プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

北海道マラソン2008、報告

 
2008/08/31(Sun) Category : マラソン
いよいよ本番の日を迎える事となりました。

この日のために、どれだけ無い時間の中で練習を重ねてきたことか。

スタート会場に近づくにつれ次第にアドレナリンが分泌され始めた。

スタートまで5分前。

全参加者の顔も皆良い顔をしている。

3分前・・・2分前・・・1分前・・・皆いのボルテージも最高潮に上がって来たなか

待ちに待ったスタートの幕が切っておとされた!

スタートの合図と共にまずは軽快に走り出した。

しかし頭の中では常にオーバーペースにならないことを念頭に置いた。

普段からの練習で15㌔をこなしていたので序盤は何も問題はなかった。

難なく21㌔地点ハーフマラソンの距離に到達したがタイムは1時間46分でなーんにも問題はなく通過 。

さて、今からが未知の領域だ!と気合いを入れながらも、ふとしたオゴリがほんの少し頭を過ぎった。

「これは難なく行ける!」

と、この時、後に待ち受ける地獄も分からずに・・・

25㌔地点を過ぎるとさすがにフクロハギの筋肉が悲鳴までは行かないが、しんどくなって来る。

ここからペースも落ち始めたが時間的余裕もまだある

「貰ったぜ!」

遠くに30㌔地点のプラカードが見えてくる。

「よし、あそこまで行けば残り12㌔だ。時間もまだ2時間45分だしこれは3時間代は鉄板だ~!」

しかし、30㌔地点で異変が。

先ほどまで、なんとか言うことを聞いてくれてたフクロハギの筋肉が突然悲鳴をあげたではないか!

表現をすると、さっきまで点いていた懐中電灯の電池が突然消えてしまう感覚だ。

息も切れていない、気力も残っている、しかし足が動かない。

よくテレビでスポーツ観戦をしていて「最後なんだから気合いで行け!」的な発言をするが、これは気合いなんかで、どうこう成るものではない。

マズい、ここで初めて焦ってきた。

しかも後方から打ち切りの基準となるパトカーが迫っているのが肉眼で捉えられる。

北海道マラソンは一般参加の中で最もレベルが高く10㌔毎の打ち切り時間は約58分と短い。
しかも打ち切り用パトカーも。

よって現在私の後方10分後に追ってきてるのだ。

このパトカーに追い抜かれると、その時点でジ・エンド
タイムオーバーでリタイアさせられるのだ。

まさに魔界村の時間が掛かりすぎると後ろから来る、あれである。

完全に鷹を括ってた。
後はもう腕を振るしかない。

そうこうしてる内に左腕も吊り始める。

残り距離4㌔だが30㌔地点からここまで8㌔だったが異様に遠く感じた。

何とか40㌔地点に到着。

残りの2㌔が20㌔に感じるほど気が遠くなるくらい辛い!

「駄目だもう足が動かない」

しかし何度も目を強くツムり頭を左右に振り

「負けちゃ駄目だ!負けちゃ駄目だ!」

と自分をふるいたたせた。

残り1㌔のプラカードが一向に見えてこない。

後ろからはパトカーが・・・

「やっぱ、もう無理だ足が動かないよ」

「諦めちゃ駄目だ!諦めちゃ駄目だ!」

だんだん視界が遠のいて行く。




         



               緊急事態!
         



         ・・・このオヤジ・・・








         覚醒モード発動!












>>>>>メダル

そして無事ゴールした~!

これは参加賞ではなくフィニッシャーに与えられるフィニッシャーメダルだ。

タイムは4時間01分。

打ち切りギリギリだ。

3時間台は出せなかったが自分としては上出来だ!

取りあえず完走を素直に喜び3時間台のリベンジは東京マラソンでキッチリ借りは返すとしよう。

当選すればの話だが・・・

しかし、今回初のフルマラソンであったが体がもうボロボロだ。

残るはMTBの1年の総括である「王滝MTB100キロ」のカウントダウンが始まる。

MTB100キロまで残り14日
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

スタート前日のエントリー(北海道マラソンまで残り1日)

 
2008/08/31(Sun) Category : マラソン
札幌のエントリー会場であるパークホテルに着く。

見渡すと今まで僕が参加してきたマラソン大会とは明らかに質の高いランナー達が集まっているのが分かる。

>>>>>エントリー


国内で一般参加の大会では一番レベルの高い大会だと改めて思いしらされる。

もう、この時点でかなりビビッてきた。

おかしい。武者震いだったはずなのに・・・

えい!しかしここまで来たら、もうやるしかない。

悔いなく練習してきたのだから。

帰りは今日の寝床である義理の弟のマンションまで札幌市内を見学しながらあるいて

>>>>>札幌市内

美味しいパスタを弟に連れてってもらい早く床に着く。


 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

北海道マラソンまで残り2日

 
2008/08/29(Fri) Category : マラソン
今日はもう本番まで何もしない。

だんだんではあるがドキドキしてくる。

しかし、これは不安ではなく武者震いだ。

明日は1時発の飛行機に乗って札幌へ。

たまたま嫁の実家が札幌で嫁には再三にわたって
実家にはマラソンに出るため札幌に行く事は言うなと
言ったのに札幌空港には義理の母が出迎えに来られ
泊まる場所はというと、これまた義理の弟のマンションだ。

これはもう「完走出来るかな~?」では済まされない、
ますますプレッシャーの掛かる事態に陥ってしまった。

まあ、それはそれで良いのかもしれないのか・・・

とにかく今日は早寝だ。
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

本日のトレーニング(北海道マラソンまで残り3日)

 
2008/08/28(Thu) Category : マラソン
本日のトレーニングはジョグを20分と何時もの筋トレを1セットだけこなす。

既に調整段階に入ったため疲れを取る練習メニューだ。

因みに今日の昼間は川崎駅前周辺のパチンコ激戦区を見学。

川崎駅前エリアは何処も販促のアピールが上手くために成る。

今日きた目的もまさにそれを見に来たのである。

その帰りに少しだけセオサイクルに寄りハンドルの付属パーツの「バーエンドバー」を視察。

このパーツはMTBでのロングライド時に用いる手首に負担の掛からない角度で握れるバーなのだが何故今それを見に来たかというと今年のマラソンの締めである北海道マラソンが終えると、すぐさま2週間後にこれまた今年の自転車の締めであるMTB王滝100㌔が待ち構えているからである。

北海道マラソンでドキドキしながら、その次のMTB100㌔の準備をする自分は「マゾ」を通り越した「アホ」なのかもしれない。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今月の読書

 
2008/08/27(Wed) Category : 読書
今月の読書を紹介します。
今月は「夜と霧」です。
僕のマラソン仲間のIさんのブログで紹介されて
いましたので読んでみました。
     夜と霧

ナチスドイツが各ユダヤ人収容所で彼らに対し
どのような壮絶で悲惨な虐殺劇を繰り広げて
きたかをユダヤ人の元囚人が書いた著書である。

しかし、この本の主なる内容は単にどのような
虐殺をされていたかではなく、どんなに強大な
力、権力と如何なる残虐性に満ちた行為を持って
人々を迫害して、その人々を統率したとしても
人の心の部分の自由は奪えないんだと言う事を
この本では訴えっている。

因みに何故いまにナチスドイツ?なのかと言うと。
最近人が人を裁いたり人が人を傷つけたりする
残虐さと理不尽さは何故起こるのか。
その時のカポー等のような人を弱く卑怯にする心理。
又、それに反比例して必ず人を守ろうとする
勇気ある行動を取る人がいる。
その陰と陽が同時に交差する様を見ていると
人として色々と勉強になることの気付く。

しかし後半は難しくて何度も読み返した。

この類の映画で最近見てために成ったのは
「ホテル・ルワンダ」「ルワンダの涙」

是非、一度観覧してみてください。
後悔はしないはずです。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜の練習(北海道マラソンまで残り5日)

 
2008/08/27(Wed) Category : マラソン
今日は待望の心拍数計数機能付き腕時計を購入。
約16000円もした。ん~良い値段だ。

さっそく身につけてのランニング。
     新アイテム


身につけてビックリ!
正確な心拍数を把握しながら走るのが、こんなにも凄いとは。

なんと一定の心拍数を守れば本当に長く遠くまで走れるのだ!

事実、今日の走行距離は約18㌔

これは心強いアイテムが手には入った!

さて、ところでロングランは今日で終了。
何故なら本番まで残りわずかなので疲れが蓄積しないようにするためだ。
明日からは筋トレメインで調整に入る。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜の練習(北海道マラソンまで残り6日)

 
2008/08/25(Mon) Category : マラソン
只今の時間
深夜の2時半
だがトレーニングを決行する事に。
本日は12㌔にする事に。

前日の富士登山の筋肉痛が残るが北海道マラソンまで日がないため行うことに。
途中の千葉卸売場にて。
     卸売り場
この時点で7㌔だが体も暖まり筋肉痛が和らぎ、まだまだトライできそうだった。

結局15㌔を走破!
時間も1時間11分と少し速いタイムであった。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

富士登山当日(北海道マラソンまで残り7日!)

 
2008/08/25(Mon) Category : 登山
さー!本日は待ちに待った同級生達との富士登山の日だ。

金曜の仕事を出来るだけ早くに切り上げ家に到着したのが7時頃。
とりあえず子供達と夕飯をすませ9時半ごろ早寝をする。

しかし・・・

     ・・・寝れなーい!

普段から深夜の12時過ぎに帰っては、そこからトレーニングを始める習慣が付いているので当然と言えば当然である。

仕方なく寝るのはあきらめて登山の準備をすることに。

当日は雨が降るとの事でウェアを余分に準備する。
しかも友達がナップサックを持っていないらしく、それも準備。
     準備
と、こんなもんか。

しかし俺はリュックを5個も持っていたとは・・・しかもヘッドライトまで・・・。

出発の時間が来たので待ち合わせ場所の東船橋で仲間を拾い、いざ山中湖へ。
山梨に近づくに連れ何やら天候は崩れ始める。

本日の登山コースは須走口でこのコースの特徴は4箇所あるコースの内2番目に疲れるコースで、それゆえ比較的空いている。
それと1番の特徴は下山時の砂走りと言う延々砂漠質の砂で出来た絨毯のような下り坂である。

駐車場に着くと既に先着の登山客の車で混み始めていた。
     駐車

聴くところによると皆前日に寝ていないらしい。
理由は興奮してらしい。

準備が整い先ずは新5合目に向かう。
さー皆の足取りは何故か軽く笑みを浮かべながら会話を楽しむ。
       いざ
そうこう してるうちに新5合目に到着。
       5合目
新5合目に到着すると、それらしい雰囲気が出てくる。

改めて心の準備が整い登山開始!

        いざ!出陣!

まずは須走口の特徴である序盤の森林道。
この頃はまだ出だしという事もあり全員余裕の表情。
     登山開始
しかし、これが30分以上も続くと息切れをしてくる。
なにせこの時点での標高は2200m程だからだ。
まずは一人の友が悲鳴を上げる。
中学時代はサッカーのFDでエースで点取りやだったアダ名はペータンである。
(※個人情報保護のため各人の名前をアダ名で表記することにする)
そのペータンは今ではメタボのボスであるので相当に疲れるだろう皆で励ましながら前へと進む。

ここでペータンが皆に気を利かし「行ける者は俺に気を使わず先に進んでくれ」と言った。
何を水臭いこと言ってるんだと言いながらペータンともう一人のメタボで会社社長のテンゴとキパニー、そしてその三人を心配し居残ったタイメンを残し学生時代に一番頭の良かったトムソンと学級委員を務めていた猿と私チャルで先を進むことにした。
ペータン、許せ。
いつしか木々が少なくなり辺りの風景が開けてくる。
     悪天
んー天気予報通り何やら嫌な予感のする雲行きである。

そして完全に木は無くなり岩と砂だけになる。
しかし一向に天候は悪い。
     悪天2
そうこうしてる中に新6合目に到着。
     6合目
ここで一先ず遅れをとっている第2グループを待つことに。

30分後ようやく第2グループが到着。
その頃のペータンの顔はもう既に富士山登頂をしたかのような形相でテンゴの顔もそれに近かった。

彼らの到着を確認し我々第1グループは再びのスタート。
この辺りから、さすがの僕も高知のせいで心拍数が上がってくる。
そして次なる7合目に到着。
     新7
新7合目を過ぎると本7号があり、そこから8合目に向かうのだが、そこまでがかなり遠い。
ここらで猿が目まい、頭痛、眠気を訴え始める。
高山病によーく似ている症状だ(後で分った事だが軽い高山病だったらしい)
トムソンが先頭を引っ張っていたのだが心配をし15分に1度のペースで3分程の休憩をとりながらの登山となった。
そして、ようやく新8合目に到着。
     新8
そこから本8合目に向かう。

   猿、頑張れ!もう一息だ!
本8合に到着。
     本8
本8合目に着けば頂上はもう目前。
しかし、ここで思わぬ事態が発生した。

山小屋のスタッフが「台風が近づいていまーす。頂上を目指すのが駄目と言うわけじゃないですが出来れば下山願いまーす」
何じゃその微妙な表現は!
だが言いたい事は直ぐに理解はできた。
頂上を見るとご覧のとおりだ。
     予感的中
ここで早速作戦会議!
学生時代から決して賭けには出ない用心深いトムソンが「仕方ない下りよう」と口ずさむ。
私の意見は「ここまで来たのだから少し待ってみよう、どうせ猿も具合が悪いようだし1時間でも待ってみる価値はある」
と、この意見に皆が賛同する。
正直私は「ほっ」する。

すると「リリリリ・・・リリリリ」と携帯がなる。
電話に出てみると第2グループの一人であるタイメンからである。
話の内容はこうだ「新7合目でペータンとキパニーとテンゴがリタイアし下山したらしく、そこから一人ぼっちでの登山で半ば心折れかけで電話をしたらしく丁度良いタイミングで我々も長時間待機だったため8合目で待ち合わせることに。

30分以上が経ちタイメンと合流。
その頃の天候は霧だけではなく大粒の雨と強い風も吹き始めていた。
これから登山か下山かの最終判断をする時が来た。

みな目を合わせる。
言葉は無かったが幼い頃からの親友、何も発したくとも理解し合える。
そして皆うなずく。

    いざ頂上へ!
中の下着はビチョビチョでもはや防寒スーツの意味などなしてはいなかったが、もうそんな事は関係なかった。

なんせ台風がこれ以上強くなる前に頂上を制覇する事だけを考え早歩きで向かう。

そして、ようやく頂上に着いた。
     頂上
もう回りは悪天候のため何も見えない。

ひと先ず売店に入りラーメンを頂くことに。
このときのラーメンがただのチキンラーメンだったのだか何故か美味かった!

外を見ると、よくこんな天候で登って来たなと思うほどの台風。
     悪天候2
これは洒落にならんと思い、また何か起こる前に早々に下山を開始する。

須走り口の下山の殆どが砂走りと言い砂漠のような砂地の坂がひたすら続く道が続く。
普段ならここを一気に駆け下りるのだが雨のため砂質が重い。
        砂
見よ、嵐の下山道。
参考までだが、この砂走りは直ぐに飽きる。
飽きて飽きて精神的にまいる。

ようやくゴールである新5合目に到着。
我々の戦いは終わった。

皆、疲れきっていたが何処かしら達成感に満ち溢れた表情をしていた。

さっそく宿に帰り皆で乾杯!

その日の回想をし、まるで就学旅行のような気分で苦しくも楽しい一日が終わった。

※因みに本日の宿の「レーク荘」結構良い宿で皆物凄く気に入ってました。勿論、僕も

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

富士登山前日(北海道マラソンまで残り8日)

 
2008/08/23(Sat) Category : 日記
さぁ、準備をして少しでも睡眠をとらねば。

一応、当日のスケジュールは登山ペースは複数の同級生に合わせるので、かなり遅いペースは否めないだろう。

よって下山後は走る!

宿は山中湖辺のレーク荘をとってあるので山中湖一周を必ずする!と予定を立てる。

結局寝れずに待ち合わせ場所の東船橋駅。

時間は01時。

それでは富士登山の模様は後ほどリアルにカキコします。

乞うご期待!
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

韓国出張にて(北海道マラソンまで残り12日)

 
2008/08/19(Tue) Category : スポーツ
韓国出張3日目

初日目は標高450㍍の山をトレイルマラソンで走破
し時間にして45分の走行。

距離は見当が付かないがトレイルだけあって心拍数は
かなり上がるトレーニングとなった。

二日目は時間が遅くなり外でのトレーニングは断念。

何故って?日本じゃないから治安が怖くてだ。

仕方なくホテルの部屋でクーラーをキリ筋トレ。

これが中なか汗をかく。

そして本日の三日目も遅くなり、おまけに酒も
入ったので、そのまま寝ることに・・・

全く不安の残る出張だった。

明日から日本に帰ったら挽回しないと。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新トレーニングシューズの試着走(北海道マラソンまで残り16日)

 
2008/08/15(Fri) Category : マラソン
早速であるが新シューズの試着&試走を試みる。

本日は元々中距離の軽いランニングを予定して

おりましたので丁度良い試にはなる。
試着走

試走した感じは以前の某メーカーのシューズよりかは

良い感じだ。

そして何より本当に通気性に優れていてスースーする。

良い買い物をした。

本日の練習メニュー

6㌔走で途中3㌔のい折り返し地点で筋トレを織り交ぜ

また残りの3㌔をジョグ。

そしてゴールで筋トレ2セット目をしてフィニッシュ。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

新たにトレーニングシューズを購入!

 
2008/08/14(Thu) Category : 日記
本日、新しいジョギングシューズを購入。

さすがに、ここ最近は日毎平均の走行距離が15キロ程

にもなると既存のシューズのソールの減りが急速に早まり

今回の購入となった。

しかし迷いに迷ってアディダスのこのシューズに決めた。

本番用がアディダスのアディゼロなので同じブランドにし

どうせまた長くは保たないと思いセール中の物にした。

これは通気性に優れているらしい。

それが、これだー
      シューズ


確かに殆どがメッシュで出来ていて底にも穴が開いている。

スタッフに聞くと通気性が優れているぶん雨の日はかなりの

量の雨水が入るらしい。

しかし僕はそもそも雨の日は外トレはしないので

これに決定!

しかし購入後の車を走らせながら、ふと ある問題が浮かんだ。

冬はどうなるんだ?物凄く冷えるのでは?

だらか今の時期からセール対象?・・・恐らくそうに違い無い。

「ま、いっか」

早速、今日はこれで練習だ!
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

深夜の練習(北海道マラソンまで残り18日)

 
2008/08/14(Thu) Category : マラソン
深夜の練習
本日も15キロを1時間10分の目標を立てる。

時間は00時20分
深夜だと言うのに蒸し暑い。
スタート地点に立ち気持ちを戦闘モードに入れる。
     誰も居ない
ご覧のとおり誰も居ない 勿論だが。

本日のタイム1時間11分でした。

しかし、この時期はトレーニング後も1時間は汗が滝のように出る。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今日は馬鹿勝ち

 
2008/08/12(Tue) Category : パチンコ・業界
本日はスロットのエヴァゲンリオンの展示会に行き機械を試し打ち。
するとスペシャルゲストで「DJオズマ」熱唱していた。
うっかり写真撮るのを忘れてしまい口頭になりますが私はテレビでは興味はないが、さすが本物が歌って踊ると盛り上がりますよ。

肝心な機械の評価ですが、なかなかの出来具合でしたね~。
スロット好きな皆様は乞うご期待!

して、その帰りに船橋の支店に寄る前にいつもの競合店視察。
本日はF店にする。

店を一通り見て廻り時間が空いたので久しぶりにMAXタイプを打つ!
勝つためと言うよりは完全なギャンブルに走った。

本日の機種選定はCRコブラに決定!

とりあえず無難な500回転している台をチョイスし1万6千円でヒ~ット!
しかし遭えなくレギュラーボーナスで単発。
そのまま時短100回を終え通常画面に・・・

しかし、突然ハイウェイゾーンに突入?

ガセ?・・・と思いきや大当たり!

ここからが怒涛の10連荘!


そして事件は起きた。
僕の台が通常図柄を引き時短を消化中に隣の台も通常図柄を引き時短を消化中の50Gら辺に2R大当たり。
クリスタルボーイがカットインして台詞を言って、そのまま何も無かったかのように時短に戻る。

如何にもって感じで何だか物凄く怪しい~

なのに遊技をしている、その女性は100Gを終え通常画面に戻ると止めるのサインを従業員に出してるではないか!

僕はすかさず「これ、まだ打ったほうが良いですよ」とナイス助言をしたのに逆に「何だこのオヤジは?」的な眼差しで見られたではないか!

しょうがないので私の台が通常画面になると同時に即止めの隣台キープ。
そう・・・僕がやることにしたのである。
因みにこれはハイエナではな~い。

したら案の定 2千円で大当たり!

        コブラ


しかも、これまた怒りの9連荘!

ここは等価交換なので合わせて29000発の

116000円!

今日は俺に乾杯!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

フルマラソンの練習も、そろそろ終盤

 
2008/08/11(Mon) Category : マラソン
8月も序盤を終わろうとするなか8末に行なわれる北海道マラソンに向けハードトレーニングは残すところ数回しか出来ない。

そこで本日は15kを1時間15分のタイムで走り余力を残してプラス何キロかを走ろうとスタートをした。
今日は何だか調子が良い!
(今日にかぎって蒸し暑くなく少し涼しかったことも手助けした)
15キロを難なく時間通りクリアーしプラス30分を同じペースで走りきる、しかも歩道橋の登り下りを織り交ぜて。

全18キロを走りきったが、まだ余力が残っていた。が、ここで練習を終える。

ランニング途中に夜遅くまで行なわれていた「サマーソニック・フェスティバル」とやらで人も大勢いたせいか気持ち的にも飽きが来なく楽しく走れた。

来週は韓国に出張があるが練習は出来ないですが(本当はしたいのだが韓国はランニングの練習環境が本当に悪い)ホテルの部屋内での筋トレに集中するとしよう。

そして再来週はいよいよ同級生によるMt富士山の登山が予定されている。
恐らくこれが北海道マラソンのための最後の練習となるだろう。

しかし今日の18キロで何だか自信が沸いてきた感じだ!
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

TVを見て新たな発見

 
2008/08/08(Fri) Category : スポーツ
昨日、NHKのトライアスロンのアイちゃんのオリンピックに向けての練習模様の特集を見ていて驚き!

住んでいる場所が千葉でしかも通っているトレーニング場所が稲毛。

そこに稲毛トライアスロン倶楽部というクラブが存在し施設もあった。

知らなかった。

でもこんな身近にトライアスロンの練習クラブがあったなんて大発見だ。

8月末の北海道フルマラソンが終わったら先ずはクロールの基礎練習をして、その後にここのクラブの門を叩くことにしよう。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

空いた時間の近所のツーリングで意外な発見!

 
2008/08/03(Sun) Category : ロードバイク
休みの家族サービスで市原の子供の国へ行く。

いつも子供の相手をしてあげれてないので今日は全力で一緒に遊ぶ事にした。

11時ごろに子供の国に到着し先ずはジャブジャブ池と言う膝上ほどの人工池に直行!そして2時間遊ぶ!
僕も一度も腰を下ろさずに一緒に遊ぶ。

そして次にバーベキュー。
野外での本格バーベキューだ!ここでも子供 大はしゃぎ。

食後 休む間もなく巨大ジャングルジムでこれまた1時間を堪能させる。

しかし子供の遊びのパワーは本当に感心する。
親が「そろそろ終わりにしよう」の一言がない限り、ひたすら遊んでいる・・・

そうこうしてる内に時間は午後3時を廻り帰路につく。

幕張の自宅に4時前に到着。
夕飯の時間を家内に尋ねると「夕飯は7時頃 でもその前に子供達を6時頃に風呂に入れてね」と返ってきた。
それまで2時間の猶予がある・・・
と、予定をしていなかったのだが無性に体を動かしたくなった。
「よし!ロードバイクで風を感じよう!」
とロードの仕度をする。

今日は幕張メッセから千葉方向の突き当たりまで行き折り返して「ららぽーと」付近まで一気に走って折り返してフィニッシュのコースをとっさに選択した。

今日は風も少なく4時過ぎだと言うのに天気は最高!夕方なので暑さは適温!良い感じに脂肪は燃焼とナイスコンディションである。

千葉方向に向かい新しく出来たスケートリンク「アクアリウム?」だったかな?そこを折り返しと決めているのだが今日は更に奥まで進む!
この更に奥まで行くのは10年以上ぶりである。

進んで1.5㌔程の地点で警察の警備員に止められる。
「ここから先は行くな」との事。
確か10年前も止められて引き返した記憶がある。
確かここから先の施設は・・・忘れた。

で一端ここで休憩
      ロードバイク


「あ!信州小谷ヒルクライムで付けたゼッケンを付けたままだ」
ちょっと恥ずかしいな~。
そして自分の背丈以上の防波堤の上まで階段が伸びていたので登ってみる。

するとビックリ! なんて素晴らしい景色なんだ!
      幕張の海


しかも人も余りいない。
これは、もしや今日開催の千葉ポートタワー花火大会の絶景ポイントかも・・・でも見る予定は特にないが。

そして、ここから一気に「ららぽーと」までカッ飛ばす。

途中のマリンスタジアムの景色も良かったので一応。
     マリンスタジアム


そして「ららポート」を折り返し無事ゴール!
時間は約1時間10分
距離は30キロと良い汗をかいた。

そして片付けをして子供の待つ自宅へ家族サービス第2ラウンド開始のゴングが鳴る。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。