FC2ブログ
 
プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

ハセツネ前半コース試走

 
2018/09/23(Sun) Category : トレイルラン
今週末はハセツネを2週間後に控えての、最後の山練。

今現在、飛ぶ鳥を落とす勢いのリーヌと連れ練です。

2018092301.jpg

スタート場所である五日市中学でパチリ。

2018092302.jpg

それでは、いざ!


先ず、スローな出だしでのスタートです。

今日の練習はタイムトライアルではなくペース走的な感じですかね。


しかし、中盤からペースが少しずつ上がってくるリーヌ。

2018092303.jpg

おじさん、もう追い付けません(笑)


やっとこさで第一関門の浅間へ到着。

2018092306.jpg

今日は試走のピークでしょうか、沢山のトレイルランナー達でいっぱいでした。



実は今日、トレランをはじめて初となるポールを使ってみることに。

実はポールの演習も兼ねていたのだが・・・。

2018092307.jpeg

ポールに馴れない僕の姿を見てリーヌに鼻で笑われた。



もう、夏の季節ではないものの、少々ムシムシする感じだ。

水もピンチに陥り、第2関門過ぎの水場へ。

2018092308.jpg

ここもランナーで一杯でした(笑)


途中、何度も途中エスケープも考えましたが、頑張っているリーヌの背中を見ていると不思議と元気が出た。


既にリーヌと千切れてボッチ走も漸く三頭山へ到着。

2018092309.jpg

一年ぶりに試走でここまで来れた。

何時もは一人で試走に来るも、大体浅間でアウトしていたからね。




試走ゴールの都民の森でお疲れのアイス。

2018092310.jpg

皆さん、お疲れ様でした。

そして、お陰様で都民の森まで頑張るキッカケをくれたリーヌ、ありがとう。

これでハセツネ本番は頑張れそうだ!



そんなこんなの

ハセツネ試走でした。

それではまた

SEE YOU!

2018092311.jpg




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

富士山練

 
2018/09/09(Sun) Category : トレイルラン
週末は富士山でボッチ練。

実は今日、グループで富士登山の予定でしたが、色々と僕が原因のトラブルが発生し急遽中止に。
そういう訳のボッチ練となりました。

トレーニングと言えばここ御殿場口。
5合目から見るかぎり良い登山日和ではなさそうだ。

2018090901.jpg

ま、天気予報どおりなんだけどね。


風は可なりの強風で、5合目から既に吹いていた。

上りながら頂上を見るに、雲が掛かったり、また抜けたりと曇りと晴れが5分おきに入れ替わる。

2018090902.jpg

「お、今は雲が掛かっていないが、このままならば風は強いが行ける!」
と、ペースを落とさず先を急ぐ。


2000m地点、息はまだ上がってません。

2018090903.jpg

SOTA練のお陰かな?



6合目を過ぎたぐらいから雲の中へ。

雲の中に入ると当然雨が降っていて、気温も一気に下がる。

2018090904.jpg

7合目に到着。

速く雲がぬけてくれないかと願ったが、逆に更に酷くなる一方。

寒さに堪えれず7合小屋に避難。

暖かいコーヒーを頂く。(お値段500円)

2018090905.jpg

参ったな~この天候、一向に良くならんぞ・・・。



富士山には今年に入って何度も来ているが、実は今年は頂上には一度も登頂していない。
なので今日は登頂したいのだが・・・。

しかし「山とビジネスでは丁半博打は禁物」がセオリー。
ここは冷静に下山を決断しました。

2018090906.jpg

しかし寒い。
今からの下山も想像したら少々怖くなる。

怪我の無いよう、スピーディーに下りよう。

しかし、下山中はこんな感じのホワイトアウト。

2018090907.jpg

一応、軽量だがレインウェアを持参していて良かった。(基本ですが)



面白い、6合目を過ぎると綺麗に雲から抜けた。

時間も脚力も余っているので、幕岩まで足を延ばすことに。

双子山です。
坂上り、1セットぐらいはやって行こう登ってみましたが、双子山の頂上に近付けば近づくほど風が強くなる。

2018090908.jpg

危険を感じる程でしたので、ちょうど半分の所で引き返しました。



森林の中は無風で静かで先程の富士の顔が嘘のように気持ちが良いです。

2018090909.jpg

日も出てきました。


暑くて完全防備のウェア類を脱いで短パンに。

2018090910.jpg

やっぱり、天気は大事だね。



そして、御殿場口5合目に到着。

すると富士山が見事なまでに綺麗に晴れてました。

2018090911.jpg

ははは。

ま、これが富士山だ。


そんなこんなの富士山練でした。

それではまた


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第5回 筑波連山

 
2018/08/26(Sun) Category : トレイルラン
今日は毎年恒例参加の筑波連山に参戦しに来ました。

まだ残暑の残る早朝に、屈強なオッサン達がスタートゲートに並ぶ姿はもう見慣れた光景です。

2018082601.jpg

まだ早朝ゆえに、今日の気温がどの程度まで上がるのかはハッキリとは感じれない。


さて、僕は去年のタイムである9時間47分を切る目標で行きますよ~。

2018082602.jpg

それは
行ってきまーす!


さて、このレースの特徴ですが、前半はロードを35キロ走り、後半はトレイルを40キロ走るコース設定で、正にある意味ハーフ&ハーフとなっております。



まだ朝に近い時間帯だが、既に気温が急上昇。

2018082603.jpg

今日は厳しいレースになるかも・・・。



途中の峠を上り切った所にあるエイドでラン仲間の強者とバッタリ。

僕よりももっと前を走っているはずのラン友は余りの暑さにグロッキーの様子。

2018082604.jpg

折角なので天空のエイドで記念撮影!


この何とも言えない田舎道のアスファルトから発せられる熱が更に体温を上昇させる。

2018082605.jpg

こりゃ参ったな~。



堪らず歩く。

2018082606.jpg

途中撮った写真ですが、暑いのが伝わるかな~・・・。



漸く中間地点のエイド。

ここから山に入るのだが、ここまでのタイム、何と去年よりも30分以上も遅れるダメダメぶり。

2018082607.jpg

スタート前の作戦では、ここでは休まずすぐさま山に入る予定でしたが、堪らず椅子に腰を下ろす。


滝のように吹き出る汗。

2018082609.jpg

心拍も上がりぱなし。

2018082610.jpg


頭はズーとノボせている感じ。

ダメだこりゃ。

2018082608.jpg

ムリムリ、今日はこのまま続けてたら死んじゃうよ(笑)

今日はここでリタイアします。




ゴール会場へ戻ると、ミドルの部を終えてゴールしたラン仲間達。

2018082611.jpg

ミドルの部でも話を聞くと暑さで相当死んどかった様子。

皆さん、お疲れ様でした。

これに懲りずに来年も出ますよ。


そんなこんなの筑波連山でした。

それではまた


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

大人のガチンコ合宿

 
2018/08/19(Sun) Category : トレイルラン
週末は、現在お世話になっている某トレラン・チームの夏合宿。

この合宿、結構ガチンコの本気合宿です(笑)


場所は八ヶ岳の高地にあるトレーニング施設。

2018081801.jpg

着くや否や早速トラックにて走り込みです。



普段、山しか入らない者達からすると平地連はキツいしつまらない。

2018081802.jpg

トラックでは徹底的にインターバルやレぺ(全力走)をこれでもかとやらされる。


初日目の(1000m×3本)×3セットは僕はとてもこなせず2セットだけやって離脱。

201801803.jpg

3セット目に撮った写真です(笑)



つかの間の息抜き。

2018081804.jpg

この後、午後はクロスカントリーを90分のペース走でしたが、かなり疲れました。



こうして一日目の合宿を終え、夜は10時に消灯。

2018081805.jpg

消灯時間もキッチリ守ります。




二日目、5時に起床し6時からトレーニングスタート。

先ずは朝練でトレラン90分走。

2018081806.jpg

途中、水場があったので暫しの水補給。

決して、サボっている訳ではありません。



午前練はまたまたトラックで500m×10本をこなす。

2018081807.jpg

これはギリギリで何とか付いて行けました。(フ~)



午後もクロスカントリーを60分ペース走をし、仕上げは約200mのチームリレー。

こうして、大人のガチンコ合宿は可なりの疲労困憊常態で終了致しました。

2018081808.jpg

しかし、合宿なんて何十年ぶりだろう。

こんな経験、チームで企画されていなければ絶対にしてないよな~。

とにかくチーム皆でゼーゼーハーハー言いながら必至になって自身を追い込み追い込まれる。

終わってみれば、お陰様で、忘れかけてた何かを思い出させてくれたよ。


いや~、楽しかったけど、もう当分は嫌だな~(笑)


そんなこんなの大人の夏合宿でした。

それではまた


SEE YOU!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

UTMY (ウルトラ・トレイル・マウント・ヤンヤン)

 
2018/08/12(Sun) Category : トレイルラン
さー、やって参りました~! UTMY!※ウルトラ・トレイル・マウント・ヤンヤン

今回も、もう恒例とありました、KUMF主催の「韓日友好親善」の日本人招待枠での出場。

今大会は視覚障害者は参加せず、また韓日合同でもない、本気モードのガチ狙いで構成したチーム・JAPANで参戦。

2018081201.jpeg

受付時から我々チーム・JAPANはチョットした人気者で他のランナー達から注目の的です。



さて、スタート時間も近付き、選手達も慌ただしくなってきましたよ~。

2018081101.jpg


会場では最初にスタートをする100キロの部の選手達が集まり始める。

今大会はなんと、韓国の生けるレジェンド、あの沈選手が我々チーム・JAPANの参加を聞きつけ、出場予定ではなかったにも関わらず急遽ヤンヤンに駆け付け友情出場してくれたのだ。
 しかも100キロの部に。

さて、スタート前の記念撮影。

2018081102.jpeg
               ※(写真中央が沈選手)

今大会に出場するメンバーは男子が僕を含め2人、そして女子が7人の計9人の構成だ。
内、100キロの部が男子2人と女子4人が出場し、60キロの部に女子3人が出場する。

女子のそうそうたるメンバーでパチリ。

2018081103.jpeg

まだまだトレランの女子の参加率が低い韓国なので、男性ランナー達の目を引いてました(笑)


KUMFの金会長から開会式の挨拶と、我々チーム・JAPANの紹介がされた。

2018081105.jpeg

ありがとうございます。 会長!


あ、そうそう。

今大会のコースを簡単に説明しよう。

距離は正確には101キロ。
夕方の16時にスタートし、制限時間は20時間。
真夏の大会としては100キロは珍しいが、メインがナイトランとなる。

2018081215.jpeg

ロードが20%、林道が80%となり、トレイルは殆どない林道メインとなるコースで、何とITRAポイントが5Pも付くのだ!

おっと、スタート時間が近づいて来たので、コース説明はこれぐらいにしておこう。



さー、僕もホッペに日本旗のシールを貼り、沈兄さんと一緒にスタート待ちます。

2018081106.jpg

もう、ドキドキだ。



時刻は夕方の4時。

そして、いよいよ

   スタート!

それじゃ、行ってきま~す!

2018081107.png

2018081108.png

頑張れー、日本チーム!



スタート時は雲が掛かり結構涼しかったのだか、スタート直後から突然晴れてカンカン照り。

2018081109.jpg

夕方の5時頃とはいっても8月は暑い!



7キロ走り林道へ。

2018081110.jpg

このヤンヤンの山は一つ一つが大きい訳ではないが、傾斜が緩やかなので、上りは延々と続き、下りも延々と続くズーと走れるダラダラコースとなっている。




因みに僕はズーと走れるコースは苦手。
しかも林道は堅いからこれもダメ(笑)

2018081111.jpg

30キロ地点かな~、けっこう山の奥までやって来ました。
そして丁度このころ、日も暮れ始める。


夜になっても暑さは続く。
前日まで強い雨だったらしく、そのせいもあり湿度も可なり高い。
汗が滝のように流れ続ける。


40キロ地点へ到着。

2018081112.jpg

ここまでで丁度5時間掛かった。

あまりの暑さにエイドえ水をガブ飲みし、ここで初めて腰を下ろした。


丁度この40キロ地点は60キロの部のスタート場所でもある。
よって、ここでこれかスタートする60キロの部のメンバーと暫しの団らん。

2018081205.png
      ※(ピンクゼッケンが100K、イエローゼッケンが60K)

皆さん、楽しそうです。



僕ともう一人の男性選手のSさんもまだまだ元気です。

2018081114.png

暑そうですが(笑)

ぞくぞくと100キロの部の選手達が40キロ地点を通過していきます。             

2018081203.jpeg

2018081202.jpeg

さ、それではスイッチを入れ直して皆さん出発しましょう!




さて、そろそろ僕も出発するか。
この40キロ地点までは順調に進んでいた僕。
正直「お!? 今日はもしかして上位狙えんじゃね?」と思ったほどだ。
だが、ここから突然身体に異変が。

先ずは足全体が痛い! 足の全ての筋肉が着地するたびに痛くてタマらないのだ。
そうこうしていると、チームメイトのキムに抜かれる。
※(彼女は後にこの大会で女子一位を獲る)

次に、後からスタートした60キロの部に出場のジャイ子も僕の横を旋風のように駆け抜けて行った。
※(彼女も後に60キロの部で女子1位を獲る)

「よーし、ならば俺も!」と意気込むものの、今度は睡魔に襲われ我慢できずに道脇で寝る。
するとその横を60キロの部出場のメンバーのチャーさんが駆け抜けて行く。

「こりゃ~いかん!」とまた頑張るも今度はゲロを吐く。
すると、またまたその横をメンバーのKさんが駆け抜けて行く。

「ダメだこりゃ」

そんな調子で55キロ先からは地獄のトレイルが始まるのであった。


ところ変わってこちらはメンバーのマコちゃん。

2018081204.jpeg

エイドで出されたキムチを見て感激の表情(笑)



ここは約80キロ地点。

ここで漸く日が出てきた。

2018081115.jpg

いや、日が出てきては困るのだ。

タダでさえ暑いのに、参ったな~・・・。



只今の時刻は8時30分頃。

やはり、予想どうり暑い!

2018081116.jpg

写真じゃ伝わらないだろうけど、本当に暑くて90キロ地点まで来たのに少しリタイアを考えたよ。



先程、エイドのキムチに感激していた60キロの部に出場のマコちゃんは既に95キロ地点に到着。

2018081206.jpeg

隣は韓国人ランナーでマコちゃんとの写真に嬉しそう(笑)



その数時間後に僕も漸く95キロ地点に到着。

2018081117.jpg

俺はさっきのマコちゃんのような素敵な笑顔は出せません・・・。



ここからの残り5キロが本当に長くて暑かった~。

2018081118.jpg


漸くゴールが見えて、持っていた残りのペットボトルの水を頭からかぶり。

      ゴール!

出迎えてくれた金会長とパチリ!

僕がおもわず会長へ
「会長! このコース厳し過ぎるよ!」

2018081119.jpg

すると会長から
「写真を撮る時ぐらいは笑え!」と(笑)



今大会では100キロの部でメンバーのキムが女子1位。

2018081603.png


そして、60キロの部でもメンバーのジャイ子が女子1位。

2018081602 (2)


何と両部門で女子1位を獲る快挙。

残念ながら入賞は男女総合でしかないので表彰はされなかったが、それでも会場の韓国ランナー達の度肝を抜いてたよ。


そして、他のメンバーも素敵にゴール。

マコちゃん。

2018081207.jpeg


Kさん。

2018081209.jpeg


チャーさん。

2018081208.jpeg

Fさん。

2018081210.png

その他、メンバーの皆さん、一人残らず制限時間内に完走を果たしました。

本当にお疲れ様でした。


レース後のメンバーの総括ですが、殆どのメンバー達が共に走る韓国人ランナー達から声を掛けられたり、エールを送られたり、また伴走をして下さりと、本当にやさしくして頂いたようです。
なので、メンバーの皆さん全員が韓国の方達に対し、本当に良いイメージを持ってくれたようだ。

こんなふうにドンドン日韓で友達の輪を広めて行きましょう!


それでは最後に、ヤンヤンの大会関係者、そして僕達にやさしく接して頂いた韓国ランナーの皆さん

本当にありがとうございました。

2018081213.jpeg

お陰様で韓国ヤンヤンツアーは大成功で終えることが出来ました。

また、何処かの大会でお会いしましょう!

2018081602 (1)



----------------------------------

【番外編】

皆さん、韓国と言えば

勿論、グルメですよね~。

今回のツアーの目的は
第一に日韓の交流。
第二にITRAのポイントゲット。
第三にグルメツアーです。
※噂ではグルメが第一というメンバーがいたらしいが、あくまで噂です。


先ずはヤンヤンに前日入りしたその日の昼飯。

いつもお世話になっている大会関係者のヨムさんの計らいで地元の繁盛焼肉店へ。


見て下さい。

この分厚い肉を!

2018081302.jpg

明日には100キロを走るというのに、みんな我慢できずに迷わずルービー!

2018081301.jpg

いやー、しかし、ここ本当に美味かった。


お次は次の日の昼ごはん。

大会側が提携を結んでいるスントゥブのお店へ。

数時間後に皆さん走らなければならないので、ここは辛くない素のスントゥブを。

2018081303.jpg

2018081304.jpg

2018081305.jpg

これはヘルシー好きにはタマらない代物だ。



食後のデザートで地元のお洒落なカフェで韓国お馴染みのパッピンス。

2018081306.jpg

甘くて、キンキンに冷えてて、おまけにボリュームも満点ときてる。



大会後はソウルに移動しサムジョプサルのお店で打ち上げ。

2018081307.jpg

皆さん、沢山食べて沢山飲んでます。

2018081308.png

皆、上機嫌(笑)


特大唐辛子。

2018081309.jpeg

特大ですが、これは辛くない唐辛子で肉と焼酎と一緒に食べると最高なのです。



唐辛子3姉妹。

2018081310.jpeg



この日は僕の韓国の兄弟達も駆けつけ共に祝い酒。

2018081312.png



最終日の昼ご飯は。

明洞にあるタッカンマリのお店へ。

ここは僕が大好きなお店。

2018081311.jpg

2018081604.jpeg

ここでも皆さん、上機嫌。(僕はまだヤツれているが…)


最後は珍しいノースフェイス・カフェでコーヒーブレイク。

2018081605.jpeg

2018081606.jpeg


いやーしかい、みんな本当に良く食べました!

そして、よく笑った。

皆さん、韓国を可なり気に入ってくれたようですね~。

韓国って最高でしょう!


そんなこんなの韓国ヤンヤン・ツアーでした。

それではまた。

2018081607.jpeg


SEE YOU!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
 
 
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード