プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2017 奥武蔵ウルトラマラソン

 
2017/06/04(Sun) Category : マラソン
本日は奥武蔵ウルトラにチャンレンジ。

この奥武は以前からコンプリートをしたいと思っていた本命の大会。
だから、今日は本当にワクワクドキドキします。

と同時に、前回の野辺山ウルトラを55キロ地点でリタイアしておりますので、その屈辱を晴らすためのレースでもある。

先週、山で痛めた右太腿の筋肉が心配なので、今日はタイムは狙わずに・・・。



会場は既に大盛り上がりです。

2017060401.jpg

因みにこの大会の特徴は、距離は78キロとウルトラにしては短めの距離ですが、高低差は恐らく国内のウルトラの中ではトップクラスで、とにかく急勾配なアップダウンをひたすら繰り返す、心臓破りなコースとなっている。

今日の僕の目標はタイムは狙わずのあくまで完走目的ではあるが
「上りでは最後まで一度も歩かない!」をメインの目標にしチャレンジすることとしました。

それでは、いざ

   スタート!


最初の20キロは麓の緩やかなアップダウン・コースを走ります。

そして、それを過ぎると本格的な峠走に入ります。

2017060402.jpg

急勾配が伝わりますかね~。
僕の表情が辛さを物語ってますね(笑)



この後、55キロ地点の折り返し地点からの復路に差し掛かると、往路とは打って変わっての下りっぱなしのコースに。

心配していた右足太腿の筋肉に違和感が・・・。

ここは大事に大事に労わりながら下る。

2017060405.jpg

何とか無事に麓に辿り着いた。

そして、無事にゴール。

タイムは8時間42分。

僕としては満足のゆく結果だ。


さ、次からはいよいよトレランのシーズン到来。

頑張るぞい!

それではまた。


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第23回 野辺山ウルトラマラソン

 
2017/05/21(Sun) Category : マラソン
今回は野辺山ウルトラに参加するため、ここ八ヶ岳に来ております。

この大会、知る人ぞ知る国内最高難度のウルトラ・マラソンで、僕はウルトラ・マラソン5度目の挑戦でこの野辺山に挑む。

時間は早朝5:00。

スタート会場は既に大盛り上がり!

2017052101.jpg

今日は気温の急上昇が予測されたため、急遽ですが暑さ対策のために給水所で水を含ませ易いキャップをチョイス。

何も考えずに選んだキャップには「DNF」のロゴが。

2017052102.jpg

考えてみれば、これは何だか縁起が悪いよね・・・(笑)


そして、漸くのスタート!

八ヶ岳の麓を駆け抜けます。

2017052103.jpg

雲一つない、見事なまでの八ヶ岳連峰を正面に眺めながら走ります。

空気も美味しい!

しかし、スタート場所の標高が既に1100mで、最低標高が880mの最高標高地点で1900m。

そう、空気が薄いのである(笑)



ここは25キロ地点だったかな。

2017052104.jpg

まだまだ余裕です。



要所要所で八ヶ岳が姿を現す前半のトレイル区間。

2017052105.jpg

この時は未だこの野辺山ウルトラの恐ろしさを微塵も感じることは出来なかった。



9時を過ぎた頃から急激に気温が上昇。

2017052106.jpg

暑い! 暑すぎる!

体感温度で35度はあったと思う。

50キロの関門を6時間で通過。
残りの50キロを8時間で走ればクリアだ。
しかし、この50キロ地点から55キロ地点までの、たった5キロを走るのに1時間も掛かった。
そう、余りの暑さに堪えられず、日陰のある自販機を見つけて長らく身体の火照りを覚ます。
休憩後も身体が思うように動かず。

55キロ地点まで7時間。
この後の後半には更に難所が待ち構えている。
ここへ来てペースもダウン。

どうやら、今の僕の実力はここまでのようです。

ここで、自らゼッケンを外しました。

2017052107.jpg

ロングのアスファルトに弱い、暑さに弱い。

この野辺山はしっかりと練習を重ねて出る大会でした。

また出直します。


そんなこんなの、苦~い野辺山ウルトラでした。

ではまた

SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

人生初の足柄峠

 
2017/04/30(Sun) Category : マラソン
週末は念願の足柄峠へ峠走の練習に。


天気は峠走を更に盛り上げる28度の暑さ(笑)



早速、見えて来ましたよ。
激坂が・・・。

2017043001.jpg


ここから延々と上り続けます。

約10キロかな・・・、最大傾斜は14%もあります。

これは流石に応えたよ。



そして、漸く足柄峠山頂へ到着。

すると金太郎の銅像が。

2017043002.jpg

なにやら、ここは金太郎伝説発祥の地らしい。


ここから見える富士山は最高のご褒美でしたよ。

2017043003.jpg


さて、それでは下山開始。

下山は上りのロードとは打って変わり、足柄古道を利用することに。

2017043004.jpg

古道なので山道です。

山道ですのでトレイルです。

トレイルですのでトレランです。

クククッ(笑)

2017043005.jpg

これのコース・パターンは中々面白い!


麓に下りたら北本駅までの緩やかな下りのロードはカッ飛ばします。


そして、昼の内に電車に乗り千葉に帰省。


今日はそんな最高な昼練でした。

2017043007.jpg


それでは また。

SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

日韓合同プロジェクト当日!

 
2017/03/11(Sat) Category : マラソン
さて、今日はいよいよ日韓両国ブラインド・ランナーによる合同プロジェクトの当日。

マラソン中は何とNHKと韓国KBSの取材クルーも同行する。


-----因みに今回のプロジェクトの内容を簡単にご説明しよう-----
〈意味〉
①只でさえ過酷な100キロウルトラマラソン。
それを目の見えない視覚障害者が乗り越えることによって、障害を負ったとしても、本人がその気になれば、どんな障壁も乗り越えられる。そんな姿を見せることにより、障害を負ったことによって気力を失ってしまった人達に、もう一度自信と勇気を取り戻して欲しい。

②日本と韓国はどういう訳だか以前から仲が良くないです。
でもね、これは日韓の政府間でのことなんですよ。
しかしながら、過剰なマスコミ報道やら嫌韓本等により日韓の一般の人々も影響を受けてしまっている傾向にある。
本来我々民間レベルでは昔から日本人も韓国人も仲良くなれるのです。
プロジェクトでは日本の盲人ランナーを韓国人がサポートし、韓国の盲人ランナーを日本人がサポートすることによって我が身を持って絆を深めらることを証明する。

このような理由でプロジェクトを進めております。
--------------------------------------------------------

日本の盲人ランナーのヨッコさんと、韓国の盲人ランナーのヨムさんとのツーショット。

2017031101.jpg

現在、朝の6時前だというのにヨッコさん、テンション高すぎ(笑)


そして、今回のブロジェクトでブラインド・ランナーをサポートする伴走者との集合写真。

2017031102.jpg
(左から僕、キムさん、ヨムさん、ヨッコさん、イーさん、マコちゃん)



スタート会場ではプロジェクトとは関係はないが共にチャレンジする韓国の盲人ランナーとパチリ!

2017031103.jpg



スタート1分前。

会場はスタートは未だかまだかと大盛り上がり!

僕達ももうハイ・テンション!

2017031104.jpg



そして、100キロの長い旅のスタートが切って落とされた!



先ずはヨムさんにキムさんが伴走をします。

2017031105.jpg

カメラクルーも撮影をしながら一緒に走ります。



辺りも明るくなるころ、左側に延々と続く綺麗な海。

2017031106.jpg

済州島は本当に綺麗な島です。



前半のエイドでヨッコさん達と合流。

2017031107.jpg

ヨッコさん調子は良さそうです。




途中、チーム一緒に暫しの合同ラン。

2017031108.jpg

ヨッコさんを伴走するイーさんですが、実はウルトラ以上の距離(100キロ以上)を180回以上も完走しているという猛者。

しかもお年が60代と聞いてビックリ!



現在位置は済州島の西側ですかね。

見て下さい、海がエメラルド・グリーンです。

余りに綺麗なので、途中コースを外れて自撮り。

2017031109.jpg

一応トライアスリートの僕としては、今直ぐにでも飛び込んでって泳ぎたい気持ちです。

あ、決してサボっているわけでは御座いませんよ(笑)





そして、ヨッコさんはコンディションが物凄く良いせいか、ハイペースで先に進んでしまいました。


またまた、ヨムさんに戻します。

伴走は先程のキムさんに代わってマコちゃん。

2017031110.jpg

風力発電でしょうか、2人の姿が何だか画になります。




現在位置は65キロ地点でしょうか、ここら辺からヨムさんのペースが落ち始める。

2017031112.jpg

少々心配です。




70キロ地点で初めて腰を下ろすヨムさん。

2017031113.jpg

実はこの後、体調が悪くなる

それでも約3キロ進んで73キロ地点でゼッケンを外した。

ここは急遽ですが、僕がヨムさんのサポートにまわり、キムさんとヨッコさんには最後までゴールする作戦にした。



さーて、後はヨッコさんのゴールを願うだけだ。

僕とヨムさんは収容バスに乗り誰よりも先にゴール地点に到着。

ゴールの制限時間まで残り30分、残り20分、残り10分と制限時間が刻一刻と近づく。

すると残り5分でヨッコさんが帰って来た!

そして、制限時間内での

ゴール!

2017031114.jpg



ゴール後、そのまま崩れ落ちるように倒れる!

2017031115.jpg

大丈夫か!? ヨッコさん!



そして、数分後には先程別れたキムさんとマコちゃんも無事にゴール!

2017031116.jpg

ゴールでは先程無念のリタイアをしたヨムさんが二人の完走メダルを持ってゴールを歓迎する。



ヨッコさんはというと・・・。

担架で運ばれ、休んでいた。

2017031117.jpg

しかし、その横でサポートに着いた韓国人のイーさんが、ヨッコさんの側を片時も離れずにズーと声を掛ける。

この光景には僕は何だか涙が出そうになったよ。



結果、ヨッコさんは無事、時間内にゴールし、他のメンバーも無事にゴール。

韓国盲人ランナーのヨムさんは残念な結果となってしまいましたが、本プロジェクトの大きな意味としてはゴールすることが目的でない。
日韓が両国の盲人ランナー達が一つになって過酷なチャレンジに挑む。
これが目的。
なので、今回のプロジェクトは大いに大成功と言えよう!



レース後、ヨッコさんの体調はすっかり良くなり、最初に発した第一声が「サムギョプサル食べた~い」と。

よって、皆で打ち上げも兼ねて繁華街へと繰り出す。

2017031118.jpg

メンバー皆、100キロを走った後なので食うは飲むは。

因みに僕は1人で焼酎を〇〇本飲んでたそうです・・・。


こうして、今回の本プロジェクトの幕は無事閉じることとなりました。



ふ~、僕も慣れない通訳を終日担当しておりましたのでチョット疲れました。

ま、でも大成功したら疲れも吹っ切れた!


そんなこんなの日韓合同プロジェクトでした。

それじゃまた次のプロジェクトまで。


SEE YOU!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

日韓合同プロジェクトのため、いざ済州島へ!

 
2017/03/10(Fri) Category : マラソン
さーて、明日はいよいよ待ちに待った日韓両国のブラインドランナーによる100キロマラソンのチャレンジの日です。


それでは、メンバーで韓国は済州島へ行って参りま~す。

2017031001.jpg

約2時間ちょい飛行機に乗って無事に韓国へ到着。


空港へ降りると、早速報道陣が待ち構える。

2017031002.jpg

ヨッコさん(ブラインド・ランナー)、格好いいですよ!



大会の受付会場に着くと、ヨッコさんの伴走を努める韓国人ウルトラランナーのイさんが待っていてくれた。

2017031003.jpg

この方、ウルトラ以上(100キロ以上)の大会を180回以上も完走している超の付くウルトラランナーです。



受付も無事に済まし、荷物整理も終えると、もうそれだけでクタクタ。

夕飯はヨッコさんのリクエストで“サムギョプサル”を食べに外へと繰り出す。

2017031004.jpg

今回、韓国人の盲人の伴走を努めるキムさんが早速ビールで乾杯。

そして見て下さい、このサムギョプサルの量を。

2017031005.jpg

明日は100キロも走るんだぞ!

大丈夫かよ、このユルい感じ・・・(笑)




それでは後は明日のために寝るだけ。

準備は整った。

2017031006.jpg

明日が楽しみだ!

それじゃ

おやすみなさい!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード