プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

チェサ(法事)

 
2013/02/10(Sun) Category : アイデンティティー
今日は旧正月なので「チェサ」の儀です。

日本で言う「法事」で、最近は西暦のお正月で進行するのが増えていますが、僕達はこれからも旧暦です。

何故なら、正直西暦の方が効率が良く楽ですが、何かを一つ崩すと次の何かがまた崩れる。

そして終いにはオリジナリティーから遠ざかって行き最終的には偽物になるか、チェサ自体をやらなくなってしまうからだ。

そんな中、韓国から年配の客人が特別に参加された。

皆、何故か緊張気味。

それもそう、相手が実は心の中で(何だこれ、デタラメじゃないか)と思われるのではいかとハラハラだ。

チェサ


そんな心配もよそに難なく儀式は終了した。

だが、僕は韓国で旧正月期間も含め暮らした経験から、「屏風」と「パヂチョゴリ」は必要だと常々思っているのだが、今日はそれを強く思った。

何故なら、今日参加されている本場の韓国の客人から「屏風」と「民族衣装」を突っ込まれのではないかと、個人的にはハラハラしていたからだ。

よし、落ち着いたら韓国へ行って買い出しだ。








 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

母校(民族学校)の創立65周年行事

 
2011/10/30(Sun) Category : アイデンティティー
さて今日は久しぶりの我が母校にやって来ました。

今日は母校である千葉朝鮮初中級学校の創立65周年行事なのだ。

父兄達はバザーを開き、来賓達は七輪で焼肉を突っつき、ステージではありとあらゆるショーが行われている。

在日朝鮮人には本当に協力をしてくれる“アントキの猪木”や“ぺヨン・ジュン”率いる芸人達も会場を盛り上げ
場の雰囲気は最高潮に。






僕のいる七輪場にもアントキの猪木さんがいらっしゃる光景などは我々との親しさを感じさせる一幕だ。

全く嬉しい限りだ。






現役教職員達による手作りのヒストリー写真集を見ると悪環境、悪条件だらけだった昔の在日と比べたら今の在日は本当に暮らしが良くなったと痛感させられる。




しかし、僕がいた学生時代は400人いた生徒数も今では80名ほど。

まだまだ解決しない無償化問題等が存在するが、これも50年前に手腕を振っていただろう1世のお爺ちゃん達から言わせれば“へのツッパリ”にもならない問題だろう。

えてして「伝統を守る」の意味は昔ながらの手法や作法を守ることではなく絶やすことなく繁栄し続けることを意味する。

だから、昔のように300人超の学校にするためには手法、コンセプト等をガラリと変える必要があるだろう。

ビジョナリー(100年続く)・スクールにするための理屈はビジョナリー・カンパニーと一緒だと思う。

先ずは皆が願い望むビジョンを描くこと。

そして理念どおりに行動をし学生達を育成、教育するにつきる。


もっと分り易く言うならば先生達、父兄達、OB達は今がどうのこうのと言うよりも、より厳しい世の中であろう30年後に「自分の子供が孫を進んで送りたくなるような民族学校とは一体どのような学校なのか?」と何度も自分に問いかければ、少しずつ答えが見えてくるのではなかろうか。

そして、それが明確にイメージできたなら、それがビジョンになる。




そんなこんなの母校の行事でした。

先生達や父兄のみなさん、お疲れ様でした!








 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

尊敬する僕の名付け親、逝く。

 
2011/02/19(Sat) Category : アイデンティティー
実は数日前、親戚の叔父が大往生の末、この世を去った。

なので今日は告別式に参列しております。


叔父は今ではもう数少ない在日一世の一人だ。

70年代には当時盛んであった帰国事業で一人息子(従兄)を北朝鮮に帰国させたほどに半島の統一を信じていた方でもある。

実の父の葬儀に行けない北にいる従兄の心中を察する。

実は叔父は僕自身が一番気に入ってる自分の名前の名付け親でもある。

名前の意味は

「道を成せ!」

と言う意味で付けられた。

この名に恥じぬ生き方をすると改めて気を引き締める切っ掛けとなる一日でした。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今日は旧正月

 
2011/02/03(Thu) Category : アイデンティティー
今日は旧正月。

ちまたじゃ節分だが、我が一族は大事な正月の行事「チェサ」の日。

例のごとく長男である兄が準備に取りかかる。



こんな時、弟は楽だ。


そして長老達(アボジ達)が集まり女性たちはその場から下がり儀式が始まる。


      (茶色が我が息子)

クンヂョル(お祈り)を捧げながら昨日知った「アラウンド・富士100マイル」の事がどうも気になってしょうがない。

和製ツール・ド・モンブランが日本で開催されるのだ。

おっと、ご先祖様に集中しなくては!



あっ、そうそう今日から4歳の息子がとうとうチェサ・デビュー!

親戚のお兄ちゃんの見本を真剣に見ていた?

一応・・・。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

娘のバースデー

 
2010/10/24(Sun) Category : アイデンティティー
今日は娘のバースデー。
とは言っても当日は本人が風邪でそれどころではなかったので数日遅れのお祝いだ。



まだ病み上がりで鼻が詰まってのバースデー。

て言うか僕も息子も家内も風邪なのか花粉症なのか分からない一家鼻詰まり状態での決行!

今日はもう一人ゲストとして娘の大好きな韓国語の家庭教師、K・J先生を招いてのお祝い。


(中央が先生)

さぞかし楽しい一時だったに違いない。

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード