルートを辿り謎を検証して行くという再現ドラマとドキュメントを交互に合わせた登山映画となっている。

期待・スリル・恐怖・緊迫・絶望・極限と全てが凝縮された最高の作品だ。

どの登山映画よりも10倍怖かった。

因みに「運命を分けたザイル」の第1作目は登山家ジョー本人の地獄の淵から奇跡の生還を果たした実話をこれまたドラマ化したものだ。

それと、これと同じ内容の再現映画「アイガー北壁」も有ることを知る。

こりゃ当分は実話登山映画はハマるな。

僕は絶対実践ゴメンだが・・・。



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

第2回多摩川源流トレイルラン当日!

 
2010/09/26(Sun) Category : トレイルラン
さー!やって参りましたー、本日は多摩川源流トレイルラン当日!

天候も最高の秋晴れ初日の青空だ。

早速、受付を済ませアップに励む。

今日の参加出場選手数は約269人ほど。

スタートの時間が迫りみな会場へ。
スタート直前

今日も一段と美女ガール(トレランギャルは何と呼ぶ?)の数が増え違った意味でも気持ちが昂る。

実は今日は久々のトレラン。

だが不安はなかった。

何故なら先々週のトライアスロンと先週のセルフディスカバリー100Kの出場が充分過ぎるほどの脚力の練習になっているはずだからだ。

それでは時間も来たので、

    「いざ、出陣!」 
    出陣



  そしてトレラン30Kの

       スタート!
    スタート



何故か今日に限ってスタート前を陣取らなかった。(別に意味はない)

急いで麓の間に前へ前へと前線の集団に追い付くため急いで進む。

何とか渋滞になる前に前方の集団に合流は出来た。
    ①最初の渋滞



この時点で既に心拍数は上がる。

が、何とか今日の競技の簡単な説明をしておこう。
    ②まだまだ渋滞


スタートして最初の鶴峠目指しひたすら上り標高600から1400まで上げて行く。

そして、更に高い奈良倉山に上り松姫峠→鶴寝山を越えた所から一気に下る全長30Kのコースとなっている。

おっと、少し渋滞が緩和してきたので説明はこれぐらいにしておこう。
    ③渋滞緩和



前半に可なり無理をしたせいで今もなお息は上がりまくりだが幸いなことにモモ筋はまだ大丈夫そうだ。

何とか最初の只管の上りを終え次なる峠までしばしの下りだ。
    ⑤峠を越えて下り


だが、この下りは直ぐに終わり。

この時点で1時間15分程のラップだ。

ここから次の奈良倉峠の峠越えが辛いらしい。

よって、その前に腹ごしらえだ。
    ⑥二つ目の峠バー

今回、試しに購入してみたゼリー状のパワーバー。

「んー!こりゃ美味しい!」

奈良倉峠も何とか越え、ここから松姫峠まではアップダウンはない。



第2チェックまでの尾根伝い。
    ⑦尾根伝い

トレイルランナーには上り好きもいれば下り好きもいる。

だが僕はこの尾根伝いが大好きだ。


と、突然開けた場所に出た。

横をチラッと振り向くと。

なんと、この絶景!
⑧絶景

結構、尾根伝いが続いたので、ここでタイムを伸ばせたと思う。


こういった車の往来で出来た道を見ると王滝を思わず思い出してしまう。
    ⑨尾根伝い



そして二つ目のチェックポイントへ到着。
⑩二つ目のチェック


さて、ここからは只管の下りだ。
    ⑪ここから下り


今日の終盤は珍しく太股がの筋力の余力が残っている。

少々脹脛が攣り傾向にあったがゴールまで無茶してやろうと思った。

何故なら今大会は来月に出場する“ハセツネ”のための練習。

よって余力を残してのゴールは考えていなかった。

タイムはどうでもいい、ただ自分を追い込む。
    ⑫前後に誰もいない


下でのピッチ走法を止めワイドストライド走法でガンガン攻める。
    源流2



気づくと前後に人影が消えた。

そして、麓が近い合図となるワサビ畑ゾーンを下る。
    ⑬ワサビ畑

このワサビ畑ゾーンは小橋が抜かるんでいて結構危なかった。


そして麓の村に出る。
⑭麓の村

道もここからアスファルトが増える。


後、5キロってとこだ。

現在タイムを見てビックリ!

