プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

ハセツネCUP 2017

 
2017/10/09(Mon) Category : トレイルラン
とうとうこの日がやって参りました~。

そう、この日は待ちに待ったハセツネCUP当日。

2017100802.jpg

今年の僕は気合が入れております。

その理由はと言うと
今から6年前の2011年に15時間23分23秒の自己記録を出した以降

2012年:タイムを狙いに行くも低体温症により「大ダワ」でリタイア

2013年:嫁の伴走

2014年:クリック合戦に敗北

2015年:強制的な2度目となる嫁の伴走

2016年:4年ぶりにタイムを狙いに行くも、左腿の筋肉損傷により浅間峠でリタイア

とまあ、実に6年ぶりのとなる記録の狙いの大会だから気合が入っているのです。



てな訳で早速、各有力選手からパワーを頂く作業に。

先ずは日本では向かうところ敵無しのルイ君に近付きチョコっとパワーを貰いました(笑)

2017100803.jpg


今大会の注目招待選手である“走る民族”タラウラマ族の一家にも近づき、ここでもパワーを貰いました(笑)

2017100804.jpg


お馴染み“韓国のレジェンド”沈在徳兄さんとは半島代表としての戦略ミーティングを済まし。

2017100805.jpg


今現在、僕がお世話になっている“SOTA練”のエース、Nさんと健闘を称え合え。

2017100806.jpg


同じくお世話になっているチーム“ウルプロ”のメンバー達とも健闘を称え。

2017100807.jpg


後はSOTA練メンバーとスタートの合図を今か今かと待ち構える。

2017100808.jpg

2017100809.jpg



そして、待ちに待った合図と共に一斉に

          スタート!

2017100810.jpg


今日の僕の作戦を要約するならばこうだ。
ハセツネコースは全長71キロからなる。
中間地点である35キロ地点からゴールまでを力強くシッカリと走れるため、前半の35キロは頑張らない・・・だ。

僕は性格上、どうしても出だしから前半を飛ばしてしまう癖がある。
そのせいで、いつも後半にガス欠を起こし順位、タイムを大きく落としてしまうのだ。

なので、今回はその悪い癖と向き合い冷静に管理をし序盤は楽しいジョグ感覚でレースを運ぶ。

2017100811.jpg

予定通りのレース運びで前半戦を終える。
そのお陰か、中盤もそのままのイーブン・ペースで走れた。

最後の金毘羅尾根の下りでは不思議と残っている力を全部出し切って麓まで走れた。

そして


      ゴール!

2017100812.jpg


ゴール後は暫くは動けなかったよ。

2017100813.jpg

久しぶりに完全燃焼したようだ。

この時、恐らく記録更新をしたであろうことよりも、こんなオヤジが30代の頃のように、完全燃焼するほど力を出し切れたことが嬉しかった。



漸く落ち着き記録証に目をやる。

2017100816.jpg

タイムはなんと、5年前のタイムを2時間36分縮める

12時間47分52秒


本当はサブ12を狙っていたのだが、これはこれで素直に嬉しい!

-----------------------
【ハセツネ番外編】

ひょんな形でハセツネCUP表彰式にデビュー。

今大会総合8位、年代別で1位の韓国の沈在徳兄さんの通訳でだ(笑)

2017100814.jpg



全ての作業を終え帰宅。

今年のフィニッシャーに贈られるFINキャップと、去年のリタイア者に贈られたDNFキャップを並べて眺める。

2017100815.jpg

去年は屈辱を忘れない意味で、ちょくちょく被っていたDNFキャップだが

何だろう・・・。

何故かDNFキャップの方が愛着が湧くんだよな~。


ヨシ! それでは次はサブ12だ!

そんなこんなのハセツネCUPでした。

それじゃまた


SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ハセツネ試走 浅間までサブ12編

 
2017/09/24(Sun) Category : トレイルラン
ハセツネ本戦まで残り2週間。

今日は最後のハセツネ試走にやって来ました。

練習内容は武蔵五日市から浅間峠までをサブ12のペースで走ります。


練習メニューが上級だけあって、今日の参加者は皆さんゴリゴリのマッチョです(汗)

2017092401.jpg



醍醐丸で暫しの休憩。

2017092402.jpg

今日はトレラン方達が沢山試走に訪れていた。

皆、同じ考えしてるんですね(笑)




この後、下りのぬかるみに足を取られ、尻もちをついてそのままスルスルと滑る。

滑った先が丸太階段の丸太へ。

そのまま激突。

咄嗟に腕でガード。

結果、筋肉損傷をしてしまった。

「この時期に何をやってるんだ俺は!」


結局、上がらない腕をブラブラさせながら浅間へ時間通りに到着。

サブ12のペースは掴んだ。


家に着くと同時に直ぐにアイシング。

2017092403.jpg

ま、でも脚じゃなくて良かったよ。


さて、後は時を待つだけだ。


そんなこんなの最後のハセツネ練でした。

それではまた



SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

信越五岳100マイル 沈選手のサポート

 
2017/09/16(Sat) Category : トレイルラン
今日は信越五岳100マイルレースに来ております。

と言っても、僕がレースに出るのではなく、韓国の沈選手のサポートです。


日本トレラン界のパイオニア石川弘樹さんと、韓国のレジェンド沈兄さんとの豪華なワンショット。

2017091601.jpg

石川さんは今日も格好良かったです(笑)



今年からコロンビア・モントレーの新たなスポンサーを付け、気合十分の沈兄さん。

準備完了です。

2017091602.jpg

それではスタート・ゲートへ。

2017091603.jpg

会場は大盛り上がりです。

「ふ~、何だか俺も走りたくなって来ちまったな~!」



そんな中、いよいよスタート!

2017091604.jpg

雨のために予定されていた160キロのレースだったが、102キロに短縮。

されど102キロのロング・レース。

2017091605.jpg

走られる全てのランナーさん達、頑張って行って来て下さいね~。



レースは序盤から外国のシェルパ選手がトップをキープ。

2017091606.jpg

このままトップを独走するのか?



沈兄さんはというと、出だしは10位に付けていたが、中盤に8位、そして終盤に6位と徐々に順位を上げて行く。

2017091607.jpg

これはトップ3に入れるかも??


しかし、結局順位を一つ落とし7位でゴール!

2017091608.jpg

とは言っても完全アウェーの上、御年なんと49才でこの順位はやはり沈兄さんは凄い!



戦友の石川弘樹さんとゴール後の熱い握手を交わす。

2017091609.jpg

何だか、同じ年の石川弘樹さんも特別な思いがあるように僕には見えて。


トップはやはりシェルパ選手だった。

沈兄さんとの時間差は約50分。



今回、サポートをしての感想だが、やっぱりトップ集団の争いはドラマチックで格好良い!

何をするにも凄い結果を出せる人は人々に感動を与える。

俺も早くにそんな人間にならなければ・・・。



そんなこんなの信越五岳 レース・サポート日記でした。

それではまた


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ハセツネ試走 前半編

 
2017/09/10(Sun) Category : トレイルラン
今日はSOTA練上級メンバーでハセツネ前半(武蔵五日市~鞘口峠)の約37キロの試走です。


早速、スタートします。

出だしからアゲアゲです(笑)

2017091001.jpg

サブ10のペースですかね??

直ぐに僕は息が上がる。

今熊山の石段で既に意識はモウロウ・・・。

2017091002.jpg

石段を上り終えた頃には汗が滝のように流れおち。

堪らず早々にトップレスに(笑)

2017091003.jpg

バックパックが密着している背中も暑くて、それも外してしまった。


実は僕は今日、二日連続のハセツネ前半練により、脚が重くてどうにも皆さんには付いて行けずに浅間手前で離脱する。


1人で漸く浅間に着くと、なんと知り合いのHさんとバッタリ。

2017091004.jpg

ここから二人で仲良く数馬峠まで走る

やっぱり一人より、誰かと走った方が楽しい。

2017091005.jpg

2時間程して数馬に到着。

予定していた三頭山には上らずに、そのままエスケープルートで下山。

下山後にHさんとは別れて、元々のSOTAメンバーと数馬の湯で合流。

2017091006.jpg

後で話を聞くと、結局皆さん暑さに負けて三頭山には行かず西原で下山したとさ(笑)



そんなこんなの

楽し苦しいハセツネ練でした。

それではまた

SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

家族旅行 in千葉県最南端&ターザニア

 
2017/09/03(Sun) Category : 日記
子供達も夏休み最後の週末は家族で千葉県最南端の野島崎へ。

2017090201.jpg

ここはロードバイクではよく通るルートだが、落ち着いて地に足を着けたことは今まで一度もなかったな~。


お世話になる宿は、その最南端に位置する老舗旅館。

2017090202.jpg

旅館に着くや否や、僕は家内に時間を貰い早速ジョギングに。

流石房総、磯を挟んでの太平洋の景色が最高です。

2017090203.jpg

当然、房総なので海沿いを走ろうかと走りだしたももの、やっぱり目に飛び込んで来た地元の里山につい向かってしまった(笑)

ほうほう、この山は城山というんだね。

と、早速登山開始。

2017090204.jpg

マムシの看板にも少しビビったが、なにやら鹿を捕まえる縄罠が沢山あるらしく、それの方が怖かった。


約500mほど登って展望台へ到着。

2017090306.jpg

標高は80m?90m?

景色が最高です。

お次は、あの景色の先に見える最南端へ向かいます。


小さな道をグルグル旋回しながらユッタリとお次の目的地へ到着。

2017090207.jpg

のどかで静かな場所です。

千葉の田舎ならでわですね。



千葉県最南端の神社を散策。

2017090208.jpg

意外とお参りに訪れている参拝客が結構いましたよ。


お!? 七福神様を発見。

2017090209.jpg

僕の守護神である多聞天(毘沙門天)様に御願い事を・・・。



更に最南端へと進みます。

2017090210.jpg

本当に最高な景色です。


すると、何やら人だかりが・・・。

2017090211.jpg

千葉県最南端に設置されているベンチ。

恋人たちには人気のスポットなのでしょう、カップル達が写真を撮るために並んでいました。

2017090212.jpg

この後、僕は恥を忍んで自撮りをしましたよ(笑)



そして、今日は家族水入らずで楽しい初日目を終えました。

---------------------
〈二日目〉

次の日は子供達の念願であった茂原にある「ターザニア」にやって来ました。

子供らは大興奮!

本格的な機材を着けて20mはあろうかという高さで、ロープを伝って木から木へと渡ります。

2017090213.jpg

表情は真剣です。


慣れてくると子供らは楽しくてたまらないのでしょう。

物凄く楽しそうです。

2017090214.jpg

でも、僕ら大人たちからしてみれば高所は怖いし蚊には刺されまくるはで、もう散々です。

この後も、計6つの難所を乗り越えます。

2017090215.jpg

2017090216.jpg

時間にして約3時間も掛かりました。

僕は漸く終わったっと思っていたら、案の定子供達から「また来たい!」だって。

もう来ないよ!(笑)


この後、同じ施設内のお風呂で汗を流した後は、今回の旅の締め。

サムギョプサルを皆でガブリつく。

2017090218.jpg

この瞬間のビールが最高でした。



そんなこんなの

2017090219.jpg

千葉県最南端、家族旅行でした。

それではまた



SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード