プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

ツールド美ヶ原 当日!

 
2009/06/29(Mon) Category : ロードバイク
やって参りました!ツールド美ヶ原 当日!

去年の雨による中止のため不参加となった自身最も気になるヒルクライムレースだ。

朝6:00に起床し会場に少し早めに到着。

前日は緊張?のあまり結局のところ一睡もできなかった。

会場に着くと既に周囲を大勢のレーサー達がアップを始めている。

僕も続けと早々と準備を整えアップに参加。

開始時間も迫りスタート付近の整列場所へ。

すると見よ!この参加数を!

その数2000人以上。
参加者

狭いスペース、どうにか人ひとり座れる場所を確保しストレッチ。

そして先ずは第一スタートのチャンピオン組みのスタートの時が来た。
チャンピオン

持っているマシンも体つきも我々一般ピープルとは別格だ。

そして、スタートの合図と共に物凄いスピードで消えていった。

次に女子。
女子

このような女性達を拝見すると、本当に格好良いと惚れ惚れする。

そして第3組、第4組・・・と次々とスタートを。

そして、やって来ましたガッツこと僕の組のスタート準備。
     ガッツの出番

いつもの事だが、このドキドキ感が本当にたまらない!

そして  スタート!

本日のコースを簡単に説明しますと、全長は21.6キロ、高低差1270mとヒルクライムとしては長めのコースとなっているが、なんと言ってもスタート直後に待ち受けている国内屈指の傾斜率16%の「激坂」だ!

そして後半のクライマックスは5キロのダウンヒル(下り坂)で時速50キロでぶっ飛ばしてゴールとなる。

参加者の殆どは、この最初の激坂を克服するべく遠方遥々集まってくるのだ。

今日のタイム目標は1時間40分台を狙っている。

マウント富士の全長が美ヶ原よりも長い24キロで高低差は若干劣る約1000mでタイムが1時間40台だったため、これを目安にしての計算だ。

おっと、そうこうしている内に激坂がやってきたので、コース説明はこれぐらいにするとしよう。

最初の難関の激坂がこれだ!
     激坂1
               (前日試走時の写真引用)

写真だと分かり難いが、これがかなりの激坂だ!

     まだまだ続く。
     激坂3
               (前日試走時の写真引用)

今まで富士ヒルクライム、ツールド小谷、ツールド草津、龍勢ヒルクライムとメジャーなヒルクライムには参加し、それなりの急坂で苦しさは味わって来たつもりだったが、この「激坂」は半端じゃない。

この瞬間、僕の中の激坂ランキング堂々トップに輝いたよ。

そして「一体、何処まで続くんだよ~」と思うほど苦しんだ最後の最後に激坂の神からのご褒美がこれだ。
いちばんの難所
                 (前日試走時の写真引用)

「主催者の皆!このタイミングでの、この看板・・・最高だぜ!ふっふっふ

そして、これが約1.5キロ程続いた美鈴湖のバス停でやっと激坂終了。
美鈴湖
                 (前日試走時の写真引用)

見よ、たったの1.5キロで既にこの高さ。
既にこの標高


ここで、大会スタッフが沿道で叫ぶ。

「ここからが比較的に楽な坂ですから~」

その言葉を聴いて期待してしまったのも束の間。

別に緩やかな坂では無く、普通にキツイ坂だ!

確かに激坂に比べれば緩やかな坂だが「スタッフさん!表現が間違ってるよ」

12キロ地点に差し掛かった時に、いつもと違うコンディションに気付く。
     中盤


いつになく息切れが激しく全身で疲れている事が実感できる。

間違いなく最初の「激坂」で一気に心拍数が上がり乳酸値が上がったために違いない。

残り9キロ地点のプラカードを持ったスタッフが。

タイムを確認すると既に1時間19分!

「これは1時間40分台は無理どころか50分台も危ない」

しかし、この残り9キロの地点から明らかにコンディションが更におかしく・・・

全身(特に上半身)に力が入らず脱力感が襲ってくる。

その内目まいがし、眠たくなって来た。

一度の瞬きも2~3秒と長くなり何度か接触しかけてヒヤリとする場面も・・・

残り6キロ地点に3度目の(最終)給水所に差し掛かった。

一度はここで自転車を降りて休もうとも思ったが、プライドがそれを許さなかった。
>>>>>20090704191043.jpg

残り5キロの看板が見えてきた。

レーサーの誰かが皆に激を飛ばす。
「これを過ぎたら後は下りだー! 頑張れガンバレ!」

「そうだった、あれを過ぎれば後は下りだ・・・休める・・・」

しかし舵を取る手はフラフラで、より一層睡魔と目まいが襲って来る。

「は?思い出したぞ!これは確か以前一人で夜間走行に必要な準備を一切せずに90キロのツーリングに出かけた時、残り40キロ地点で夜になりそうになり、無我夢中で目的地の車まで走った時に襲ってきた、そのままの現象だ」