「おっ!? 3時間切れるかも!!!」


歯を食いしばってラストスパート。
⑮苦表


最後に約3キロ程を女性ランナーと競いあった。
    ⑯ラスト3キロ



そして、ようやくゴールが見てきた!
⑰ゴール



     そして

       ゴール!
    ⑱ゴール後

タイムは何と3時間06分

順位は総合で 62位/男子約226人中/全269人

30代の部では  21位/73人中

順位よりタイムが嬉しかった!



よし!後はハセツネだけじゃー!

「それではみんなー元気出して行こうぜ!」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

九十九里 蛤焼き(多摩川源流トレラン前日)

 
2010/09/25(Sat) Category : 韓国料理/グルメ
今日は仕事を終え家内の従姉妹家族と九十九里へ。

目的地は九十九里有料不動堂IC下りて直ぐの海の家「向島」さん。

ここは新鮮な海鮮物を美味しくいただけ特に貝類は活きたまま網で焼く。

千葉人なら誰もが知る場所だ。

この店で有名なのは蛤焼き。


都心に住む従姉妹は大満足の様子。

ホッキ貝にニンニク醤油を付けて焼くのも中々旨い。

僕も大満足でした。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

店舗見学&新台遊技(多摩川トレイルランまで後3日)

 
2010/09/23(Thu) Category : パチンコ・業界
今日は会社の仲間から面白いスロ専があると聞いていたので、そのお店さんを見学に。

支店から車を走らせ印西市へ。

そして到着。
ゼウスさん

この外観に最初は

   「?・・・びっくりドンキー?

     それとも工場?

    いや、ディズニーのウェスタンランド?」

と思ってしまう程のパンチのある外観に胸高鳴る。

そう、ここは知る人ぞ知る地元では有名な

スロット専門店の「ゼウス」さん。

中へ入ると客入りも高い。

特に若いお客様の支持を得ているお店のようだ。

接客はと言うとスタッフが何か楽しい事を本当に楽しくこなしていて楽しそうだった。

店内の内装もどこかウェスタンランドチックで味がある。

見たところ内外装でお金は掛っておらず、それでいてパンチのある存在感で差別化がなされている。

まさに内外装業者泣かせの店づくりだ。

この店舗さんはパチンコ店さんも是非見る事をお勧めします。


-----------------------------------------------

そして帰りにもう一軒立ち寄り新台の

「CR Xジャパン」を試し打ち。

するとすかさず3000円で「X」役物がガチーン!
   エックス1

そして、破壊モードへ。

初めての遊技なので、この破壊モードの期待値がどの程度なのかの情報が分らない。

とりあえずは結構期待を膨らました。

が、NO潜伏の通常へ。

この後、何度もこれを繰り返すので案外「X」役物は容易に見れます。

このスペックはCRミリオン・ゴッドと類似していて殆どがガセの潜伏期待演出が連発するので止めるに止められないゲーム性だ。

そして、また「X」役物。

「あ~、またか~」

と思った瞬間。

紅ボーナス!
   エックス2

突然確変だ。


この「CR.Xジャパン」だが中古で結構な値段で取引されているとのこと。

だが、しっかり見極めが必要だ。

この手の機械は遊技客が止めたくてしょうがないのにも関わらず、騙しの演出でやむを得ず遊戯をせざるを得ない状況に持って行く。

結果稼働が上がる。

決して面白いからとか好きで追っかけている訳ではない。

が、数字だけを見ての判断だと、これを人気台と誤解をし購入し失敗するパターンが少なくなくある。

パチンコを打たない機械購入権限者がよく陥りがちな落とし穴だ。

この後も6連チャンしたかな。
    エックス3



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン(多摩川トレイルランまで後3日)

 
2010/09/23(Thu) Category : マラソン
王滝を終え3日目になるがほんの少し疲労が残っているような。

が多摩川のための練習は今日を逃してはならない。

実はモチベーションは少し低い。

王滝以来の3日ぶりの運動だが走ってみてハッキリと未だ筋肉疲労が残っていることに気付く。

ハムと脹ら脛が笑っていてどうにも力が入らない。
    

それでも頑張って何とか40分走ってみる。

最後はマンションの階段登りでフィニッシュと思っていたが、そのままエレベーターへ。

「ま、こんな日もあるサー!
辛ラーメン食って寝よう」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

旧盆(多摩川源流トレイルランあと4日)

 
2010/09/22(Wed) Category : アイデンティティー
今日は旧盆。

今日は大事な御先祖様を祭る「チェサ」の日。
東紅西白

いつものように「トンホン・ソベ」(東紅西白)東側に赤物と西側に白物と料理を並べて行く。

その脇には親戚の子供達が遊ぶ。

因みにこの料理は「チェサ」が終われば皆で食べるのだが、僕が子供の頃は無言でチェックし食事が始まれば真っ先に何を頂くかの下調べをしたもんだ。

僕の兄貴は長男故にアボジ(親父)達が元気でまだ「チェサ」を仕切れる間に、それを手伝いながら目で憶えている。

準備の終了間際に僕のアボジ(親父)や伯父さん達の何時もの物言いが入る。
ものいい

アボジ:
「今日はお盆で御先祖さま全般を祝う日だぞ!
なのに何でハルベ(祖父)の遺影を出す!」

またアボジ:
「果物が多すぎるんだよ!」


僕の兄:
「タジタジ・・・」



そんな一日の始まりでした。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

2010.9 セルフディスカバリー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク100K(当日)

 
2010/09/20(Mon) Category : MTB
さー、とうとうこの日がやって参りましたBIG4の内の1つであるセルフディスカバリー王滝100の当日がやってきた。

それでは早速のレポート開始。

早朝、4時に全ての戦闘準備を終えスタート会場に向けキャンプ場を出る。

5時少し前に会場入り、既に場所取りが始まっていた。
スタート会場

僕も素早くスペースを見付けバイクを置く。

すると、そこへ今までブログだけでのブログ仲間のビジネスアスリートSIMBAさんと合流し直ぐ横にバイクを並べる。

これから始まる過酷なレースの健闘をたたえ記念撮影。
    シンバさんと


スタート間近のアナウンスが入り、恒例の山の神様への無災祈願をし全員バイクを起こし配置に着く。

見よ、この日の参加人数は900人を超える。
スタート直前

午前6時丁度。

長い長い100キロのMTBのレースの幕が切って落とされる

           スタート!


    スタート

先ずは麓のアスファルトの道を軽くポタリング。

この時点で飛ばす人は飛ばす。
    麓

僕はポタリングなのでこの間に本大会の簡単な説明をするとしよう。

王滝村をスタートしその周りの丘陸のオフロードコース全長100キロのコースを制限時間内に走破する素人には可なり過酷な競技だ。

おっと、そうこうしている内にトレイルロードに突入したようなので詳しくは前回大会を見てくれ。

本格トレイルコースに突入すると直ぐに列は途切れ途切れになる。

丁度、日射しも射してきた。
    10地点日射し

「こりゃ、今大会も暑くなるぞ~」

    上りガッツ


序盤はひたすら上りで標高を上げて行く。

だが今大会での作戦はあまり飛ばさず無理な追い越しはせずにタイヤに優しいコースを見極めての走行を終始心がける。

理由は前回の大会ではパンクをしてしまい約20分のロスをしてしまった。

結果、ゴールタイムは8時間55分

このロスを無くせば、もっとタイムが縮められるので、そのための慎重走行だ。
(この作戦が後あとに凶と出る結果となるが後ほど)



30キロ地点、急勾配にガレがゴロつく。
    30ガレ

悔しいが、ここで初のバイクを降り引っ張る。

て、言うかまだ30キロ地点なのにもう筋肉が疲れている。

経験のない人は分からないと思うが、このMTBのオフロードコースは普通にトレキングコース並みなので一度マシンから降りてしまうと適当な緩やかな勾配を探すまでは中々乗り辛いのだ。

それに一度、降りると降り癖が付く。

気付くと腹も減ったので、ここで飯。
    40飯

第一チェックポイントに差し掛かるも序盤からマッタリとしたペースで来たこともありスタミナは落ち着いている。

よってスルー。
50第一関門はスルー

段々と大会慣れをして行くと水分補給の量が減って来たような気がする。

最初に入れた2リットル以上のハイドレーションが全く減らず、今になって重く感じる。

入れすぎたな・・・。

余りの暑さに途中の天然エイドで冷たい水を顔に浴びせる。

確か前回大会はこの天然エイドでパンクをし修理をしたっけ。
60天然エイド

第2チェックポイントが近付くにつれ今大会の自身のレース進捗状況に異変を感じる。

この大会の素人先週の最大の山場が80キロ地点にある第3チェックポイントである最終チェックポイントを8時間以内、時刻すると朝6時のスタートなので午後の2時に通過をしないと足切りとなってしまう。

よってこの67キロ地点にある第2チェックポイントを12時30分には通過をしなくてはならないのだが、僕が第2を通過したのは12時50分。

「やば!あと1時間10分しかない」

パンクもしてないのにパンクをした前大会の途中タイムよりも約20分遅い。

パンクを恐れ無理なく慎重に丁寧にタイヤを労わって走ったスローなペースがチリも積もって山となった結果がこれだ。

今から出ても第3チェックを通過できる保証のないギリギリのラインだ。

何だか前々回の記憶が過る。

前々回もギリギリのラインで「駄目でも全力を尽くして足切りにあおう」と思いトライ。

その結果は残念ながら時間切れで足切りにあった。

辺りを見回すと打算をして既に競技を放棄する選手と諦めずにスタートする選手とでキッパリと分かれる。

2秒考えた結果やっぱり放棄は出来ない、駄目でも全力を尽くす選択をした。
70第2エイドでの選択

この間のコースは急勾配の上り下りにガレが酷い一番の難所だ。

急勾配の上りを一気に駆け上がる。

駆けあがりながら思う。

(最初からこうしてりゃ良かった)
75全力で


坂ガッツ


最大の難所であるガレ場の下り。

競技スタート前の競技説明でガレ岩はかなり整備されたとの説明通り確かに整備されてはいたが下り下手の僕からして見れば中々シビレる。

だが、こん時ばかりは自分で言うのもなんだが速かった。

なんせ足切りが掛っているから怪我覚悟で飛ばした。

(人間、開き直ればある程度事は出来てしまうんだな~)とこの時思った。

とは言うものの時間は刻一刻と午後2時に近付く。

1時45分・・・50分・・・55分・・・58分。

2時を回った所で最終チェックポイントが見えてきた。

この時のスピードはロードバイクのタイムトライあるより速かったような気がする。

係員:「はーい、セーフー」

やったぜ!時刻を見ると2時丁度だった。

写メを撮る時には1分を回ってるのでこの時の「ドラマ24」並みの緊張感が伝わるはず。
    80奇跡のセーフ

前回大会はここをパンク修理作業込みで1時30分に通過した。

後ろを見るとゲートが封鎖作業が。
ゲート閉まる

しかし、これは底辺のレベルの選手が味わうもの。

よって最後の20キロは反省の意味を込めて全力でスパートをかける。
    最後のライド



するとゴールが見えてきた。
ゴールが見えた

そして

          ゴール!

    ゴール


タイム: 9時間35分

去年の記録更新どころか40分も遅れてしまった。

何とかクリアーしたものの空しくてたまらない。

競技を振り返ると毎度の事だが常に反省をしてしまう。

このようなウルトラ距離の競技は作戦が物を言う。

今回は序盤ダラダラ過ぎた、余力を残しすぎたのが作戦ミスと言う事で自己採点は65点かな?

因みにSIMBAさんは8時間05分だったらしいです。

お見事!

さて、明日からは頭をハセツネモードに切り替えて先ずは来週のトレイルラン30キロだ!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

王滝に到着!(大会前日)

 
2010/09/18(Sat) Category : MTB
早朝6時に家を出たが3連休始めという事もあり渋滞に4時間もはまり、やっと王滝村に着いたのが16時!

一人参加なので、ついでにと連れてきた子供達と家内は終始爆睡。

まぁ、いつものことなのだが・・・。

本番前からクタクタだ。



しかも人気の本大会故に、やっと取れた宿はスタート会場から11キロも離れた市営施設のバンガロー。

ゼッケンを付けながらスタート会場までの11キロ走行を「準備運動だ!」と何とかポジティブに捉えるよいに自己暗示を。



そんな僕に家内が一言。

「は~今日は本当に疲れたよね~、もうクタクタ」

この調子じゃ帰りの運転も俺だなこりゃ。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

今月の読書(王滝100まで後2日)

 
2010/09/17(Fri) Category : 読書
今月の読書は

鈴木康央著書の

    部下を定時で帰らせ成果も上げる

         課長の仕事術」

    読書


    

本の内容は何も一般的な課長の仕事はこうあるべきだー!的な物ではない。

本書の趣旨は無駄な残業を根絶し同時に仕事の質は上げて行くという仕組みをどうしたら成し遂げられるのかを説いている。

そして、その仕組み作りに奮闘しなければならないのが位置づけ的に課長や部長になる。(主に課長)

なのでこのような題目になっています。

内容はと言うと、なぜ殆どの日本人は手当も付かない、誰に命じられた訳でもないのに残業をするのか。

その解説と対処や解決方法が行動レベルまで落としこんで説かれている。

何故、手当も付かないのに残業をするのかの幾つかある理由の中で何個かを紹介しよう。

①9時~17時分までの8時間が勤務時間だが
  「常に、ハナっから10時間で
     仕事を終えるつもりでいる」

②成果の出せない人が残業をすることで(見せることで)
  その部分を評価してもらい補おうとする

③仕事を終えた後に特に家に強く帰りたいと思わない、
 プライベートの用事がない、趣味もない、
 ならばそのままデスクで暇潰しをしていた方がいい。

④上司が上がるまでは自分も上がり辛い
 (この上司は③が当てはまる)

等など・・・。

僕自身、自分の過去の経験を重ね思わず笑ってしまった。(ビジネス書で初めて笑った)

こんな無駄な残業は非効率で会社、部署が不健康になってゆく。

事実アメリカ的には「時間内に仕事をクリアー出来ない人なんだ」と逆に評価が下がってしまう。

ならばそんな無駄残業をどうなくして行くのかだが某企業の事例を交え解説している。


本書の中には「意味のある残業は大いにすべきなので誤解の無いように」とも書かれている。

ただ、意味のある残業をしているのは残業組の2割にも満たないらしい・・・。

賛否両論あるとは思うが実に面白いので是非読んでほしい。



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

久々のゲーリー(王滝100まで後3日)

 
2010/09/16(Thu) Category : MTB
王滝の準備を着々と進めるべく実家へ。

そうMTBを車に積むためだ。

4ヶ月前の富士見以来の再会、ゲーリーフィッシャー・パラゴン。

その証拠にその大会の時のゼッケンが付けっぱなしだ。
   

今からジムで追い込んでも大会当日に筋肉痛が残るだけ。

あまり意味はないと思うが軽く4キロ走って自宅マンションの階段登りで帰る。

大会までの練習はこれで終~了!

だが必ず7時間台は出すぞ。

「おりゃ!」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

札幌にて(セルフディスカバMTB100まで後4日)

 
2010/09/15(Wed) Category : 日記
昨日から札幌入りする。

低玉市場と2.5円貸しの等価交換のお店を直に見る。

札幌は言わずと知れた低玉天国・・・いや、地獄と言った方が良いほど低玉が飽和状態となっている。

そんな中の2.5円貸し。

それを良く知る札幌出身で同じパチンコ業界の義理の弟に話を聞くと中々なんのなんの・・・。

気になる業界人の方は是非見に行ってみては。


夜は弟にススキノで美味しいホルモン焼き屋に連れてってもらう。


美味しいホルモンをツツきながら話題は自転車話へ。

実は弟は先月に北海道一周1400キロ自転車ツーリングを2週間掛けてやりぬけた。

1日約100キロだ。

勿論、道内は平地ではなく山岳コースが多い。

最長で40キロ以上にもなるヒルクライムもあったらしく相当に過酷だったらしい。

ホールを経営する経営者なのだが一体何が彼をそうさせたのか?

そんな話に花を咲かせ昨日は静かにホテルに帰り早めの就寝。

今日の朝は早めに起きてススキノから札幌駅まで歩く。



僕は以前、青春時代の4年間をここ札幌で過ごした。

家内ともその時出会った。

そんな時期を懐かしみながらの散歩だ。



さて今週はMTBの100キロが気合いを入れよっと。

あ、そうそう前回ブログの波崎トライアスロンの記事に新しい追加写真を掲載しております。

是非、どうぞ。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment1)  |  Trackback0
 
 

神栖市第24回波崎トライアスロン大会 当日!

 
2010/09/12(Sun) Category : トライアスロン
今日は波崎トライアスロン

ということで、ここ茨木は波崎へやって参りました。

と言っても千葉の銚子だなここは。

因みに今日は「チーム・ガッツ」のチーム初のトライアスロン参加。

記念すべき日だ。

早速の受付。
受付


今日の参加人数はかなりの人数だ。

そして、チームとも合流し雑談をしながら気持ちをリラックスさせる。

みな顔には出していないが初めてなので緊張しているに違いない。

そうこうしているうちに第1陣のスプリントの部がスタートの準備をする。
スプリント準備


スプリントの部は全てのカテゴリーがオリンピックディスタンスの丁度半分の距離で文字通りタイムを競う。

初心者にもこの距離は良いのかも。



そして、あっと言う間に時間が来、スプリントの部のスタート。
スタート

この数十分後にオリンピックディスタンスの始まりだ。

まずはエイジの部が10時にスタートする。

「さー、次の3分後にスタートだ」


そして入水する。
スイムイン

水温は丁度気持ち良くヒンヤリとしている。

透明度はいまいち。

少しドキドキ、やはりこの瞬間の緊張感は癖になる。



そしてスタート!

スイム開始

今回のスイムはコース幅が狭いせいか混雑の中でのスイムだ。

スイムの練習不足から序盤に心拍数が一気に上がり息が荒くなったが

何とかスイムアップ。
    スイムアップ


スイムのタイム: 37分 18秒

まぁ、まずまずだ。



そしてお次はバイク。

今回のバイクは期待のデュラ・エースのホイールの成果が試される大事な試走でもある。
トランジションエリア

コースは一周10キロのコースを4周回する。

行きは向かい風に帰りは追い風だ。

時速35キロを超えると確かに何か違いがあるような?・・・。
    バイク

そしてバイク終了。

バイクタイム: 1時間13分 45秒

今までの最高記録が1時間21分でいくら頑張ってもこの20分台の壁が破れずにいたのが今大会で8分も縮める13分台だ。

凄いぞデュラ・エース!



そして、ラストはラン。

前回の手賀沼では53分台という不甲斐ない結果で終わったランだが、今日は何だか調子がいい。
    ラン

曇りのせいか物凄く暑いと言う訳ではないのがその根拠だろう。

終始同じペースで走れた。

そしてゴール!
    ゴール


ランタイム: 50分 06秒


総トータルタイム

2時間 41分 09秒
エイジ+シチズンの総合順位で
 150位/385人中(完走者)

自身最高記録をマークした。

デュラ・エースのお陰とは言えこれで40分台切りが見えて来たぞ!


そしてチームリレー参加のみんなも無事に全員が完走。

因みにスイム担当のHさん、僕よりもスイムが8分も早かい29分だった。

しかも初参戦なのに。

こりゃ、今後が楽しみだ!


それじゃみんな。

明日も明るく

「元気出して行こうぜ!」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

韓国食堂ミラクにて(波崎トラスロまで後2日)

 
2010/09/10(Fri) Category : 韓国料理/グルメ
久々の韓国グルメネタ。

本場の食堂で普段からちょくちょく食べる機会が多いので、ついネタにするのを忘れてしまいがちな韓グルネタ。

暑い日は辛いのに限る。

てなことでこれ「コルベンイ・ムッチム」(ツブ貝の辛味噌和え)



これと韓国焼酎。

旨い!

そして辛い!

そして汗かく。

そして加齢臭。

でも、それもイイ。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン(波崎トライアスロンまで後4日)

 
2010/09/08(Wed) Category : マラソン
今日の夜も腹が立つほど暑い!

ポッケに150円を入れ、いざ!

5キロ地点のタイムは25分と至って普通だ。

ただ、頭が朦朧とする。
いつもの水分補給場所は8キロ地点にあるローソンなのだが今回初めて5キロ地点のセブンで水分補給をしてしまった。

要は休んでしまった。


残りの5キロはポタリング。

大丈夫か?こんな調子で・・・。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

デュラエース装着!(波崎トライアスロンまで後5日)

 
2010/09/07(Tue) Category : 日記
今日、仕事を終え待ち切れずに駐車場でエアロホイールと旧ホイールを取り替えてみた。

ホイールに白のミシュランタイヤをはめチューブを挿入し空気を入れ、その間に蚊に6か所も刺されたが全く苦にならなかった。

そして完成!

20100907195402.jpg

「オウ、ビューティフー!」

意識したわけじゃないが、前と後ろのブレードに施されたコラテックのロゴとホイールに施されたデュラエースのロゴが完全にマッチしている。

最近白に変えたハンドルテープもマッチングに後押ししている。

更にサドルも白に変えたら可なりの「ハッタリが効く」バイクになるぞこれ。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

娘のサイクリングデビュー(波崎トライアスロンまで後7日)

 
2010/09/05(Sun) Category : ロードバイク
今日は山中湖にてFUJIエコ・サイクリングに娘と参加してきました。

本人の念願であったサイクリングデビューの日だ。

本大会のメインは富士山1周をする約120キロのラインディングなのだが、そこにファミリーの部の25キロが設けられ、それへの出場だ。

競技10分前。
スタート前



本大会は順位を争ったりタイムを競うものではないが本人は鼻息がどうも荒い。


本人の組のスタートだ。


順位を競う大会でないと何度も言いきかせたのに鼻息荒くスタートラインのトップに立つおバカっぷり。
スタート

そしてスタート。

山中湖を東から富士山方面へなぞるように西に向かい途中から湖から離れ折り返し地点の忍野八海で途中休憩をし再び来た道を戻る約25キロのサイクリングだ。
    行き

今日は見事な晴れ日和に恵まれた最高のサイクリング・コンディション。

湖の眺めも最高だ。

25キロの大人にとってはポタリングペースだが小学生の子供達からすればキツいのだろう。

そして約1時間15分かけて折り返し地点の忍野八海に到着。
折り返し

ここ忍野八海は八つの湧水池が隣接した中にある村で観光地で有名な場所だ。
忍野

ここで約1時間30分の休憩をとる。

湧水池はどれを見ても恐ろしい程に透き通っており中でおよぐ川魚達がまるで中に浮いているようで上高地を連想させる。
    八海

散々見て遊んだ後にまたサイクリング開始。

帰りは段々と表情が険しく。

他の子供達もそろそろ疲れて来たのかな?

そして長いながい走行時間約2時間30分のラインディング御苦労さまでした。
ゴーール



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

新しい足が届いた

 
2010/09/04(Sat) Category : ロードバイク
注文をしてから1週間ほどで届いた待ちに待ったカーボンホイール。

シマノ・デュラエース。



この代物、定価なら両輪セットで20万もするのだがロード仲間のUさんから紹介された海外のネット販売の会社から購入し11万で購入した。

円高のお陰で輸入商品はかなり安く手に入る。

さぁ、来週のトライアスロンはこれで記録更新じゃ!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2010/09/03(Fri) Category : 読書
今月の読書は

木下 安司著の

 「手にとるようにマーチャン
    ダイジング
がわかる本」

         

セブン・イレブン・ジャパン・システムを経て現在コンサルを営んでいる著者が事細かにマーチャンダイジングの基本を解説している。

実は我がP業界の人達、知っているようで知らない事や、良く耳にはするけど理解はしておらず今さら聞くにも恥ずかしいと言ったことが沢山ある。

勿論これは僕も含めての話だが。

そんな中の一つがこの「マーチャンダイジング」だ。

ユニクロ本なので良く目にし耳にするパチンコ業界でもたまに口に出されるマーチャンダイジングと言う名称。

この良く耳にするマーチャンダイジングだが意味を知らない人は多いだろう。

簡単に説明すると如何にして限られた売り場の中で顧客一人当たりの購買率を上げ、そして商品単価を少しでも上げるための科学的根拠と人間心理を生かした売り場作りだ。

これをパチンコ業界では「販促」と言う言葉で良く使われているが、精々チラシと店内イベントポップと装飾と機種レイアウトの幾つかのカテゴリーしかないだろう。

が本を読むと実にマーチャンダイジングとは一冊の本に成るほど、その促進方法は豊富でかつためになる。

スーパーやコンビニ、アパレルショップでは普通に使われている販促法でもパチンコ店でまだまだ使われていない方法が沢山あることに気づかされる。


PS
これで僕も今日からマーチャンダイジングを人に偉そうに語れるよ(笑)



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

ガッツ会

 
2010/09/02(Thu) Category : 日記
今日はチームガッツの会。

場所は新橋の創作料理のお店。



このお店の店主、道場六三郎の下で修行の後に開業し自ら腕を振るっているオーナー板さんの店だ。

出される料理は皆美味しい。









会の会話の趣旨は来週の波崎トライアスロンは皆練習しているのか?・・・に集中した。

練習は・・・、していないそうだ。


ガッツ会のメンバーはどうも練習頻度以前に気合いで本番に挑む性格者が集まったようだ。

僕も個人的にはその乗りは嫌いじゃないが、大丈夫かな?

それはそれでいいのだが・・・。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード