プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

第30回館山若潮マラソン(フル)当日!

 
2010/01/31(Sun) Category : マラソン
今日は去年に悲願であったサブフォーを出した2度目となる若潮マラソン(フルの部)。

と、言っても今日はタイムを狙うことが目的ではなく、あくまでも来月に行なわれる東京マラソンに向けての練習だ。

しかし、キツイレースになることは避けられない。

何故なら今日のフルマラソンは第29回大会から丁度1年ぶりとなるフルだからだ。

入念なるアップを済ませ、それでは早速

        「いざ、 出陣!」
        いざ


スタート会場に向うとご覧のとおりの去年を凌ぐランナー群。
        スタート前

後ろはと言うと。
        スタート前、後方

さて、今日のレースコンディションは

気温8.6度に付け加え風は殆どゼロと最高のマラソン日和となった。

コースは館山をスタートして館山の内房の海岸をなぞるように南下し南房総へ。

そのままフラワーラインを抜けて内陸へ入り、また南房総へ出てゴールへと向う可也のアップダウンの激しいコースだ。
        コース図

「おっと、そうこうしているうちに

  スタート時間がやってきたので

   コース説明はこれぐらいにしとこう」


それでは

         スタート!

        スタート

まだ息に余裕がある間に今日のレース運びを紹介しよう。

冒頭に述べたとおり、今日は東京マラソンのための練習ゆえにタイムは狙わない。

序盤から中間地点の20キロ地点までは時速11キロのスローペース、時間にして1時間50分でやり過ごす。

そして20キロ地点から30キロまでの10キロは時速12キロにペースアップをし30キロ地点からラストまでは、出来る限りの力を搾り出して行くと言ったビルドアップ走の練習だ。

お!気付くと右手に南房総の海が広がる。
   館山海岸

最初の<5キロ地点の5キロラップ>

26分 16秒

11キロ強ってとこだな、まずまずだ。


そして、ここからラストまで5キロ毎のラップを計測するとしよう。 

そろそろ南房総に近付いてきた。
   南房総手前

あの、右手見える岬をぐるりと回ると南房総だ。

<10キロ地点の5キロラップ>

25分 56秒  

「うっ! 知らず知らずにペースを上げ過ぎた」 

慌ててペースを落とし南房総フラワーラインに突入。
   フラワーライン

去年はこの時点で疲れてたっけな~。

<15キロ地点の5キロラップ>

27分 25秒 

こんどは遅すぎ!
   中間


ん~、11キロのペースは普段走り慣れてないから難しいようだ。

そして、約中間地点の20キロ地点に差し掛かる。
        20キロ地点

<20キロ地点の5キロラップ>

27分 40秒 

更に遅くなった!

さて、ここから気持ちをスイッチして“ 時速12キロ ”へペースアップ!
        序盤


たった1キロ上げただけで、どんどん前方のランナーを追い抜いて行く。

そして内陸へと入る。
        市街地へ

<25キロ地点の5キロラップ>

25分 18秒 

よし、12キロで来てるぞ!

そして、この館山若潮マラソンの最大の難関が近付いてくる。

丁度30キロを過ぎて直ぐに激坂が待っているのだ。

<30キロ地点の5キロラップ>

25分 25秒 

まだこの時点では30キロの壁は感じない。

お!出てきた出てきた悪魔の看板が。
        31キロ地点

そして、激坂の入口。
        激坂

ここから、いきなり足に苦痛が襲ってきた。

自分の壁は30キロではなく35キロなので今大会も35キロだと思っていたが33キロ地点で壁が迎えに来たようだ。

「ぐっ、 キツイ!」

かなり、この激坂で心を折られた。

<35キロ地点の5キロラップ>

28分 17秒

かなりスピードダウンの、この時点で作戦は崩れた。

おまけに腹が減って目がクラクラする。

残り8キロ地点のところで給水エイドに。

バナナ半切れ×2つ

クリームパン半切れ×2つ

アクエリアスと水を2杯とチョッとしたランチの量は食べまくった。

実を言うと、ここで3分は道草をした。

よしっ、続行!

すると南房総が見えてきた。
   内房へ戻り

序盤の右手に広がっていた内房を今度は左手にし南から館山へ北上する。

後はこの海岸線を残り6キロ程でゴールだ。
   ラストスパート

<40キロ地点での5キロラップ>

30分 15秒

さっきの3分の道草が響いたな。

「トホホ・・・」

それでもラスト2キロは残る力を絞り出しペースを上げる。
        スパート


そして、

        ゴール!
        ゴール

練習とは言え、されどフルマラソン。

おもいきり疲れた~!

<総トータルタイム>

3時間 47分 50秒

自己記録よりも4分遅いゴールだが、今日は練習。

でこのタイムは、まぁまぁだな。

残すは来月の東京マラソン。

目指せサブ3.5だー!

それじゃーみんなー。

明日からも

      「元気出して行こうぜー!」
        ゴール後


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

早朝トレーニングと水筒(館山フルマラソンまで後3日)

 
2010/01/28(Thu) Category : マラソン
さて、早朝マラソンに切り替えて2週間以上が経つ。

やっと体が慣れてきた感じだ。

今日は数日後に控えたフルマラソンのための少し軽めの5キロ走。
       朝練

一昨日の17キロ走の疲労が少々残る。

昨日、久しぶりにAMEGROのアニキと電話で会話をした。

アニキも東京マラソンの記録を狙うため、日々の練習の質と量を着実に増やしている。

因みに今月は総走行距離200キロのノルマを行くらしい。

これは凄い!本当にやる気だ。

そういう僕はと言うと、毎月イーブンの150キロ程度だ。

「・・・」

---------------------------------------------------
話は変わって水筒のお話し。

最近、僕はこのような保冷保温の水筒を会社や車に携帯するようになった。

       サーモス製 500ml用
       水筒

これ、8時間経っても熱いまんまで飲めボトルの幅も市販の缶の幅と一緒なのでボトルホルダーにも填まる優れ物だ。

知らなかったのだが、水筒を携帯するスタイルが密かにサラリーマンの中で増えているらしい。

缶コーヒーも含め日に6杯以上は軽く摂取するコーヒー好きの僕がこれを携帯することとなった理由。

第3位
会社でも車でも熱いまんまのコーヒーが直ぐ味わえる。

第2位
お金の節約

第1位
買いに行く手間が省けるので
時間の整理整頓が出来る。

この時間の削減が一番の理由だ。

実際に使いなれて、削減できている事に実感している。

因みにこれ、パチンコホールでオリジナルボトルを販売しコーヒーは有料で補給し(オリジナルボトルの場合はサービス料金)お客様のお帰りの際はお店でお預かりするサービスをしたらヒットすると思った。

ニーズの仮設は

①いちいち自販機まで買いに行く手間と面倒くささが省け、遊戯に集中でき時間を有効に使える。

②お小遣いを節約しながらも多めのコーヒーが飲める。

③飲みたい時に飲める。

一応、ここまでは僕もいちユーザーとしての立場で挙げてみたが、冒頭で述べたボトルを携帯するようになったサラリーマンとニーズは一緒でしょ!?

最後はおまけで
④「お? この店なんだか洒落たことしてるわね」
と、差別化につながる。

そして、コーヒー屋も儲かりウィンウィンに・・・

これ本当にヒットすると想う。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2010/01/27(Wed) Category : 読書
今月の読書は

数々の赤字企業を再生してしきた企業再生のプロ

著者 長谷川 和廣氏の


    「社長のノート」

       

実はこれ、僕と同じホール関係で働きながらも、これまた同じくアスリートビジネスマンの同級生から紹介して頂いた本。

3日で読めると言う事で読んでみたら本当に2日で読めた簡単な本だった。

内容は企業の立て直し述なのだが営業戦略とかキャッシュフロー、財務とかのお話ではなく、働く各個人の能力の見極め方であったり、チョッとしたモチベーションの上げてあげる方法であったり、上司の求める部下の姿勢や部下の求める上司の指導法であったりと、個人レベルの指導方法がや対処法が大半をしめていた。

どちらかと言うと部下に勧めたい本かな?

まぁ、3日で読める簡単な本なので読んでみては?


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

深夜のマラソン(館山フルマラソンまで残り4日)

 
2010/01/25(Mon) Category : マラソン
今日は久々の深夜のマラソン!

え?「早朝マラソンを止めたのではないか?」って?

いいえ、違います。

館山フルマラソンに向けての17キロの長距離ポイント走のため、とても早朝マラソンだと時間的余裕がない事とまだ体が朝に不慣れなのもあり深夜のマラソンの運びとなりました。

まだ1月だと言うのに今日はさほど寒くはなく絶好のマラソン日和だ。

時刻は22時20分で気温は恐らく9度では?

実はこの数日(4日間)全くトレーニングが出来なかった。

忙しかったのもあるが、何だか気持ち的にモチベーションが上がらず、4日間ほど体をニュートラルに入れていた感じだ。
       ゴー

よって、今日はタイムを意識してのポイント走を。

それでは いざ!

先ずは6キロ地点のラップ

27分前半と中々、良い滑り出しの序盤。

息も乱れずにいる。

10キロ地点のラップは 43分前半とこれまたペースはイーブン。

さて、そろそろペースをアップ時期と見てペースを上げる。

12キロ地点のラップ

53分 30秒と イメージとは裏腹にペースは上がっていない事に気付く。

13キロ地点でのラップが

58分

そして13キロ500m付近で両足太股に重み感が襲ってきた。

この数日間の練習不足が原因だろう。

13.5キロから15キロ地点までペースダウン。

だが15キロ地点のラップは1時間06分と平均成績よりも1分早い。

この間に息を整え残りの2キロを再度、時速13キロで走り直す。

ラスト1キロは動悸が襲ってきた。

少し怖かったが何とか17キロを走り終え

ラップは1時間16分

        (疲れた!・・・)
       フィニッシュ

声も出ない!

ただ只、強い息の切れる音だけがマンション街に木霊する。

さて、体への“ 渇入れ ”は館山フルマラソンまでは今日で終わり。

後は、筋トレと流しだな。

それじゃ!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

錯覚しがちな高稼動

 
2010/01/25(Mon) Category : パチンコ・業界
今日は久々のパチンコ関連のお話。

攻略法でもないのでパチンコが分からない方はスルーして下さい。

今日は錯覚しがちな高稼動について。

よく新しく発表された機械が連日高稼動を誇ると、オーナーさんや幹部達はホクホクだ。

が、僕は高稼動には3通り存在すると思う。

一つはお客様が勝ち負けに拘らず 「面白い」と印象を持たれ、ついつい追加遊戯してしまう俗に言う

稼動」

二つ目はゲーム性が面白くてではない射性を追い求める

稼動」

最後の三つ目は大当たりをしているのか、そうでないのか。

止めたくても中々止め辛い、を煮やす台の

稼動」だ。

「業稼動」は俗に言う潜伏確変という物だ。

今日はその「業稼動」の典型例を。

モニターは僕。

とある競合店で座ったCR釣りバカ日誌で直ぐにチャンスモードに突入。

そのまま一番確立変動期待値の高い「ヌシ釣りミッション」モードへ。

このチャンスモードとやらは「確立変動 or 通常」で、ようは内部的に「当っているかもしれないし、そうでないかもしれない」と言うモードだ。

取りようによっては“ チャンス ”なのだが、同時に大当たりかもしれないので止めれない・・・

しかし、終わってみれば当ってもいない台に多額の投資をしてしまうケースが殆ど・・・

と言うデメリットもある。
       確変電サポ無し

これを引いたお陰で少し立ち寄っただけが、大当たり1回分の投資を余儀なくされた。

そして、期待していなかった大当たりが・・・。

この大当たりが。

内部的に当っていたのか、そうでなかったのかは分からない。
       当たり

結局、投資額を回収しただけの面白くも何ともない無駄な遊戯時間だった。

だが、まだ大当たりが来ただけでもラッキーで、これが“ スカ ”で終わっていたら本当に頭に来ることだろう。

しかし、この手の潜伏物は

(面白くて遊戯している訳ではない) < (止めるにやめれない)

の図式となり、この止めるに止められない遊戯時間がホールのデーターに稼動数として上がってくる訳だ。

すると、どうなるかと言うと

「好稼動」「幸稼動」「業稼動」共に性質は全く異なるがデーターには高稼動に高収益と全く同じく反映される。

そして、それを見た幹部やオーナー達は「これ中々いけるんちゃう?」という具合に錯覚と言う落とし穴に陥り更に利益を上げようとする現象が起こる。

ならホール側はこれらを避けるにはどうすれば良いのか。

①データーの数字だけでは無くホールでお客様の反応や表情を観察すること。

②データーの数字だけでは無く機械を実際に遊戯して特性を知る。

③(①、②)を踏まえて各台に置かれている遊戯説明書がユーザー目線で理解し易い物になっているかを常に確認。

この3点を行なうしかない。

そして、ユーザー側は「分かり辛い遊戯説明」 「自分達を見てくれない」と感じるホールは避けるべきであろう。

因みにここ最近潜伏確変の無いタイプが増え出している。

そして「一切の潜伏確変は存在しません」という謳い文句を添えて。

機械に関して一番勉強不足なのは、もしやホール関係者では・・・。

さて、当店は?



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

第34回 千葉マリンマラソン(娘編)

 
2010/01/24(Sun) Category : マラソン
突然ですが今日は千葉マリンマラソン。

と言っても本日は娘と一緒に走るファミリーランの部。

去年は自己挑戦での出場でしたが今回は娘の修行。
去年のマリンマラソン

では早速、歩いて会場であるマリンスタジアムへ。
       歩いてマリスタ

娘は今日も根拠のない自信に満ち溢れていた。

娘:「ねーねー、1等取ったら
   メダル何処に飾ろうか~?」


ガッツ:「・・・」

受付場所前はご覧のとおりの人だかり。
  会場風景

まずは同大会に参加する同級生二人と同じアスリートビジネスマンの某コンサルタントの方と待ち合わせ場所で落ち合う。

各々の参加種目がハーフと5キロとファミリー2キロでスタート場所と時間が異なるのでお互いが検討を祈っての競技開始前からの解散となった。

それでは我ら家族もスイッチを戦闘モードに切り替えてアップ開始。

時間も押し迫って来たのでゼッケンを貼り、もう1ど靴ヒモを強く締め。

             「いざ、 出陣!」

        「いざ、出陣!」
       いざ

スタート場所へと行くと、そこでは既に同伴のパパやママ達の物言わぬポジション取り合戦がさり気なく行なわれていた。

勿論、僕も紳士を装いながらも前へ前へと・・・。

そして、ここまで来ました。
       スタート前

すると丁度、1分前のアナウンスが。

娘はと言うと、もう大分大会慣れしたせえか表情には余裕が感じられた。

そして、

         スタート!
  スタート

やはり低学年はスタートと同時に分けもわからず猛ダッシュ!

娘はもう流石に慣れたのかマイーペースでスタートを切る。

が、今日は2キロゆへ余り遅いのも後半で追いつけない。

あまり悠長にもしていられない。

その証拠に既に折り返し地点に到着してしまった。
       折り返し

「マズい おい 急ぐぞ!」

ここら辺は既に残り1㌔の地点。

全ての父兄たちが、ここからをラストスパート場所にしていたのだろう、回りから一斉にエールの声が。

「ユウタく~ん ここから10人抜くよ~」

 「カイト ゴールまでパパのスピードで行くよ」

負けじと僕も娘へエールを。
      「今から30人抜くぞ~!」
       残り1㌔

更に全員の子供達がペースを上げる。

ここら辺からは ママ達が「ヒーヒー」息を上げ始める。

マリンスタジアムの入り口が見えてきた。
  マリスタ手前

そして、マリンスタジアムへ入場し

後はゴールまでまっしぐらだ!。
  マリススタ


       そして・・・。


       マリンゴール

         ゴール!

タイムは12分台でキロ6分20秒ってとこだが、

まぁ よく頑張ったよ。

因みにこの千葉マリンマラソンですが去年はハーフのエントリーでしたが比較的タイムが狙えてコースロケーションも最高のガッツお奨めの一押し大会です。

では。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

社員総会 & マイ・バースデー

 
2010/01/21(Thu) Category : マラソン
今日は年に一度の社員総会の日。

皆さん、去年は日本のみならず世界が大変な時期に本当に頑張ってくれました。

そんな頑張った全スタッフの中でも特に輝きを放ち受賞をされた格スタッフ達が去年の振り返りと今年の抱負を思い思いに語って下さいました。
  総会

感動した。

この数年で我がグループも店舗が縮小したせいか、なんだかアットホームな仕上がりの総会となりましたが、これはこれで良い感じだ。

「よーし、今年もともに頑張ろう!」

それと、総会の準備をされた仲間達、

お疲れ様でした。

-------------------------------------
< マイ・バースデー >

本日、21日は僕の39度目のハッピーバースデー。

総会も終わり帰り際、ほんの少しだけ期待したが仲間の誰一人とて、チョッとしたお祝いの言葉がなく少し寂しかった。

日ごろの自分の行いが悪いのだろう。

そして、本来なら自宅へ戻り家族でお祝い・・・

か、友人の誘いで飲み?

ってのが通常だが家族での祝いは昨日すましたので、こんな日はやっぱりトレーニング。
       トレーニング

体を温める暫しのあいだ僕の小話にお付き合い願いたい。

実は去年末ごろから、ある戦国武将に強く惹かれるようになった。

そして、過去のブログ記事で紹介した

戦いと商売繁盛の神毘沙門天(多聞天)
       bishyamonten.jpg

を見つけては信仰まで行かないが手を合わせようかと思うようになった理由にも繋がる。

それまでの僕は戦国時代の歴史など全くの音痴で興味もなかった。

そんなある時、去年10月の娘の誕生日が近付き携帯サイトの「今日は何の日」を何気なく調べていた時のこと。

せっかくなので自分の誕生日を調べてみる。

1月21日は 

一つは坂本竜馬が間に入り、あの仲の悪い薩摩藩と長州が手を結んだ日(薩長同盟)で、それに因んでライバル同士が手を結ぶ日 とあった。

「ほーう、我ながら

  なかなか良い日じゃないかー」


そして、もう一つが上杉謙信の生誕した日であった。

ここに僕の興味が素通りすることが出来なかった。

「上杉謙信って、

  いったいどんな人物なんだろう?」


この日を境に僕の上杉謙信探しの旅が始まったのだった。

早速、謙信本を購入し読むのだが、これが中々面白い。

この上杉謙信はその誰もが知る生涯を「義」を重んじて生き、戦においては誰よりも先頭に立ち、また政治と商売においても才能にたけた武将。

そして自身を毘沙門天の生まれ変わりとし信仰していたのだ。

知れば知るほど面白くて惹かれ憧れる男。

誕生日が一緒の事もあり(旧暦で見ればズレますが)親近感を感じ何だか自分もこの上杉謙信のように生きて見ようかと、そう思うようになった。

しかし、最後に更に驚きが・・・。

上杉謙信が没した日付が 3月13日

「あれれ?これまた偶然だ!

   お袋の誕生日だよ」


そんな訳で今では上杉謙信になったつもりで毘沙門天を見付けては合掌をしています。
(謙信ファンには申し訳ない)

30代最後の年。

40になると同時に更なる明確なゴールに向かって弾丸スタートをきりたい。

今年の1年は40代の行く道をどう方向づけるかを明確にする年にしたい。


今日のトレーニングは5キロと800mのインターバルとウェイトトレーニング、スイム20分をこなしたが、ウェイトトレーニングが普段よりも疲れた。

おそらく先日、免許更新時の空いた時間の献血で400ml抜いたからかな~?


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

早朝マラソン

 
2010/01/20(Wed) Category : マラソン
早朝マラソンにも体が大分慣れてきた。

ようやく、走り始めの動悸がなくなってきたような・・・。

今までよりも1時間半早い起床時間にもすんなりと慣れた。

が、就寝時間は相変わらず深夜の02時~03時と変わらない、と言うより眠気が来ないのだ。

起きる時は目覚まし時計という便利な物と目的意識とが協力しあって問題を解決できるが就寝時間だけはどうにも長年に渡り、染み付き宿している体内時計が存在するので、これに変化を加える事が難しい。

徐々に変えてゆくしかないな。

そして、いつものように5時50分に起床し6時スタート。
       スタート

今日は久々に暖かい天気になるらしく現在の気温 体感で8度?ってとこかな。

それでは、スタート。

天気予報通り、今日は出だしから快適な気温だ。

今日のランニングメニューは平均時速13キロの1時間ビルドアップ走。

予定通り、約13キロを丁度1時間で走る。

前にブログでアップしたと思うが、この東京マラソンが近づいている大事な時期だがマラソンの練習に特化する事なくトライアスロンの練習もしている。

そのせいだと思うのだが体が重く感じる。

スイムで鍛えているため上半身が重く感じるのもそうだが

特にバイクで鍛えているとハムストリング(裏モモ筋)が膨らむため非常に重たく感じる。
       ゴール

だが、東京マラソンは狙う。

-------------------------------------
PS
明日は社員総会の日

例のごとく若い社員達が準備を万端にしているようす。

当日が楽しみだ。

そうそう、それと明日は僕がどうして毘沙門天を崇めるに至ったかの理由に触れる事としよう。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

同級生サッカー 初試合!

 
2010/01/17(Sun) Category : スポーツ
日付が変わって昨日のこと。

同級生で作ったサッカーチームの初となる他チームとの練習試合の日でした。

チームが発足し約1年と半年が経つが、この試合で各々がまた本チームの立ち位置が分かり今後の戦略戦術も見通しのつく大事な日となるであろう。

少々早めに我々チームがコートに到着。

相手チームも到着し挨拶を済ませアップを始める。

この時からいつもとは違う異変が起きる。

いつもなら絶対と言っていいほどアップをしないメンバーが自ずとコートに出てアップをするではないか!

これには驚くと言うか笑ったよ。

だが、もっと傑作なのがアップに不慣なのもあるが、みな緊張をしているのだろう、相手チームが伸び伸びと練習をしている同じコートの隅で小っちゃくなってパス回し。
  アップ

「おいおい、大胆に行こうぜ!

体はデカいくせに何を遠慮してんだ?」


まぁ、最初だからしょうがないか・・・。

と試合開始時間がやってきた。

いつもは明るい雰囲気がうちのチームの特徴だが、何だかみな口数がかなり少ない。

中央に各チーム集まり一礼。
  開始

この時は緊張も絶頂に達しているに違いない。


試合開始!

試合が開始し更に何時もとの違いが如実に。

まず「もう疲れた~」「もう駄目」「休憩休憩!」といった無駄な野次がない。

次に開始早々は消極的であったが徐々に場に慣れてきた後からは皆さん積極的かつ勇猛果敢にプレーに参加している。

そして、なによりも目つきが明らかに何時もと違う。

みな学生の頃、強くなりたい一心でグラウンドを駆け回ったあの青春時代。

その青春時代の終わりと共に置き忘れて来た、キックオフのホイッスルが鳴る前のあの何とも言えない緊張感、トラック競技のスターターの合図が撃たれる前のあの何とも言えないドキドキ感。

そう、あの緊張感がみな蘇ったのだった。

アドレナリンが分泌しまっくせいなのか、今日はみな持っている力の100%どころか110%を出して動いていたと思う。

「こいつ等、

  すっかり戦うオヤジになったな」

15分ハーフの前後半が終わり、みなうな垂れる。

が、どこか皆の表情は爽快だった。

試合が終わり、恒例の軽い飲み会の場では 勿論今日の試合の話に。

皆が口を揃えて「また試合しようぜ!」「次も直ぐしようぜ!」「今日、どっちが押してたかな?」等などと吠えるは吠える。


つい、この間までは

「試合!? 無理だよ~、楽しくサッカーすりゃ良いんじゃない?」

と言っていた事を果たして覚えているだろうか・・・。

勇気を出して一歩踏み出だした事により

自然と次のステージへとステップアップした分かり易い例だったな。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

良いと思うことは即実行に移すにつきる。

 
2010/01/15(Fri) Category : マラソン
さて、今日は日課であった深夜のマラソンを早朝に切り替えて3日目の朝。

1月、特に今週に入り急激に寒さが増す。

只今の推定気温 2度。

時刻は6時丁度。

それでは、いざマラソン開始。

マラソンを早朝に変えて3日目になるが、当初に懸念されていた「仕事中に睡魔が襲って来るのではないか?」だ。

その結果はと言うと心配をよそに以外や以外、全く睡魔は襲ってこない。

と、言うよりも軽い刺激が体に残っているせいか、かえって目が冴える。

しかし、夜の11時ごろになると一気に睡魔が襲ってくる。

当然と言や当然か・・・。

だが、早朝をやる前は何だかんだと自分なりに仮説を立てて深夜にマラソンをしていたが、実際にやって見ないと事にはどういう結果が出るかは分からない。

ビジネスでもよくこんなBADな光景を目にする。

仮説を立てた後、その方が良いと思われる仮説結果が出たにも関わらず、引き続き飽きずに仮説を語り続け(この場合、もし失敗したら?の仮説)「決断、行動」を引き伸ばすような事をする。

先ずは即行動に移して見ることにつきる。

さすれば成功は1日でも早く訪れる。

もし、仮に失敗をしたとしても臆する事は無い。

何故ならばその瞬間「仮説」は「事実」となり「ノウハウ」となる。

  早朝マラソン

-------------------------------------------
PS
明日は同級生サッカーチームの初となる他チームとの試合。

1年間の成果がハッキリと分かる楽しみな試合となるだろう。

乞うご期待。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

早朝マラソン

 
2010/01/13(Wed) Category : マラソン
さて、今日は初となる早朝マラソン!

実は早朝マラソンに関しては去年末ほどから「やろう、やろう」とは思ってはいたのだが、とうとう「やろう!」と行動に移す事となった。

今までの“深夜のマラソン”はあれはアレで良かれと思ってやって来たのだが、やはり頭の隅では「早朝は更に良いだろう」と思っていて、いつかは早朝マラソンを・・・、と思っていた。

早朝が良いと何となく思うイメージは

①一日の行動項目の整理整頓が出来る
  (夜の時間が空く)

②その日の情報を早くキャッチできる

③僕が起きる頃には登校して既にいない
  子供とのコミュニケーションが取れる

等などが挙げられる。

そして、番外編としてkenkoudouさんのブログの中でアップされていた“ゴールデンタイム”とやらを僕も体感したく、早々に始める決意をした。

普段は7時半の起床だが約1時間半早い5時50分に起き着替えを済ませ下へと降りる。

只今の時間は6時。
       時計

辺りを見回すと深夜と暗さが変わらず、まだ実感が沸かない。
  スタート前

それでは早速のスタート!

朝起きて直ぐの運動に体が慣れていないせいか、動悸がする。

他のランナー達はと言うと深夜同様にすれ違うこともない。

走り出して10分ほどで薄明るくなってきた。

おかげさまで今から進むべくコースの向こうまでハッキリと見える。
       コース


これも深夜ではありえない事だが

「え~!まだ あんなにあんの~」

と少々、精神的にまいる。

これも慣れていないせいだろう。

そして、僕お気に入りの丁度10キロの地点に差し掛かり後ろを振り返ると。

見事に素晴らしい東京湾の朝景!
  日の出

これも深夜では絶対に見られない光景だ。

と、全てが新鮮なマラソンのトレーニングが終了する。

距離12キロ(内ジョギング2キロ)。

タイムは54分。

自宅に帰ると「ゼーゼー」言いながら帰って来たアッパを見て不思議がる娘。

朝の風呂も気持ちが良かった。

とりあえず2週間続けて見ようと思う。

あ、そうそう 深夜のマラソンを止めた訳ではありません。

“飲み”が入った時なのどはケースバイケースで双方を織り交ぜて行なおうと思っています。

それでは。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2010/01/12(Tue) Category : 読書
今月の読書は

ファーストリテイリング 
代表取締役 柳井 正 著書

    「成功は一日で捨て去れ」 

     ユニクロ本2

      

内容は「ユニクロ」が上場し成長を果たした今もなお現状に甘んじることなく常に新しい事にチャレンジし行動に移しているその訳と、挑戦してきた数々のこと、そして未来の展望となっている。

本の序盤は上場企業ならではのM&AやTOB等のお話しが主で、所どころ分からない内容もあり、理解しながらの読み進みでしたので中盤までは難しかった~。

中盤に差し掛かったら辺から「ユニクロ」の理念であったりステートメントであったり心構えの部分に触れており、面白く読ませて頂いた。

本を読んで勉強になったこと。

「ユニクロ」は“ユニクロユーザー”の物の見かたや考え方を良く理解していると感じた。

それと、「ユニクロ」があれだけ大きく成長しているにも関わらず常に新しい事にチャレンジする事を意識して行動している点だ。

だから、あれだけ大きく成長できたと言うこともうなずける。


60歳になる 柳井社長

まだ後5年は新たな目標に向け走り続けるらしい。

柳井社長の志を知ると38歳の自分が、やっとビジネスの…人生のスタートラインにたっただけのような想いにさせられる。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

盲人マラソン練習会

 
2010/01/10(Sun) Category : マラソン
今日は朝から代々木公園にやってきてます。
 代々木公園

ビジネスマンアスリートとしての年間目標に関しては去年末のブログにて既にアップはしましたが、実は番外編でもう一つありまして、盲人マラソンランナーのための伴走をすることも目標として掲げております。

今日はその為の盲人マラソン練習会に参加をしにやって来たという訳です。

待ち合わせ場所に大分早めの到着をする。

今まで会社の行事で老人ホームの方のチョッとした介護の真似ごとのような事以外は全く経験の無いド素人。

おまけに障害者の方の触れ合いは初めてなので、かなり緊張する。

集合時間が近付くと一斉に盲人者と伴走者が集合場所に集まる。
 伴走練習会

今日は二つの団体の合同練習会という事もあって参加者は50~60人はいただろう。

時間になると今日はじめての参加者に挙手を求められ、簡単な自己紹介がはじまる。
 自己紹介


初めて参加される方は僕を含めて伴走志願者が7人と盲人のランナー志願者が2人。

伴走希望者の中に2人の中学生青年がいたのには感心させられた。

初心者には最初の説明がされる。

ここでの教わるのは一言で言うと伴走者の心得と技能の二つ。

先ずは心得なのだが、伴走者とはマラソンスタートからフィニッシュまでが勤めではなく、盲人の方との待ち合わせ場所でお会いした瞬間からレース会場まで・・・、レース終了後も引き続き付き添い最後のお別れするまでサポートする、れっきとした介護であることを注入される。

次に技能だが相手の左に立ちパートナーの左手と自分の右手でロープを持ち二人三脚のタイミングで相手のリズムに合わせ走る。

次に二人三脚をしながら同時に後に迫ってくる路面の変化、進行方向、周りの状況を観察、察知し相手に約3~5秒前に伝える。

この二人三脚と予知予測と報告の三つの事を同時に行わなければならないのだ。

早速、練習開始。

行き成りの盲人の方との練習、しかも盲人の方も初心者。
 練習模様

僕の番がやってきた。

もの凄く緊張し手に汗握った。

先ずは二人三脚のタイミングを合わせるのに手こずる。

5秒ほど時間を掛けて、やっとタイミング合わせて

「ほっ」

一安心すると指導の方に

「路面の出っ張りが近付いていますよー!知らせて下さーい」

と路面状況の確認と報告を完全に忘れてしまっている。

「そうだ!路面状況の

予知予測と報告だったな」


と前方の四方八方にアンテナを立てると、また指導員に

「走るタイミングが合ってませんよ!」

と指摘を受ける。

(自分のせいで盲人の方に何かあっては一大事)と更に手には汗がにじみ出る。

これは思っていた以上に大変な役だと痛感させられた。

次にベテランの盲人ランナーの方との伴走を体験。

この時の体験は本当に驚かされた。

先ず、相手のランナーのペースが速いのなんのって、僕も何とか付いてゆく。

そして、走りだして直ぐにベテラン盲人ランナーから指摘を受ける。

お相手:「腕に力が入っていますよ! 
     緊張せずに力を抜いて下さーい」


ガッツ:「はい、分かりました!」

そして、次に

お相手:「前に人がいますね~、
     どうすればよろしいですか?」


ガッツ:「あっ、本当ですね・・・」
     (何が「本当ですね」だ、俺はアホか!)

次に

お相手:「何か迫ってますか?」

ガッツ:「あっ! は、はい 
     沢山の人が前に歩いています」


等など、全て先手を取られてしまう。

と言うか聴覚が優れているせいか声や音で目の見える人よりも瞬時に察知をする。

最後の「何か迫ってますか?」の場合は僕の腕の力の入り具合とチョッとした動揺を体からキャッチし(この人は明らかに何かに対して緊張をしているのに何故なにも伝えてくれないのか)と思い先手をうって僕に聞いたらしいのだ。

最後はベテランの伴走者の伴走を見て学ぶ。

安全確保は当然の事ながら季節の風景や代々木に纏わる歴史等を話され、さながらバスガイドのようで僕らも気付くと話に聞き入っていた。

「さすがだ!」

最後に指導の方から大事な説明が。

どんなベテランの盲人ランナーでも伴走者がシッカリしていないと不安と恐怖が襲ってきて、もうその伴走者とは一緒に走りたくないらしい。

シッカリしていない伴走者とは「気の利かない」伴走者だ。

しかし、伴走者どんなに運動が苦手でも予知予測、報告、リズム合わせ、安全確保と気配り目配りを「一生懸命」になって伴走をしていれば盲人ランナーにはシッカリと伝わり好意を抱いて頂けるらしい。

そして3時間、距離にして約7キロの盲人マラソン練習会があっという間に終了した。
      腰かけ

「いやー、初めての盲人の方との

 触れ合いだったが、

 いい経験であったと同時に

 盲人の方の目となる事が

 こんなにも難しいとは

 思いもよらなかったなー

 こりゃ心してやらないと」



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

これからする読書

 
2010/01/07(Thu) Category : 読書
これからする読書本。

今回は読破した後では無く、読書前の本の紹介となる。

何故なら購入時に思わずネタにしたくなったので。

それが、これ。

     「沈まぬ太陽」

実は昨日、尊敬する某コンサルタントの方との食事の席で本の話に盛り上がり「沈まぬ太陽」略して“シズたい”の話に行き着いた。

彼によると

「企業人たる者、これを読まなきゃなりません!」と力説。

「ほーう、そうなんだー」と興味を持ち

「読まずして素通りは出来んな」

と思った。

確か、母も大分前にシズタイを僕に進めていた記憶が蘇る。

そのときは母は僕に

「お前、これを読まなきゃ時代に取り残されるぞ!」

・・・この言葉はピンと来ない。

そして、さっそく書店へ足を運び本を探し出し驚き!

     沈まぬ

こんなにあるのー!

こんなのは高校時代の夏休みの課題で読んだ「レ・ミゼラブル」以来だ。

だが、確かな人達に薦められた本なので、きっと為になる本だと思い、良い情報は速い方がいいと早々に記事に載せました。

それでは読破しましたら感想記事を出します。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

何か一つに絞る

 
2010/01/05(Tue) Category : スポーツ
昨日のこと。

09年度の1年間、あれだけ練習を頑張ったにも関わらずタイムが伸びないと言う課題を乗り越えるため今年からは練習メニューをガラリと変えて臨む。

しかし、なんだか今一つ練習内容が明確にイメージが出来ない。

そこで、今いちど去年の伸び悩みの原因を探ってみる。

去年1年間は心拍系の練習であるインターバルを怠り持久系の練習ばかりをこなして来たが、果たしてそれだけが原因だろうか?・・・。

と、意外な悩みから原因が見えてきた。

その悩みとは今年のアイアンマンに見切り発車で出場しようかどうか迷っている時のことだ。

まずは悩みの内容。

--------------------------------------------
9月に行われるアイアンマンに出場するには少なくとも半年前の3月からは練習を始めなければならない。

となると、その前にトライアスロンでもっとタイムを上げなければならないことになる。

となると、今年の最初のトライアスロン出場予定が5月なので、それに焦点を置くと少なくとも3か月前の2月からの練習開始となる。

しかし、そうなると2月末に行われるフルマラソンのためのランニングの練習量が削れてしまう。

フルマラソンに限らず5月頃からのMt富士や美ヶ原のヒルクライムや8月頃からのトレイルランのシーズンのそれに特化した練習もだ。

さて、どうしたもんかなー・・・。
---------------------------------------------
「は!」とそこで、気付いた!

去年までの僕は真冬のフルマラソンシーズンにはタイムを伸ばそうと、それに特化した練習だけを必死にしていた。

そして春頃からのバイクシーズンになるとそれに特化し、夏のトライアスロンシーズンにはそれに特化し、秋頃からはトレイルランに特化する。

各種目に特化している間はそれ以外の種目の練習はないがしろにする。

結局、ぐるっと一周してまたフルマラソンのシーズンになると、それまでフルマラの練習をしていないので当然衰えている。

次のバイクシーズンもそのまた次のトライアスロンもトレイルランも同じスパイラルでグルグルぐるぐる馬鹿の一つ憶えで衰えた筋力とフォームを元に戻す練習からの一からのスタートとなる。

結局、振り出しに戻ってばっかりなので、いつまで経っても各種目に置いておいてソコソコの成績までは行くが、それ以上は行かない。



マーケッティングでもそうだ。

どのお客様をターゲットにするかを決めずに、欲張ってあの層もこの層もどれも呼び込もうとするから、戦術がブレて中途半端なお店が出来る。

組織においても規模が大きくなるに比例して各部署も設けないから、その部門のプロフェッショナルが育たない。




2010年度はトライアスロンの練習1本に絞ることに決めました。

途中に行われる東京マラソンやハセツネ等はトライアスロン用の練習の中でどうにか補う事により現状維持をする。
(多分タイムが落ちるデメリットも・・・)

その変わりトライアスロンでタイムを伸ばす。

「よし、そうと決まれば」

と海パンをバックに詰める。

久々のスイミング。

今日は行き成りの「ガンガンスイム60」というのに参加した。

文字通り60分間のあいだガンガン泳がされる。

案の定、二の腕が妊娠したように膨らんで付いて行くのに精いっぱいだった。

お恥ずかしい話、同じクラスに参加していた40代~50代の年配女性達に抜かれまくった・・・。

次にバイクの30分間インターバル。

これも疲れた。

最後は筋トレで追い込みフィニッシュ!

帰りは自宅から歩いてバーミアンで夕食。

全て野菜とタンパク質系を注文しビールも。
     バーミ

奥からマーボー豆腐(箸で豆腐だけをつまむ)、青菜炒め、豚肉と卵の炒め

以上。

--------------------------------------
PS
でも東京マラソンはタイム狙いますよ!



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

Happy New Yearカウントダウンラン

 
2010/01/01(Fri) Category : マラソン
09年度も残すとこ、あと数時間。

早速、カウントダウンランニングの仕度をする。

気温は5度とかなり寒い。

今日のメニューは11キロ走。
     スタート

まだ息の楽な序盤に09年を振り返る。

去年は色々と、本当に色々とあったあっと言う間の1年だった。

ともあれ、この1年間は中年の体にムチ打って相当な肉体とスタミナと忍耐力を身に付ける事ができたと思う。

体の地盤作りは一通りクリアーしたので2010年はこのパワーアップした資本(体)をフルにサービス、商売に活用する年にしたい。

そうこうする内に今日のランニング練があっという間に終了する。

やはり自分を追い込む事は本当に癖になる。


話は変わり、よく30代後半ぐらいになる中年が「もう人生の折り返し地点を回ったから・・・」と、もう過去に完全燃焼したかのように表現する人を目にしたり耳にしたりする。

が、僕は人生に折り返し地点なんかないと思う。

あるのはゴールをし、また新たなゴールを設定しそれを目指し走るか、リタイアするかの二つだけだ。




「それでは皆さん、2010年も

   不景気なんかぶっ飛ばし

     走って走ってはしりまくって

       元気出して行こうぜ!」

     ゴール


      Happy New Year!




面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。