それはそうと、残りわずかで下りだが、下りに到達したとしても何だか間違いなく危険な事故が起きそうな気がした。

悔しいが、ここでバイクを一旦おりる。

競技中の途中にバイクを降りるのは去年初めてヒルクライムに出場した時を最後に1年と1ヶ月ぶりだ。

本来なら悔しいハズが、この時は悔しくは無かった。

とにかく眠くてしょうがなかった。

4分か5分だっただろうか、しばらくは自転車に寄りかかりズーと目を瞑り仮眠をするようにグッタリしていた。

少し楽になり再度バイクに。

案の定、リトライした直後に下りに差し掛かる。
     後半

ここから本来なら引力の法則に自身のペダリングを加えて加速をして行くのだが、全然気力が出ない。

この間、どんどん後続車に抜かれてゆく。

下りなのに・・・

更に下りは急になりペダルを回さずともスピードがのってくる。
クライマックス下り

しかし、眠気と脱力感はドンドン増してくる一方だ。

なんて言うか・・・のぼせた様な、気持ちがハイになっているような感じだ。

何も考えずにスピードは時速50キロを超えている事に気づく。

こんな時に落車などしたら冗談じゃ済まされない。

最後は最高のロケーションに力をもらい微かに残る力を振り絞りハンドルをギュッとしっかりと握る。
クライマックス、大パノラマ


      そして

      ゴール!
     ゴール

ゴールと同時に倒れこむ。

タイム 

当初の目標である1時間40分台とは大きく掛け離れた
2時間15分。

悔しい!

しかし改めて競技を回想して見るが、間違いなく今まで僕が参加してきたヒルクライムの中でも断トツの一番険しいクライムだった事は間違いない。

今日の悔しさは来年のこの場で必ずやはらそうぞ!
     20090628104517.jpg



そして他の組で僕よりも10分以上も後でスタートをしたAMEGUROのアニキもゴール!

何とAMEGUROのアニキ。

ロードレースは今日が二度目のヒルクライムは初めて。

にも係わらずタイムはなんと
2時間04分。

このアニキ、センスあるよ!

一通り休んだ後に下山に入る。

その直後、AMEGUROのアニキにアクシデントが・・・
(詳しくはAMEGUROのブログにて)

ようやく麓に到着し満足感に浸る二人。
     二人

この後、美味しい蕎麦を食べながらレースのフィードバックをし長野を後にした。

それでは皆ー!明日からも

「元気出して行こうぜー!」

PS
来週には44.4キロのトレイルランがありますので、乞うご期待!

でも、AMEGURのアニキは無理かもなーあの傷じゃ。

来週は一人での参戦を覚悟しておこう・・・


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment10)  |  Trackback0
 
 

ツールド美ヶ原前日の試走

 
2009/06/27(Sat) Category : ロードバイク
美ヶ原前日。

千葉を出て途中、アスリート仲間のAMEGUROさんを拾っていざ長野へ。

約3時間かけて現地へ到着。

AMEGUROさんと先ずは実際に自転車で例の激坂とやらを見に行くことに。

スタートして間も無く、その激坂とやらは現れる。

傾斜率16%!こりゃ確かに激坂だ・・・

この角度は過去の小谷ヒルクライムでも似たような坂はあったが、それとは勝手が違うのは、その距離がとにかく長い!

途中タマラず一度は下車。

少し休んでリトライするも少し進んで再度下車。

こんな激坂がずーと続く。

1.5キロだろうか2キロだろうか進んだ所で傾斜がなくなる。

「ここまでが激坂ゾーンなんだな・・・

更に先に行く選手たちはいたが僕達はとりあえずは、ここでUターン。

それでも全身汗でビッショリだ。

明日の天候は当初は曇りのち雨だったが、晴れのち曇りとラッキー天候。

しかし、かなりムシムシするらしい。

とりあえず今日は早く寝て明日に備えるとしよう。

みんな!明日は8時スタートなので、思い出したら思いっきりの元気玉をガッツに送ってください。

それでは皆さん、明日の本番を乞うご期待!



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment3)  |  Trackback0
 
 

土浦見学&深夜のマラソン(ツールド美ヶ原まで残り2日)

 
2009/06/26(Fri) Category : 日記
今日は優良店巡りのため土浦に。

高速の渋滞に上手く捕まらずスムーズに現地へ到着。

しかし、運が悪い。

全国パチンコ情報サイトで調べて行ったにも関わらず目当ての店舗の内の2店舗がリニューアルオープンのため休みであった。(ガッカリ)

「これじゃそのまま千葉へトンボ帰りになっちまうな~」

一通りお店を見て周り、最後に地元に住む同じ業界の後輩に連絡をする。

実は彼とは何年も前から仲良くしていた仲で彼が経営幹部になると途端に忙しくなり何年も会えていなかったのだ。

連絡をし事情を説明すると喜んで会ってくれるとのこと。

久々の再開は全く知らない赤の他人のホール駐車場だが懐かしく強く握手を交わした。

彼の名はブログネームで「坊や」。(←クリックしてね)

彼も僕とタイプは似ていてチャキチャキの体育会系だ。

彼は快く地元しか知らない道を使い色々とお店を案内してくれた。

お陰で充実した店舗巡りが出来た。

最後に近所のモスバーガーで茶でもシバキながら会えなかった月日の色々な話しに花を咲かせた。

彼のお店も例外になく色々と悪戦苦闘しているらしく、苦悩っぷりが伝わる。

が、決して諦めてはおらず、むしろ前向きで勉強熱心で向上心に満ち溢れていた。

毎度の事だが、このような人と会って話すとパワーを貰える。

5~6年ぶりに会わない間に見違える程に成長していた。

きっと良いお店を作るに違いない。

またの再開を約束し土浦を後にする。

-----------------------------------

一通り仕事が終わり家に着いたのが21時30分。

子供達がなんと起きているではないか!

まぁ、久々のたわむれなので寝かすまで付き合うことに。

そのあいだ本日の練習のシュミレーションをする。

今週には激坂の美ヶ原が待っている。

よってローラー台を回したいところだが9日後には山岳マラソン44.4キロも待っている。

僕の勝手な自分分析の結果・・・今日の一日、ローラー台をやろうがやるまいが本番のタイムは殆ど変わらないだろう。

ならば9日後のトレイルに照準を合わせてマラソンだ!と結論付けた。

てな事で深夜のマラソン。

因みに今週、新しい携帯に機種変更したのだが、いつの間にかこんな機能が・・・

鉛筆画機能だ。

それじゃ、何時ものスタート前の写真をこの機能で。

     いざ!
     20090625230340.jpg

ねー、これ凄いでしょう? 恐らく僕が知るのが遅いんだろうけど・・・


只今の気温22度 風邪はほぼ無風。

本日のメニューは15キロのタイムトライアルではなくジョグの持久走。

タップリ時間を掛けて走り終えること1時間17分。

肺は疲れないがTシャツがもう汗で重くてしょうがない。

それじゃ週末の美ヶ原を乞うご期待!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment8)  |  Trackback0
 
 

帰り道に・・・(ツールド美ヶ原まで後3日)

 
2009/06/25(Thu) Category : 韓国料理/グルメ
昨日の事。

普段より少々早い帰宅。

「さて、何処で飯を食うか」

実は二日ほど前から喉の調子が悪い。

本来ならそれでも練習は決行するのだが週末の美ヶ原でもし風邪でもこじらしたら、そっちの方がNGだ。

と言うことで練習はなしの22時近くの晩御飯。

ジャンルはラーメン。

海浜幕張のテナントビルの周りを物色すると一軒の小さなラーメン店を発見!

「麺や空海」だ。

これは確かチェーン店だったかな・・・?

とりあえず入って注文。

実は前日に業者との付き合いで朝まで飲んで胃の調子が未だ御機嫌ナナメ。

よって醤油を注文する(どの道人気商品のようだ)
     空海

あっさり味の薄味醤油でイメージとピッタリ合う二日酔うには最適なラーメンだ。

今度は正常な時にもう一度食するとするか。

実はこれを食す時も少々具合が悪かったから・・・




面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment3)  |  Trackback0
 
 

今月の読書&深夜のマラソン(ツールド美ヶ原まで残り6日)

 
2009/06/21(Sun) Category : 読書
先ずは今月の読書。

今月の本は以前に僕のブログでアップした「サービスを超える瞬間」の著者

 ザ・リッツカールトン・ホテル日本支社長 高野 登さんの

     「絆が生まれる瞬間」
     20090621211132.jpg

以前に紹介した「感動が生まれる瞬間」がリッツの企業の経営理念、スタッフの価値観、行動指針等が主な内容となっていたが、本書は実際にスタッフがお客様と接する上でどのようにして育成し成長をして行くのか、又従業員同士の接し方等の実践編と言った感じの内容となっていて前作に引き続き内容はシンプルで相変わらず読み易い文章で纏まっており非常に楽しく面白く読ませて頂きました。

ここでの感心した部分は以前に読んだ本にも紹介されていたがリッツでは従業員も第1顧客と言う位置づけでお客様として扱われている。

紳士淑女に仕え、また感動を与えるためには、そのお客様と直接接するスタッフも紳士淑女でなければならない。

そのためには働くスタッフが一人ひとりが、その職場で働く自分(リッツカールトンで働く自分)に誇りを待たなければならない。

従ってホテルはスタッフも常にお持て成しをし感動を与える。


ン~、簡単なようだが中々出来るもんじゃない。

しかし目先の利益のために流行の事をセッセとやるのではなく長期の発展を見据えて、これに力を注ぐことにより強い企業が生まれるのだと瞬時に想像が出来た。

何故なら、僕も自分の働く企業がそうであれば(感動を与えてくれる企業)毎日が楽しくてしょうがないし恩返しもしなくては・・・と自然に思えてくる。

そんな会社を目指さなくては・・・

-----------------------------
所変わって深夜のマラソン。

明けて今週の日曜には初体験となる国内屈指の傾斜率16%の激坂が待つ美ヶ原がある。

しかし、来週には44.4㌔の山岳トレイルマラソンが待っている。

双方、どちらもキツい酷使系の大会だが僕として来週の山岳トレイルが何だが不安だ。

実は先ほどアスリート仲間のAMEGROさんのアドバイスでローラー台の下にはクッションを置かなくてはヘビーらしいとの事。

てな訳で今日はローラー台での練習はせずに久々のロングレンジのマラソンメニュー17㌔走を。

早速、準備運動に取り掛かる。

最後に夏場用の最強兵器ウェストキャメルを装着。
     ウェストキャメル

これで仮に10キロ先で脱水症状でぶっ倒れても安心だ。

日中に雨が降ったせいでムシムシむしむしする今日。

早くもモチベーションがなえる。

現在時刻は00時20分 気温23度 湿度はかなり高い。

それでは いざ!
     20090622001839.jpg

先ずは6㌔地点のタイム 29分台 これはいつもよりも遅いタイムだ。

10㌔地点のタイム46分 今までのワーストに近いタイムだ。

そうこうしている内に脹脛が悲鳴を上げる。

完全なマラソンの練習不足だと実感した。

13㌔地点で体力に限界を感じ始めると同時にキャメルに水が空っぽになる。

14㌔地点で目まいが襲ってくる。

情けないが残り2㌔を残しての15㌔で本日の練習は終了。

一応、タイムは1時間08分となんとかアベレージより1分遅いタイムだが終始の過程は散々であった。

トットさんのような(1㌔/4分)で走るには、やはりもう一段階上の練習メニューを始めないといけないな~。

来週の44.4㌔に向けて今週末に一度17㌔を走っておかなくては。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback0
 
 

ツーリング&室内練習(ツールド美ヶ原まで後8日)

 
2009/06/20(Sat) Category : MTB
今日は久々のツーリング。

久々と言うこともありマシーンも久々のMTBで出っ張ることに。
     MTBで

MTBでの走行は非常に楽だ。

車の通りが多くなったりバスやトラック等が後ろから来ると本来なら慎重になり、それが重なるとチョットしたストレスになるが、これがMTBだと一瞬だけ歩道走行をし町乗りのふりを出来る。

しかも歩道から車道へ車道から歩道へと段差ももろともせずにガンガン上り下りできる。

そして、お約束の幕張海岸への湾岸へ。
幕張海岸

携帯の写真では分かり難いが、この日の眺めは結構良かった。

そのままマリンスタジアムを抜け幕張MTB練習コースで少しならし、再度舗装路をツーリング。

幕張の無料ダートコースは後日紹介するとしよう。
(携帯のバッテリーが切れたため写真を納められなかった)

約2時間ほどのツーリングをし家に帰る。

家に帰ると次は室内トレーニングだ。

実は先日、とうとう念願のローラー台が我が家にやって来た。

家内は相当オカンムリだった事は、この家内指定の練習場所を見れば想像が付くだろう。
     ローラー台

因みに、この場所はというと子供の勉強部屋兼物置部屋の更に置くの隅っこ。


早速、室内でのトレーニングを開始する。

外で走るのとの大きな違いは風邪が吹かない分、汗が止め処もなく流れ落ちてくる。

「これは下にバスタオルを敷かなければいけないな~」
     室内練習

いやー、ローラー台恐るべし!

これは本当にイイ練習アイテムだ!

30分程で一気に狭い部屋だが僕の汗で湿気っぽくなる。

外での2時間ツーリングよりも全然疲れる。

よし!見てろよー美ヶ原ー!

PS
北朝鮮が40数年ぶりにワールドカップ出場を決めた。

これは本当に嬉しい話だ。

しかも在日朝鮮、韓国人の選手も参戦しての出場ゆへに我が事のように嬉しくなる。

来年のワールドカップは楽しくなりそうだ。



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment6)  |  Trackback0
 
 

海物語in地中海(ツールド美ヶ原まで残り9日)

 
2009/06/18(Thu) Category : パチンコ・業界
とうとう海物語in地中海が全国各地に導入されました。

弊社でも導入はされ予想どうりの高稼働を誇っている。

てな事で昨日僕も市場では未だ地中海を遊戯出来ていないので閉店間際の他店に向う。

閉店間際だと言うのに、それでも空き台が空くのを待つのは至難の業。

やっと空いたのでデーター関係なく、その台に座る。

すかさず地中海モードにセットをし遊戯開始。

やはり演出とコンテンツのベースはinハワイな感じに造られているので違和感無く入れたが、期待を持たせる予告演出がいくつか追加されていて感触は良い。

そうこうしていると魚群が走り他店遊戯では引きの強い私、この日も1000円以内で大当たり。
     海単発

単発での大当たりだが確変昇格を願い念力を放つ。

しかし、そう幸運は続かなく儚く通常図柄のままで終了。

in地中海からは潜伏確変もあるので100回時短中も諦めずに微かな念力を送る。

これも結局、引き戻すこと無く終了。

後は閉店まで残り45分を1箱分の持ち玉遊戯で消化する。

遊戯し終えての感想だが地中海の僕なりの評価は導入前の各界の前評判(悪評価説)の割には良い機械のようだ。

今後の問題はin地中海の導入により今後の大海スペシャルをどうするか?(外すのか?使うのか?)

と、1ヶ月遅れで出て来るスペック違いの地中海を導入するべきか?

の2点の機械導入戦略が問われるであろう。

しかし、いつまで続くのか、この海物語シリーズに主導権を握られるホール事情は・・・

因みにCRエヴァもVol6が出るらしい。

---------------------------------
今日も元気にジムへ。

今日のメニューはスイム1.5㌔

勿論、オープンヘッドクロールでだ。

最近だが1㌔までは疲れる事無く泳げるようにはなった。

しかし、1㌔を過ぎたぐらいから二の腕がヘロヘロになりスピードが落ち息継ぎが死んどくなる。

やはり力が入りすぎているのであろう。

僕の通うジムのインストラクターが気を利かしてくれて同じくジムに通うトライアスロンのアスリートサラリーマンの方にトライアスロンでのヘッドアップクロールに関して色々と話しを聞いてくれたらしく、その内容を僕に話してくれた。

ヘッドアップの顔を水面上に出すリズムは2ストロークか4ストロークに一度出さなくては駄目とのこと。

川はまだマシで海だと波が視界を邪魔し潮の流れが厄介で一カキでも違う方向に進んでしまうらしいとの事。

顔出しをするとスピードが落ちてしまうので今までは4ストロークから8ストロークで顔を出していたが、それでは駄目だと言うことだ。

次からは4ストロークに一度顔を出す事を統一し行うとするか・・・

PS
明日には念願のローラー台が我が家にやって来る。

これでロードのスキルもドンドンアップして行かなくては。

乞うご期待!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

子供と南房総&スイムトレーニング

 
2009/06/15(Mon) Category : スポーツ
一昨日の日曜のこと。

家内が諸事情で留守。

僕は家内から与えられたミッションをこなすため溜まりにたまったリビングの前面の窓ガラスの掃除を10時から開始する。

その間、子供達はお風呂の掃除だ。

何だかんだでミッションをクリアーしたのが12時過ぎ。

そして昼食を食べ終えたのが13時30分頃。

一通りやる事を終えた次は子供達のメインイベントである遊びへのアッパへの期待。

「さて、こいつ等を何処へ連れてこうか~」

と迷った時は南房総だ。

あそこは何をするんでもロケーションは最高の割には人気が少ない。

いわば穴場なのである。

しかし、実はそれだけではない。

一人でもオープンスイムの出来る場所の偵察がメインだ!

「今から遠くの海までドライブするぞー!」

     「イエーイ!」

            「イエーイ」

と早速、車を飛ばし約1時間半のドライブ。

以前からロードバイクでのフラワーラインのツーリング中に目に、前から少し気になっていた館山ファミリーパークへ向う事に。

着いたのが15時で曇りと言う事もあり人気は少ない。

早速、子供達の初めての経験である釣り掘りに挑戦させることに。

最初は釣り餌も気持ち悪いと触れない状態から始まったが魚が連れた瞬間から二人とも興奮状態。

アッパ(パパ)が持っていた竿をよこせと言わんばかりに餌はコネるは竿は持つは釣れた魚は掴むはと二人ともアドレナリンが爆発状態。

散々遊んで夕方が近づき帰るの合図を伝えるとプーイングの雨あられ。

なんとか説得をしパークを後にし車に詰め込むも興奮冷めやらぬ状態。

さて、お次は今日の目的であるオープンスイムの最適ポイントの偵察だ。

娘達には
「よしっ、海も見に行くぞ~」

     「イエーイ!」

そして海岸沿いを走りながら、しばし最適ポイントを物色。

適当な場所を見つけて海へ出る。

南房総の内房よりで波は殆ど無いに等しい。

千葉の内房は東京湾内に有るに伴い波が無く体育科の大学生の合宿場所やオープンウォーター大会のメッカであり子供達を連れて泳ぐには断然安全である。
     南房総

写真の正面の岩場に行くと小さな池が出来ていて、そこを覗くと小さな魚と蟹がウヨウヨいた。

オマケにイソギンチャク群にはフナ虫のいる光景には子供達は物凄く驚いていた様子。

上の娘はもっぱらポニョに出てくる光景に重なったのであろう、怖がりながらもアッパ(パパ)と前へ進もうとする。

下の坊主は海事態が始めてなので全てが興奮度MAX状態。

当分は海辺で二人して遊んでいた。
     子供達

僕はぼくで
「この場所、最高じゃないか!ここなら一人でもオープンスイムの練習が出来るぞ」

そして、偵察も済みトットと子供達を車に詰め帰路に付く。

----------------------------------------------
所変わって昨日のトレーニング。

相変わらずヘッドアップクロールの練習をする。

それなりにヘッドアップにはかなり慣れて来たような感じだ。

オマケにクロールを基本から習い早半年が過ぎるが、ここへ来てようやくクロールと言う物を理解できたような気がしてきた。

クロールに関する僕の理解は(プル、プッシュ)も大事だが、それよりも(突き刺すような伸びと、伸び後のもう一伸ばししてからのキャッチ)が大事な事が分かってきた。

これを理解する事により一回のカキで遠くまで行けるようになった。

PS
最近、練習メニューにもっとプランニングをシッカリ立てるべきだと思った。

来週にはバイク能力が問われる「ツールド美ヶ原」7月頭にはマラソン要求される「トレイルラン44.4㌔」8月にはスイム能力が要求される「トライアスロン」と異なる種目が一気に押し寄せて来ると何を優先的に練習をすべきかに迷ってしまう。

たまに気付くと全くバラバラなメニューをこなしている時がある。

これはビジネスでも同じ事が言えるがシッカリと計画的なトレーニングメニューを立てて実行に移さなくては。



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

フィリピンからの便り&深夜のマラソン

 
2009/06/10(Wed) Category : 日記
フィリピンから便りが来た。
チャイルド

これが何かと言うと何年か前に新聞の広告に目をやり大変関心が沸き、調べて見ると他人事ではないような気がして始めたワールド・ビジョンのチャイルドスポンサーだ。

貧しい国の子供達の学費やら地域の開発の資金を仕送りする「足長おじさん」的ボランティア。

このように定期的に僕の援助を受けているチャイルドから手紙が送られてくるのだ。

手紙が来たら出来るだけ返信を返してあげる事が望ましい。

担当の子供は小学校3年生の男の子。

最初は僕が手紙を書いて送っていたのだが、今では小学校1年の娘がこの係りで、お世辞にも上手とは言えない絵とほんの少しのメッセージを書いて自分でポストまで歩いて行って投函している。

勿論、娘にはこの「チャイルドスポンサーとは何ぞや」を教えてある。

これかも、ずーっとスポンサーは続けようと思う。

勿論、子供達にさせるつもりだ。

その理由は
①勿論、少しでも多くの貧しい子供を救ってあげたい

②我が子には小さい頃から世界で起きている現実に目を向けさせたい(アニメやDSばかりではなく)
 そして、人に優しい大人に育って欲しい。

③もし、自分が来世で貧しい国に生まれ育ったとしたら、自分の子供達にも足長おじさんが現れるように・・・

因みにヤンキースのゴジラ松井は20人のチャイルドのスポンサーをしているらしい・・・

---------------------
深夜のマラソン。

時刻は23時30分。

早速、着替えて準備に取り掛かる。
     スタート

因みに・・・
冬は冬で寒くて応える。

そんな時は決まって「夏が待ち遠しいなー」と思う。

夏は夏で暑くて応える。

そんな暑い今日は思わず「冬が良いナー」と思ってしまった・・・

よく、「オレも運動をしたいんだけど中々ね~」と言うタイプにこんな理由付けをする人間が少なくなくいる。
「俺、冬は駄目なんだよね~寒くて。
   やっぱ夏じゃないと」


でも6ヵ月後には決まって
「俺、夏は暑くて駄目なんだよね~△×◎■・・・」

仕舞いには
「おれ、仕事が忙しくて やる暇無いんだよね~」

無意識の内に出来ない理由を列挙しているのだ。

この手のタイプは性格を直さないければ絶対にやらない。


今日のメニュー。

11キロを49分でと少し速めペースで走る。

しかし「暑い!」
     終わり

汗が止め処もなく出る。

「は~死んど」

さぁ、みんな!夏は沢山運動して沢山ストレス発散して沢山旨いもん食べて

「元気出して行こうぜ!」

                     「はー、しかし暑い」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment9)  |  Trackback0
 
 

第6回 Mt富士ヒルクライム 当日!

 
2009/06/07(Sun) Category : ロードバイク
さて、さてさてさて さてー!

やって参りました、富士ヒルクライム当じ~つ!

今日は大勢のレーサー達の願いが通じたのか、いや!きっと神に届いたのであろう。

見よ、この文句無しの快晴を!
     大会会場快晴

見事なまでの富士山だ!

昨日は結局、一睡も練れずに車中で腰が痛くモジモジしては車外に出てストレッチをしては、また車中でモジモジの繰り返しで朝を迎えた。

僕はローラー台を持っていないため、取りあえず走ってアップ。
(実は家内のOKをもらい近々ローラー台を購入予定だ)

そして、会場にマシーンを持って行くと既にこの人だかり。
大勢のレーサー

このMt富士は年々人気浮上し今年の参加者数はなんと5500人だ!

「うあードキドキしてきたー」

僕もマシーンを持って場所の確保に。

「よしっ ここだ」
整列

うわー、しかし5500人って事はマシーンも5500台。

「て事は1台当たり平均で20万円だとしても、ここにある自転車を金額に換算すると・・・11億円だよ!」

自転車屋も儲かるな~・・・



ガッツの目標である鶴見辰吾さんと片山右京さんのオープニングの挨拶が始まり両者の気合も充分に伝わってきた。

そしてスタートの時間が直ぐ側までやってきた。

先ずはアスリートの部がスタート。

次に一般の上位予測タイム者達がスタート。

そして女子がスタートし

いよいよ我々おっさん組みの順がやってきた。

ここから皆、口数が減ってゆく(当然だが)

スタート5秒前・・・

     スタート!

皆、序盤はバンバン飛ばす。
     スタート序盤

今日の僕の目標は前回はブログでも掲載したが1時間30分の出来れば30分を切りたい。

長い長い1年間の成果を図る意味でも大事な競技だ。

だが序盤は焦らず飛ばさずとばさず。

しかし、何だか皆にバンバン抜かれているような気がするのは気のせいか?

24キロを1時間30分でクリアーするには、12キロを45分でクリアーするのが大体の目安になる。

10キロのプラカードが見えてきた!

10㌔の通過タイムを確認。
>>>>>中盤

「あ、あれ? 45分? 嘘だろう!遅いぞこりゃ」

大変だたいへだ!こりゃ急がなくては・・・

そして15キロの通過タイムが約1時間00分 残り9キロだが明らかに遅い。
     中盤

だが、やはり富士ヒルクライムの24キロは長い。

上る上るひたすら上る。

おまけに日差しはドンドン熱くなる!

ここからは皆 気力の領域だ。

残り4キロのプラカードが出できた。

ゴールは直ぐそこなのだがハムストリングに力が入らない。
     終盤

段々と沿道に応援をする人だかりが現れて来る。

「ゴールが近い!」

そして、ゴールが見えてきた!
     スパート


最後の力を振り絞り・・・
>>>>>ラスト


無事


ゴゴゴ、 ゴール!



戦いを終えて

改めて長距離ヒルクライムの過酷さと雄大な富士山を見てしばし余韻に浸る。

「ふー気持ちよかったぜー」
     ゴール後




ストップしたストップウォッチの確認をすると。
「なに!! 1時間43分?」

目標を大きく下回るタイムだよ・・・

30分を切るところか30分台にも乗れなかった。

去年のタイムを8分しか縮められていない。

   「・・・」

「ん~、何だか悔しいな~」

「ま、でも去年のタイムを一応は縮めた事だし今日は気持ちのよいレースだったという事でプラス思考で終わろう」

早々と下山を終えリザルトを待たずにクルマを飛ばし河口湖を後にする。

何せ5000人だから、間違いなく高速入り口での渋滞に巻き込まれる.

さすがにそれは勘弁だ。

リザルトは今週中にネットにて発表があるので出たら一応はブログにてアップしておきます。

今月は末に国内最強の激坂(傾斜度16%)のツールド美ヶ原があるのでお楽しみに!

それでは皆!

明日からもまた

  「元気出して行こうぜ!」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment2)  |  Trackback1
 
 

いざ!戦いの地へ(Mt富士ヒルクライム前日)

 
2009/06/06(Sat) Category : 韓国料理/グルメ
さて、この日は家内も家を留守にしていて娘は学校に、僕は息子と二人で10時ごろ目を覚まし早速明日の準備に取り掛かる。

一通り準備をすませ昼飯に時間に間に合うように息子を実家に預け、僕はと言うと休みの昼時の久々の個人行動が取れるとあり前から行こう行こうと思っていた行列の出来るラーメン店へ。

一応、自称ラーメン通の僕が知るかぎり、千葉で行列の出来るラーメン屋は何軒もない。

新潟に本店を構える知る人ぞしる
     「蓬来軒」
蓬莱軒

ここはJR新検見川近くの花園公園に面した所に店を構え一見みると普通のラーメン屋だがいつも千葉の至る所からここのラーメンを味わいに沢山のラーメンユーザーが集まってくる。

やっと席に座ってラーメンと餃子を注文。

先ずは餃子。
餃子

ん~、これは地元ひいき抜きに抜群に美味しかった!

何かこう、プリップリしていて餅モチした感じで最高だった。

餃子が食べ終わると、お次はラーメン。
ラーメン

魚系のダシに他は何も付け加えていないシンプルでサッパリとした塩ラーメンだ。

しかし、これが美味い!

二日酔いの時に是非とも味わいたい一品だ。

ラーメン餃子で腹も満足に満たした後はハンドルを握り いざ、決戦の地へ。

河口湖へレッツGO!

明日の天候は曇り時々晴れとあったが行きの高速での空は良い感じに日差しが出ている。
     行きの高速晴れ

「これは明日は晴れるかも」


1時間30分して河口湖に到着し富士の麓へ。

     富士麓に到着



会場近くに着くとそこはライダーワールドだ。

     会場到着

なんかドキドキして来たぞ~!


受付を済ませ時間が余ったので前夜祭と場内のブース(各メーカーの出品展示場)に足を運ぶ。
前夜祭

毎度の事だがこのような各社が競うように今年のニューモデルや去年のモデルのバーゲンをしている場所へ行くとツイツイ買いたくなってしまう。

が、そこは騙されてはいけない!目的はあくまで競技参加だ!

だが一品買ってしまった・・・

さて、後は明日の本番に向けて最後のイメージトレーニングをするだけだ。

ところで今日の就寝に入るまでに何処で何をしようか?


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ   
 
コメントアイコン Comment4)  |  Trackback0
 
 

イメージトレーニング(Mt富士ヒルクライムまで後2日)

 
2009/06/05(Fri) Category : 日記
Mt富士ヒルクライム本番まで残すとこ二日。

ここで前回の回想を軽くするとしよう。

前回の富士ヒルクライムの出場はロードを購入して、それほど経っていない頃で、この大会がロードの大会初デビューでしたので勿論ヒルクライムもデビューでした。

ペース配分もサドルの高さも全く知らないままのガッツだけで登った大変苦しい大会だった事を今でも憶えています。

前回のおっさんガッツの成績 (距離24キロ)

タイム; 1:51:11 2561位/3970人

因みに1位の成績
タイム; 1:00:28 
1位の選手は僕がゴールするまでにシャワーを浴びて昼食を摂っても時間が余る(笑)

因みに著名選手の成績
片山 右京さん
タイム; 1:19:14 353位/3970人

鶴見 辰吾さん
タイム; 1:21:10 454位/3970人

今年のタイム目標は1:30:00を切りたい!

「見とれよ~!」

と、今からヘッドアップクロールの練習をしに行くのであった。



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
 

今月の読書&練習再開(Mt富士ヒルクライムまで後4日)

 
2009/06/03(Wed) Category : 読書
不甲斐ない結果ではあったがトライアスロンのデビュー後はかなり体に負担が残った。

筋肉痛が治まるまではトレーニングは控えて久々に読書を。

     「すごい会議」
     (短期間で会社が劇的に変わる!)
     20090524204029.jpg

著者は大橋禅太郎さん

現在は「すごい会議」のやり方を日本の企業へ伝授中で顧客にはリクルート、本田技研工業、NTTコムウェア、電通等々と大手の企業の指導をしている。

内容はこの手の本に共通して書かれている会議の在るべき姿である"意見を出し易い雰囲気” “目標達成のための方法” “問題点と解決法”など等だが、そのような会議を進めるための方法論が分かりやすく述べられた本で面白く読めた。

2日で読める本なので是非とも読むのをお勧めします。

------------------------------------
今日はトライアスロン明けの今週最初のトレーニング。

今日から早速だが前方を確認しながらのクロール、「ヘッドアップクロール」をマスターするべく一からのトレーニングのスタートだ。

先ずはプールに入る前にインストラクターを探し泳ぎ方の方法を教えてもらう。

教わりはしたが、やはり運動系は「習うより慣れろ」でやってみることに。

今まで約半年間は下向きクロールで行っていたので、物凄く違和感を感じるし呼吸のタイミングを失う。

何よりも事情をしらない辺りの人は「この人はフォームが無茶苦茶ね~」と思うだろう。

正直、少し恥ずかしい気もする・・・

「でも そんなの関係ね~ でも そんなの関係ね~ 」

スイムの練習が終わった後は今週末にある「Mt富士ヒルクライム」の練習だ。

負荷をかけて約50分。

ケイデンス100の時速32キロペースでペダルをひたすら回す。

先月のMTBでのアドベンチャー富士見50キロで去年のタイムを1時間以上も短縮、よって今週のMt富士は結構なタイム短縮は期待できそうだ!

目指すは 片山右京さんと鶴見唇吾さんの背中だ!

「おっと、また調子に乗ってしまった・・・」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 
コメントアイコン Comment0)  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード